松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

天然ゴム市場パート2

7月17日

天然ゴム市場パート2

タイの気象庁のコンラウィ副局長は昨日、「今年の雨季はとりわけ北部、東北部、中央平野での降雨量が平年を大きく下回っており、タイは過去10年で最悪の干ばつ被害に見舞われる恐れがある。」と述べております。タイを通過した台風や熱帯低気圧の勢力が弱いために降雨量が少なく、主要ダムに十分な水がたまっていないそうです。そして、本格的な降雨は8月後半か9月初めにならないと期待できないとのことです。タイの天然ゴムの主生産地は南部ですが、北部や東部、中部でも天然ゴムの生産は行われております。また、タイの北東部に位置するベトナムの干ばつも深刻です。

天然ゴム生産世界3位を誇るベトナムでは、ベトナム中部のンガイ省では、今月9日時点で1万1000世帯が水不足に直面し、コメや作物など1万3000ヘクタールが干ばつ被害を受けているそうです。また、乾燥による山火事が続出しており、川の水量不足による海水の逆流を受けてクアンチ省の塩分濃度が過去最高の16.2%を記録したそうです。ベトナム中央ゲアン省でも厳しい干ばつに見舞われており、同省は農業・地方開発局に750億ドン(約326億円)財政支援を要請したほどです。また、同省農業・地方開発局は、「干ばつにより水田1万5200ヘクタール、果樹栽培地8100ヘクタールなどに影響が及んでいる。」と指摘しております。ゲアン省は、3月末から4~10日間にわたる厳しい気温上昇に7回見舞われ、7月3日時点で、6月3日からの降雨が観測されていないそうです。

今年は、4~5月の干ばつにより、タイやインドネシア、ベトナム、中国などで天然ゴム生産が減少しました。中国南部の天然ゴムの主生産地である雲南省では、4月中旬~5月中旬はタッピング作業がほとんど出来なかったほどです。しかし、タイが5月下旬に雨季入りしたことを受けて、天然ゴム市場における干ばつに関する話題は沈静化しました。しかし、ベトナムは今も深刻な干ばつ被害が続いており、タイの北部や東北部、中央平野でも干ばつ気味な天候が続いております。天然ゴムの2大生産地であるタイ南部とインドネシアの天候は、雨季入り後の平均的な天候となっておりますが、天然ゴム生産世界3位のベトナムやタイの北部や東北部、中央平野で干ばつが続いていることの影響は、天然ゴム市場としてもいつまでも無視できないでしょう。

天然ゴム市場

7月17日

天然ゴム市場

 本日の上海ゴムは、朝方に一時1%高まで上昇しましたが、0.5%高で前場を終えました。東京ゴムRSS3は、12:45時点で、10月限が2.7円高、11月限が2.7円高、12月限が1.7円高となり、2日続伸となりました。

東京ゴムRSS3の先月上旬からの期限月主導の下落基調により、当限と先限の価格差が20円幅付近から56円幅付近まで拡大傾向を続けました。しかし、昨日からの期先限月主導の上昇により、当限と先限の価格差がこの2日間で6円ほど縮小方向に動きました。「さやの変化は相場の変化」という商品相場特有の相場格言もあり、当限と先限の価格差が拡大傾向から縮小傾向に変化したことにより、東京ゴムRSS3のトレンドも変化してきた可能性もあります。そして、本日12:45時点で、東京ゴムの先限は、輸入採算価格をキロ当たり14円ほど下回っております。

原油市場パート2

7月17日

原油市場パート2

今朝発表されたAPI週間石油在庫統計は、原油が270万バレル減予想に対して140万バレル減、ガソリンが92万バレル減予想に対して47万バレル減、ディスティレートが61万バレル増予想に対して620万バレル増となり、クッシング原油が110万バレル減となりました。この発表を受けて今朝のNY原油の電子取引が58.0ドル付近から57.5ドル付近まで下落し、8時頃からは57.6ドル付近で小動きを続けております。原油在庫の減少量の少なさやディスティレート在庫の大幅増加が圧迫要因となりました。

英国がイランの石油タンカーを拿捕したことに対してイランのハメネイ最高指導者は昨日、英国に対して報復措置を取ると述べましたが、なぜかイランはUAE国籍の石油タンカーを拿捕しました。それに対してイラン政府は、「ペルシャ湾内で技術的問題が起きたタンカーの支援要請を受け、修理の為にイラン海域へえい航した。」と表明しております、こうした一連の動きからも、イラン政府の方針に対してイランのイスラム革命防衛隊の一部が先走って動いてしまったように感じられます。イスラム革命防衛隊は、ハメネイ最高指導者に直結する軍隊であり、イラン政府の枠外の組織とされており、過激な行動をとるころでも有名です。また、先月から2回ほどホルムズ海峡で石油タンカーが攻撃された事件がありましたが、その犯人もイスラム革命防衛隊が有力視されております。

イランの石油輸出は、2018年4月までは日量250万バレル強もありましたが、先月時点で日量24万バレルほどにまで落ち込みました。そして、イラン中央銀行が今年の4月に4桁のデノミを実施するほどイラン経済も悪化しているだけに、イラン国内で不満が高まっております。そうした背景を考えれば、英国海軍にイランの石油タンカーが拿捕されたことによる石油収入減に対しての怒りも相当なものでしょう。そうした怒りや不満がイスラム革命防衛隊の一部を過激な行動に駆り立てたのかもしれません。

しかし、問題は、UAEの石油タンカーが昨日拿捕された(イラン側は、故障のためにえい航したと伝えております)ことを受けても、昨夜の原油市場が下落を続け、今朝からの原油市場も上昇に転じていないので、「原油市場の地合いがかなり悪化した」と考えるべきかもしれません。

