松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

【訃報】

弊社アナリスト松永英嗣は、令和2年4月26日(日)の朝方、急性心不全で他界いたしました。

突然の知らせで、我々も本当に驚いております。

政府による緊急事態宣言を受けて当ブログもお休みをいただき、本人は自宅で休業中でございました。
ここに生前のご厚情に深く感謝をし、謹んでご報告申し上げます。

故人のご冥福をお祈りいたします。

サンワード貿易株式会社


松永英嗣

原油市場

4月8日

原油市場

 昨夜のNYダウは、序盤で一時938ドル高まで上昇しましたが、その後は下落を続け、26ドル安で取引を終えました。本日のNYダウ先物は、10時半時点で40ドル安と小動きです。NYダウは、3月23日の安値(1万8213ドル)から昨夜の高値(2万3617ドル)まで5404ドルも上昇し、2月下旬からの下落幅に対する半値戻しをほぼ完了したことを受けて、自立反騰が一巡したとの観測が広がったのかもしれません。

トランプ大統領は昨夜、「感染者の増加曲線がピークに近づきあるかもしれないと考えている。ホットスポットと呼ぶ大都市の事業閉鎖は続けるものの、感染が広がっていない中小都市や市町村でまず経済活動の再開に着手する可能性が高い。」と述べております。しかし、ホワイトハウスの新型コロナ対策チームが予測モデルに基づき、国内死者数が最大で24万人に達する恐れがあるとの予想を示しているだけに、NYダウの更なる上昇には疑問が残ります。また、9日と10日の産油国会合の行方が米国株式市場に大きな影響を与えるだけに、マーケット全体がしばらく様子見となりそうです。

ロックダウンを受けてフランスのガソリン使用量が80%低下したことも伝えられております。世界的なロックダウンを受けて世界の石油需要は最大で30%(日量約3000万バレル)減少している見通しとなっております。今週9~10日の産油国会合に対してOPEC関係者は、「OPECプラス枠の減産量は、米国とカナダ、ブラジルなどの減産量によって決まる。」と述べております。カナダとブラジルとノルウェーは、OPECプラスの協調減産に賛同する姿勢を示しておりますが、米国は賛同する姿勢を全く見せておりません。それにより。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

天然ゴム市場パート1~3

4月8日

天然ゴム市場

 タイでは、7日時点で新型ウイルスによる感染者が累計で2220人となり、死者数が前日比51人増となりました。先進国に対して医療設備が劣っているタイでは、感染拡大がかなり警戒されております。タイ民間航空会社は、4月3日より入国禁止措置を実施しているほどです。そしてタイ政府は、4月3日より外出禁止令が発令しており、午後10時から翌朝4時までの夜間の外出を原則禁止し、違反者には2年以下の懲役または4万バーツ(約13万円)以下の罰金、もしくはその両方となります。

 午後10時から翌朝4時までの夜間外出を禁止となれば、天然ゴムのタッピングに悪影響を及ぼします。ゴムの木の樹液は、太陽にあたると硬化するので、太陽の日差しを避けることが出来る時間帯にタッピングを行います。スリオン農業協同組合大臣は、「夜間外出禁止令の時間帯にタッピングを行う必要がある。農民が夜にラテックスを収集することを禁じられているならば、彼らは収入を得ることは出来ないだろう。」と述べ、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。

4月8日

天然ゴム市場パート2

 本日の上海ゴムは、1%安で寄り付きましたが、12:10時点で2.1%高の1万85元となり、3月26日以来となる「1万元の大台回復」となりました。武漢市のロックダウンが解除されたことなどが好感されたようです。

武漢市で1月23日から実施されていたロックダウンが本日より解除されました。武漢市では、新型ウイルスによる感染者数が合計で5万人を突破し、死者数が2571人に達しました。そして、中国本土での7日時点での新型ウイルスによる死者数がゼロ人となりました。

現在の中国商品先物市場の工業品銘柄は、全体的に高安まちまちとなっておりますが、上海ゴムだけは大幅高となって。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。

 

4月8日

天然ゴム市場パート3

 本日の上海ゴムは、1%安付近で寄り付きましたが、2.9%高の1万170元まで急騰して前場を終えました。上海ゴム20号に関しては、5.1%高まで急騰して前場を終えました。本日の中国商品先物市場の工業品銘柄が全体的に高安まちまちですが、上海ゴムだけが大幅高となった事に注目でしょう。武漢市のロックダウンが2か月半ぶりに解除されたことなどが好感されているようです。また、タイで夜間外出禁止令が天然ゴム生産に及ぼす影響や、天然ゴム生産地の干ばつ観測なども強材料視されているようです。

