松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

白金市場

 昨夜のNY白金は、南ア情勢に圧迫されたものの、ロンミン社の発表が好感されて上昇しました。

 南アのムベテ議長は7日、ズマ大統領の不信任動議に関して非公開投票を実施することを発表しました。非公開投票となった事で与党議員からの不信任票が増加して同大統領罷免の可能性が高まると見られております。ズマ大統領は2009年に大統領に就任しました。世界各国が2008年のリーマンショック後に長期経済成長を遂げたものの、それに反して南アが景気後退を続けたことでズマ大統領への不信任感が高まりました。また、ズマ大統領は副大統領の時に汚職疑惑で罷免されたこともあり、ズマ大統領が自宅に巨額な資金を投じて円形劇場やプライベート医療施設を建設するなどの浪費も非難されておりました。ムベテ議長の非公開投票実施の発言を受けて南アランドが大きく買われていることからも、非公開投票を実施してズマ大統領罷免の可能性が高まることは、南アの経済改革が進むと受け止められたようです。これまでの南アの政情不安が白金市場のプラス要因の1つでもあったことから、ムベテ議長発言は白金市場にとって下落要因となります。

 南ア白金鉱山大手のロンミン社は7日、年間50万オンスの白金生産能力の削減を発表しました。それにより5億ランド(役42億円)の年間経費を削減する予定です。7~9月期の生産コストが6.4%上昇したことにより、いくつかの資産を売却することにより年間50万オンスの生産能力が削減されるようです。これに昨夜のNY白金が反応して上昇しました。ここまでロンミン社の財政が追い込まれているということは、白金価格のこれ以上の下落はあまり望めないと考えるべきかもしれません。

天然ゴム市場パート7

 中国の資源銘柄は、上海ゴム3.1%高、上海アルミ2.6%高、上海鉄筋6.4%高、上海鉛1.8%高、上海熱延鋼板3.5%高、大連鉄鉱石2.9%高、大連コークス2.3%高で取引を終えました。

中国の商品先物市場で最大級の売買高を誇る上海鉄筋は、12時ごろから6.9%高付近での横ばいを続け、15:30ごろから15分間ほどストップ高(7%高)張り付きとなりましたが、15:45ごろから少し失速し、6.4%高で取引を終えました。上海ゴムは、14:45ごろから3.5%高付近で横ばいを続けましたが、上海鉄筋がストップ高張り付きから失速したタイミングで上海ゴムも失速し、3.1%高で取引を終えました。

国連安全保障理事会において全会一致で採択された制裁案により北朝鮮の石炭や鉄鋼、海産物の輸出が規制されることになりました。それを受けて今朝から鉄鋼関連銘柄や石炭関連銘柄が急騰し、資源銘柄の多くがそれに追随しました。上海鉄筋の本日の売買高は1100万枚程にまで達しております。それほどの売買高を誇る大型銘柄が今朝からストップ高寸前にまで急騰したのですから、他の資源銘柄がそうした動きに追随したことも頷けます。ちなみに、米国商品先物市場で最大級の売買高を誇るNY原油の1日の売買高は80万枚程度です。北朝鮮への制裁決議を受けてしばらく鉄鋼関連銘柄や石炭関連銘柄が強含みを続ける可能性もあるだけに、上海ゴムもしばらく堅調地合いを続けそうです。

原油市場パート2

 先週末のNY原油は、米雇用統計発表や米オイルリグ数の減少が好感されて上昇しましたが、産油国会合に向けての口先介入期待も期待されているようです。

OPEC加盟国と非加盟国による産油国会合が8月7~8日にアブダビで開催されます。今回の産油国会合では、主に減産順守について話し合われます。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。

無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

トウモロコシ市場

 シカゴコーンの新穀限月となる12月限は、8月3日に375セントまで下落し、先週末の取引を381セントで終えました。シカゴコーン12月限の安値は、昨年12月1日が374.5セント、昨年12月23日が375.75セント、今年の3月27日が378.25セント、4月21日が379.25セント、6月23日が374セント、8月3日が375セントとなり、375セント付近での下値抵抗が続いております。そして、米農務省による需給統計発表が迫っております。今回の需給報告は、これまでの農家への聞き込み調査ではなく実態調査によるものですから特に注目されております。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。

無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。


シカゴコーンの日足
シカゴコーンのファンドポジション






天然ゴム市場パート6

 上海ゴムは3.4%高、上海アルミは2.2%高、上海鉄筋は6.7%高、上海鉛は1.5%高、上海熱延鋼板は5.4%高、大連鉄鉱石は4.9%高、大連コークスは4.3%高で前場を終え、大幅高となる銘柄が続出しております。そして、ストップ高まで上海鉄筋があと0.3%幅、上海熱延鋼板が0.6%幅に迫りました。

 中国の資源銘柄の多くは、寄付き直後に高値を付け、その後失速する場面もありましたが、前場のラスト30分間で再び高値追いとなりました。これにより、後場からの一段高も予想されます。ドル円は、先週末15:15比で55銭の円安です。

 東京ゴムは、11時ごろからじり高基調に転じ、12:45時点で5.5円高の212.3円です。これで7月26日の高値(218.7円)まであと6.4円幅に迫りました。東京ゴムの日足を見ると、6月中旬から続く右肩上がりの下値抵抗線が意識されているような値動きとなっております。そして、今週中に225円付近まで上昇すると、6月中旬から続く右肩上がりの上値抵抗線に触れることになります。こうした右肩上がりの下値抵抗線と上値抵抗線を意識することも一考かもしれません。
東京ゴムの日足

 

※チャートの情報提供元は(株)エムサーフです。チャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフは一切の責任を負いません。


天然ゴム市場パート5

 国連安全保障理事会は5日、北朝鮮が7月に実施した2回の大陸間弾道ミサイル発射を受けて、新たな制裁決議を全会一致で採択しました。それによると、北朝鮮の石炭や鉄鉱石、海産物などの輸出禁止を実施し、同国の年間30億ドルに相当する輸出の3分の1を削減させるとういうものです。これに週明けの中国の鉄鋼関連銘柄や石炭関連銘柄などが大きく反応することになり、上海鉄筋や大連鉄鉱石などがストップ高となる場面もありました。

国連安全保障理事会において全会一致で採択された制裁案により、しばらくは供給不足懸念により鉄鋼関連銘柄や石炭関連銘柄などが強含みを続けるものと思われます。それに伴い上海ゴムなど他の資源銘柄も強含みを続ける可能性があります。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事