トウモロコシ市場パート2

7月17日

トウモロコシ市場パート2

 米国産トウモロコシのその年の豊作や不作を決定付けさせるタイミングは、「8月下旬のクロップツアー」と「9月10日前後の米農務省による需給報告」とされております。「8月下旬のクロップツアー」とは、複数の民間企業による査察団が数日間かけて米穀倉地帯を回って実施調査するものであり、信頼性はかなり高いものがあります。クロップツアーの最終報告は8月末ごろです。そして、「9月10日前後の米農務省による需給報告」は、今年は9月12日となり、収穫期直前の需給報告なので、こちらも信頼性はかなり高いものがあります。

 豊作の年は、8月末~9月10日頃に底入れし、不作の年は、8月末~9月10日頃に天井となる傾向があります。豊作の年は、天構相場中に下落トレンドを続け、8月下旬のクロップツアーや9月上旬の米農務省による需給報告を受けて「豊作決定」との見方が確定し、弱材料出尽くしで下げ止まる傾向があります。その反面、不作の年は、天候相場中に上昇基調を続け、8月下旬のクロップツアーや9月上旬の米農務省による需給報告を受けて「不作決定」との見方が確定し、強材料出尽くしで上げ止まる傾向があります。

米農務省の6月下旬と7月上旬の発表では、米国産トウモロコシの1エーカーあたりの単収が共に166ブッシェルでした。現状から単収があと10ブッシェルほど上昇すれば、昨年や一昨年の大豊作となった時の単収に並びます。その反面、現状から単収があと40ブッシェルほど低下すれば、不作となった2012年の単収に並びます。そして、8月上旬にかけて晴れがちな天候が続く見通しであることや、受粉期中の高温障が発生する可能性が低いことを考えると、今年の米国産トウモロコシが豊作となる可能性は高そうです。それにより、8月下旬のクロップツアーに向けて東京トウモロコシに対する弱気な見方を続けることも一考かもしれません。

トウモロコシ市場

7月17日

トウモロコシ市場

ACCUウエザーによる「シカゴの25日間予報」では、7月16日に雷雨が予想されますが、それ以外は8月3日まで晴れがちな天気が続く見通しです。16日の雷雨は、熱帯低気圧バリーの影響ですので、予想されていた通りです。最高気温予報は、今週18日が34℃、19日が35℃、20日が34℃の予報となっておりますが、それ以外は8月3日まで25~31℃の予報です。米国産トウモロコシの受粉期に最高気温が38%を超えると受粉障害が発生するとされておりますが、今年は高温による受粉障害の心配もなさそうです。現在発生しているエルニーニョ現象の影響を受けて、米中西部穀倉地帯の夏場の最高気温が例年より少し低くなる見通しですので、それに晴れがちな天候が加わり、これから8月上旬にかけての「米国産トウモロコシの受粉期」としては、理想的な天候となりそうです。しかも、8月になれば、米国産トウモロコシの草丈もかなり高くなるので、天候悪化に対する耐性もかなり高まります。そして、今月中の天気も良好に推移する見通しとなってきたので、5月頃から高まり続けたシカゴコーンに対する「天候プレミアム」がここにきて早くもはがれ始める可能性が出てきました。ここは、東京トウモロコシに対する弱気な見方を継続させるところかもしれません。

金市場

 

7月17日

金市場

 昨夜のNY金は、小幅安となりました。そして、月初より「三角保合い」を形成しており、「右肩下がりの上値抵抗線」と「右肩上がりの下値抵抗線」が交わる付近までNY金が進みましたので、テクニカル的にはそろそろ「三角保合い」から「保合い放れ」となるタイミングとなりそうです。

 米10年債価格は、昨年11月の117.5ドル付近から上昇基調を続け、先月末には128.4円付近まで上昇しました。その間に米10年債利回りも3.24%付近から1.9%付近まで大幅低下しました。しかし、月初より米10年債価格が128.4ドル付近から127ドル付近まで下落し、それと共に米10年債利回りも1.9%付近から2.14%付近まで上昇しました。昨年11月から上昇基調を続けてきた米10年債価格が月初から下落基調に転じただけに、米国債に対する高値警戒感も高まってきたようです。それにより、ここでリスクオフの流れが強まれば、リスクヘッジ手段として米国債ではなくNY金を選択する投資家も増えそうです。

 S&P500種株価指数は、6月上旬の安値(2728ポイント)から7月15日の高値(3017ポイント)まで一本調子の上昇を続けました。そして、S&P500種株価指数の高値は、7月10日と11日が3002ポイント、12日が3013ポイント、15日が3017ポイント、16日が3015ポイントとなり、5営業日連続で「3000ポイントの大台乗せを記録しました。このS&P500種株価指数は、トランプ相場によりこの3年弱で2100ポイント付近から900ポイントほど上昇しました。しかし、ここにきて5営業日連続で「3000ポイントの大台」に乗せたことを受けて、2016年11月から続く長期上昇相場に対する達成感が高まることも考えられます。また、トランプ相場によるS&P500種株価指数の「1番天井」は2018年1月の2872ポイント、「2難天井」は2018年9月の2940ポイントとなり、「3番天井」が今週の高値(3017ポイント)となる可能性もあります。しかも、S&P500種採用企業の4~6月期決算発表シーズンがこれから本格化することや、S&P500種採用企業の企業利益が3年ぶりにマイナスに転じる見通しであることを考えれば、米国株式市場に対するリスクヘッジ手段として金相場に注目することも一考かもしれません。

 
NY金の日足
米10年債利回りの日足
S&P500種株価指数の週足

 

 

※チャートの情報提供元は(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドです。チャートの著作権は、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)ミンカブ・ジ・インフォ
みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事