マーケット全体が新型ウイルス問題一色となっておりますが、その陰に隠れて注目度が低下している「天然ゴム生産地の干ばつ懸念」にも注意する必要があります。タイ国船員協議会のリムルーチャ副議長は、「輸出業者は現在の広範囲にわたる悪影響を懸念しており、農民やオペレーターに迅速な救済措置を提供するよう要請する。これは過去40年で最悪の干ばつであり、国の4つの主要なダムの水量は農業用に残りわずか16%であり、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。



 


天然ゴム市場パート3

4月7日

天然ゴム市場パート3

 東京ゴムRSS3におけるファンドポジションは、3月5日から売り越しに転じ、昨日時点で「4409枚の売り越し」となり、昨年10月以来の大幅売り越し枚数となりました。

 東京ゴムRSS3における当業者のポジションは、3月6日から買い越しとなり、昨日時点で「2987枚の買い越し」となり、昨年10月以来の大幅買い越し枚数となりました。

 東京ゴムRSS3における「ファンドの売り越し枚数」と「当業者の買い越し枚数」が昨年10月以来の水準まで膨らんだことに注目でしょう。東京ゴムRSS3は、昨年6月から10月にかけて205円付近から155円付近まで50円幅ほど下落しましたが、昨年10月から今年の1月にかけて155円付近から205円付近まで50円ほど上昇しました。現在の「ファンドの売り越し枚数」と「当業者の買い越し枚数」が、昨年10月の大底付近の水準まで膨らんでいるだけに、ここが東京ゴムの大底となる可能性も出てきました。

東京ゴムRSS3における当業者などのポジション
東京ゴムRSS3の日足

 

※チャートの情報提供元は(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドです。チャートの著作権は、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。


天然ゴム市場パート2

4月7日

天然ゴム市場パート2

 上海ゴムの当限は、先月30に8995元まで下落して上場来安値を記録し、現在は9840元付近まで上昇しております。それにより、2015年の安値(9150元)と先月30日の安値(8995元)でダブルボトムを形成した可能性も出てきました。ちなみにリーマンショック時の安値は9565元でした。

一方、上海ゴムの取引中心限月は、3月31日に一時930元まで下落し、現在は9880元付近まで上昇しております。それにより、2016年の安値(9360元)と先月31日の安値(9300元)でダブルボトムを形成した可能性も出てきました。

上海ゴムの現在の取引中心限月となっている9月限は、3月下旬から新たな取引中心限月となり、1万元以下の水準で本格的に取り組まれた限月であり、「安値取組」となっております。それにより、9月限は、1万元を上回り始めると、売り方の大半が値洗いマイナスに転じることになり、内部要因が一変することになります。上海ゴムの取引中心限月は、「4カ月に1度」のサイクルで移動します。ここで注目は、上海ゴムは、取引中心限月の移動のタイミングで内部要因が一変することで、トレンドが変化する傾向があるという事でしょう。
上海ゴム当限の週足

天然ゴム市場

4月7日

天然ゴム市場

 12:10時点で、上海ゴム1.6%高、上海螺子鋼0.2%高、上海タール6%高、上海銅2.3%高、上海亜鉛2.8%高となり、中国商品先物市場の工業品銘柄が2日連続で全面高となり、2日連続で大幅高となる銘柄が続出しております。上海総合株価指数は1.8%高となり、3月17日以来の高値水準まで上昇しました。

中国国家統計局が発表した3月の中国製造業PMIは、45ポイント予想に対して52ポイントとなり、前月の35.7ポイントから大幅上昇となりました。そして、財新&マークイットが発表した3月の中国製造業PMIは、45ポイント予想に対して50.1ポイントとなり、前月の40.3ポイントから大幅上昇となりました。中国国家統計局の発表値は大企業を中心とした統計であり、財新&マークイットの発表値は企業全体の統計値です。2月の中国製造業PMIが歴史的な悪化となりましたが、それでも3月の中国製造業PMIが景気分岐点とされる50ポイントを上回ってきたので、中国関連銘柄などへの注目が高まってきたようです。
中国の製造業PMI

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事