松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

天然ゴム市場パート3

5月23日

天然ゴム市場パート3

 本日の上海ゴムは3.1%安で取引を終え、2日間で計5.7%安となりました。「中国最大の天然ゴムプランテーションがタッピング停止」というニュースを受けて16日の上海ゴムが5.2%高となり、その翌日も上昇しました。しかし、この2日間で5.7%も下落し、15日時点の水準まで下落しました。それでも本日の東京ゴムRSS3の日中取引では、先限(10月限)が0.7円安に留まり、6月限や8月限、9月限などは上昇に転じました。ここまで両市場の温度差が大きくなっていることは注目でしょう。

 タイのRSS3の天然ゴムオフィシャル価格は、昨日時点で年初来高値を更新し、本日は前日比変わらずでした。この2日間で上海ゴムが5.7%も下落しましたが、それでも産地現物価格が堅調地合いを続けております。タイ・バンコクのRSS3現物価格は、本日価格はまだ入電されておりませんが、昨日価格は年初来高値を更新しました。

 ムニューシン米財務長官は昨夜、3000億ドル相当の中国製品に対する追加関税措置について、「いかなる決定も30~45日先になる」と述べております。6月28~29日に開催されるG20開催中にトランプ大統領と習近平国家主席との米中通商交渉に関するトップ会談が行われます。それに向けて米国が追加関税などの圧力をかけ続けることが予想され、米中貿易戦争の長期化懸念が上海ゴムを圧迫しております。その反面、生産地の天候悪化や主生産国による輸出削減策などを背景に産地現物価格が高値追いを強めております。それにより産地現物価格と上海ゴムの価格差の乖離が拡大を続けております。

 一方、東京ゴムRSS3は、5月限~8月限が輸入採算価格付近まで上昇しておりますが、9月限と10月限は輸入採算価格をかなり下回っております。それにより7月限と10月限との価格差が16時半時点で19円ほどにまで拡大しております。ここは、他限月や輸入採算価格に対して大幅割安となっている東京ゴムRSS3の先限への値ごろ買いも一考かもしれません。

天然ゴム市場

5月23日

天然ゴム市場

 上海ゴムは、一時3.7%安の1万1670元まで下落し、3.1%安の11720元で前場を終えました。東京ゴムRSS3も11時ごろに一時2円安の189.5円まで下落し、12時半時点で0.8円安の190.7円です。上海ゴムの3.1%安に対して東京ゴムが0.4%ほどしか下落しておらず、両市場の温度差も大きくなってきました。

 12時半時点で、東京ゴムの7月限が208.9円、10月限が190.7円となっており、7月限と10月限で18.2円もの価格差となっております。期近限月や期中限月が産地オ現物価格を意識した価格形成となっている反面、期先限月への投機的な売り人気が高まっているようです。

昨日のタイ・バンコクのRSS3現物価格が56.07バーツ(約193.7)となり、再び年初来高値を更新しました。輸入諸経費をキロ当たり8円で計算すると、輸入採算価格が約201.7円となります。また、昨日のタイ・バンコクのTSR20現物価格も再び年初来高値を更新しました。昨日の上海ゴムが大きく下落しても年初来高値を更新する産地現物価格の堅調地合いは注目でしょう。その反面、米中貿易戦争の長期化懸念を受けて上海ゴムが2日連続で大幅下落となりました。しかし、いくら米中貿易戦争の長期化懸念を受けて先物市場で売り人気が高まったとしても、国内のタイヤメーカーは、割高な産地で現物を買い付けなければなりません。しかも、1~3月期の世界の天然ゴム需給は、世界生産が前年比5.2%減の299万9000トン、世界需要が前年比0.4%減の338万トンとなり、38万1000トンの供給不足となりました。そして、4月頃から干ばつが複数地域で発生しております。これでは、産地現物価格もしばらく高値追いを続けることは仕方がないのかもしれません。

東京ゴムとタイ・バンコクのRSS3現物価格

天然ゴム市場パート6

5月22日

天然ゴム市場パート6

天然ゴムの主生産地である東南アジア周辺では、エルニーニョ現象が発生すれば、年間を通してホット&ドライが強まるとされております。過去にもエルニーニョ現象による干ばつで天然ゴムが急騰したことは多く、今回も干ばつに被害が複数の地域で確認されております。世界最大の天然ゴム生産地であるタイ南部では、4~5月が暑季となり、ホット&ドライが強まる時期です。そして、タイの天然ゴム生産は、4~6月が最も減少する時期です。このホット&ドライが強まる天然ゴムの減産期である4~6月に、「エルニーニョ現象によるホット&ドライ」が加われば、産地の天然ゴム生産が例年以上に減少することになります。

その反面、東南アジア周辺では、ラニーニャ現象が発生すれば、年間を通して低温になるとされております。更に、ラニーニャ現象が10~12月頃に発生すれば、洪水が多発するとされております。タイ南部では、雨季の中でも特に降水量が増加する多雨期が10~12月となります。その多雨期である10~12月に、「ラニーニャ現象による降水量増加」が加われば、大規模洪水が発生する可能性も高まります。最近では、2016年12月~2017年1月にタイで大洪水が発生したことは、記憶に新しいことかと思われます。

天然ゴム市場で天候悪化に注目するのであれば、「エルニーニョ現象発生中の4~6月頃」か、「ラニーニャ現象発生中の10~12月頃」が特に注目に値する時期といえそうです。
東京ゴムRSS3の月足

 

※チャートの情報提供元は(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドです。チャートの著作権は、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

 

 


原油市場パート2

5月22日

原油市場パート2

 サウジアラビアの内閣にあたる閣僚評議会は22日、「石油市場における均等を達成し、持続的な市場の安定に向けて取り組む。」と表明しました。また、サウジアラビアのハリファ・エネルギー相は20日、「我々が優先するのは、在庫が穏やかに減少しながらも確実に平均水準に向かい続けるような生産管理を維持することだ。」と述べております。こうした声明や発言からも、トランプ大統領の呼びかけによる増産への姿勢の表れが感じられます。減産を続けてきたサウジアラビアが増産に転じる可能性が高まってきたようです。

 先週12日にサウジアラビアのタンカー2隻とUAEの商業船4隻がホルムズ海峡付近で攻撃されました。翌13日には、サウジアラビアの石油パイプラインがイエメンの反政府勢力であるフーシ派のドローン(無人機)からの攻撃を受けました。それを受けてブレント原油が3ドルほど上昇することになりましたが、既にその高値から1ドル20セントほど下落しております。タンカーやパイプラインの被害が軽微であったことから、時間経過と共に「中東の地政学的リスク」も沈静化に向かうものと思われます。それと共に原油価格が下落する可能性があります。

天然ゴム市場パート5

5月22日

天然ゴム市場パート5

 上海ゴムは、15時半付近に3.5%安の1万7750元まで下落し、先週15日の引け値を少し割り込む水準まで下落しました。そして、2.6%安の1万1190元で取引を終えました。上海ゴムは、「干ばつの影響で中国最大の天然ゴムプランテーションがタッピングを停止した」との報道で先週16日に急騰しましたので、本日15時半時点の上海ゴムがその報道前日の水準まで下落したことになります。これはさすがに下げ過ぎかもしれません。また、本日の下落により上海ゴムは、月初から続く「右肩上がりの下値抵抗線」付近まで下落しましたので、ここからはテクニカル的な買いが入りやすいと考えるべきかもしれません。

本日のタイの天然ゴムオフィシャル価格は、RSS3で58.1バーツ(約200.4円)、STR20で51.0バーツ(約176円)となり、共に年初来高値を更新しております。この産地現物価格の堅調さは無視できません。日本のタイヤメーカーは、いくら上海ゴムが下落しても、タイやインドネシアといった天然ゴムの生産地から現物を買い付けなければなりません。しかも、東京工業品取引所の天然ゴム指定倉庫在庫が1万3000トンほどあるといっても、それは日本の年間消費量の「40分の1」程度のものです。また、日本の全国営業倉庫生ゴム在庫が1万6000トンほどあるといっても、それは日本の年間消費量の「38分の1」程度のものです。それに対して中国の天然ゴム在庫は、上海や青島などすべ含めると100万トンほどあり、日本とは到底比べられません。そこまで中国の天然ゴム在庫が大量にあれば、上海ゴムが産地現物価格と少しくらい乖離した値段がついても仕方がないのかもしれません。それに対して最低在庫しか保有しない国内在庫を考えれば、東京ゴムが産地現物価格を重視した価格形成となるのも仕方がありません。ここは、産地現物価格の堅調さに注目でしょう。そして、上海ゴムが月初から続く右肩上がりの下値抵抗線まで下落したので、ここで東京ゴムRSS3に対する押し買いも一考かもしれません。

天然ゴム市場パート4「今後も東南アジア周辺の天候に警戒が必要」

5月22日

天然ゴム市場パート4「今後も東南アジア周辺の天候に警戒が必要」

北朝鮮の中央テレビは5月11日、「今年の1~5月の北朝鮮の平均降水量が観測史上最低を記録した。」と報道しました。それにより北朝鮮の食糧事情が過去10年間で最も悪化すると指摘しております。同中央テレビによると、1~5月の降水量が前年同期を42.3%も下回ったそうです。一方、西日本と東日本は、エルニーニョ現象の影響を受けて共に観測史上2番目となる暖冬となりました。しかも、冬場の降水量が西日本と東日本が共に観測史上最低を記録しました。オーストラリアは世界第4位の小麦輸出国ですが、昨年秋からの大干ばつの影響を受けて、12年ぶりに小麦の輸入再開を5月11日に決定しました。そして、中国の天然ゴムの主生産地となる雲南省でも4月から干ばつが続いております。また、世界最大の天然ゴムの生産国であるタイでは、同国の気象庁が5月17日、「今年の雨季の降雨量は、例年を5~10%下回る。それにより灌漑設備の整っていないエリアでは、6月末から7月初めにかけて水不足問題に直面する可能性がある。」との見通しを示しております。タイでは、雨季入りしても干ばつへの警戒が必要となりそうです。こうした東南アジア周辺の天候への警戒が今後も必要となるだけに、天然ゴム価格が今後も堅調地合いを続ける可能性は高そうです。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事