松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

メール情報会委員の皆様に週間レポートを配信しております。

メール情報会委員の皆様に週間レポートを配信しております。

qqqqq



無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

天然ゴム市場パート4

12月14日

天然ゴム市場パート4

 タイのクリサダ農業・共同組合相は、低迷する天然ゴム価格を下支えするために、タイ・ゴム公社を通じて全国のゴム取引市場に120億バーツ(約415億円)を投じ、20万トンを買い付ける方針を明らかとしました。具体的な買い付け方法などの詳細は、19日の閣議に提案するそうです。更に、年間20万ライ(1ライ=1600平方メートル)のゴム栽培地を休耕地にすることや、天然ゴム農家1軒あたり10ライの農地につき最大4000バーツの転作奨励金を交付すること、2018年9月まで政府保有の内からの天然ゴム生産量を3カ月間で6000トン減産することも明らかとしました。

 20万トンの買い支え案が19日の閣議に提案されることになりましたが、プラユット首相自身がタイ天然ゴム政策委員会の委員長を務めているので、プラユット首相の推薦で20万トンの買い支え案が閣議決定される可能性は高そうです。また、タイ南部の大規模洪水を受けて一時133万人が被災し、その時にプラユット首相が被災地視察を行っているので、大規模洪水で苦しむタイ南部の天然ゴム生産者への支援策として、20万トンの買い支え案をプラユット首相が合意に導く可能性も高そうです。

 昨日開催された3カ国会合の結果が伝わっておりません。それに加えて、クリサダ農業・共同組合相が天然ゴム20万トンの買い支え案を閣議に提出することを公表したことを考えると、今回の3カ国会合で輸出削減策が物別れに終わった可能性もあります。それを受けてクリサダ農業・共同組合相が急遽20万トンの買い支え策を打ち出したと考える方が自然かもしれません。来週19日の閣議決定に向けて東京ゴムに対して強気な見方も一考ではないでしょうか。

2018年1月15日東京セミナーのご紹介


11111

2018年の相場を読む

皆さんは、2017年の投資成績はいかがでしたでしょうか?

トランプ氏が米大統領に就任するところから始まり、
欧州の選挙ラッシュを経て、
今に至ります。 ※2017年11月現在

果たして2018年はどういった年になるのでしょうか・・・

そこで、2018年に投資家の方々が良いスタートダッシュを切れるよう、
弊社アナリストの陳と松永がとっておきの話をご用意いたしました!

具体的には…

・2018年の注目の商品銘柄・通貨ペア

・初心者の方からベテランの方まで通じるトレード手法やチャートの見方

・個人の性格にあった投資スタンス

2018年の投資ライフを充実したものとするために、
意欲のある方は是非お待ちしております!

特に投資を始めたばかりで2017年のご成績があまり良くなかった方、大歓迎です!

また、講演後は陳と松永を交えて懇親会を行います。

直接お話が出来る機会ですので、
踏み込んだ質問や講演で分からなかったことなど
どしどし聞いてみてください!


ぜひこの機会をお見逃しなく!
弊社アナリスト2人による話は必見です!

陳 晁熙

サンワード貿易 チーフアナリスト
東京都出身。
東京理科大学理学部応用数学科卒。
予備校講師(数学科)を経て商品先物業界に入る。
商品先物市場と外国為替市場において調査、企画、運用等を担当し現職に至る。
テクニカル分析を主体に、背後にあるファンダメンタルズを併せて分析し、新聞、メディア等に寄稿。
著書に「個人投資家のための穀物取引入門」、「個人投資家のための貴金属取引入門」(いずれも共著)。
国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe)取得。

松永 英嗣

サンワード貿易 アナリスト兼ストラテジスト
業界歴30年。
業界3年目にして歩合外務員として独立、穀物相場を中心に手掛ける。
法人部時代にはガソリン・ゴムなど工業品銘柄を中心として、商社・当業者・投機筋などへ深く関わり特殊知識を深める。
先物業界紙・貿日新聞の「天地人のコラム」を5年ほど連載。
約15年前にブログ「北浜の虎」を立ち上げ、現在はブログ名を「松永総研」に改名。
実に15年以上、日々相場の最新情報を配信し続けている。

日時
2018年1月15日(月)
18:00開場  18:30開演  20:30終了予定
会場
TOCOMスクエアセミナールーム
東京都中央区日本橋堀留町1-10-7 東京商品取引所B1  [地図]
定員30名
参加費無料
主催サンワード貿易株式会社
※本セミナーは、弊社サンワード貿易(株)が扱う商品先物取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)の契約締結の勧誘を目的として開催しております。※本セミナーは、途中退室自由です。※商品先物取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)は、相場変動等により元本を上回る損失が生じるおそれがあります。※本セミナーは、相場の動向や売買による利益を示唆または保証するものではありません。投資に関しての最終判断は、あくまでもご自身でご決定ください。※お客様の個人情報は、弊社の業務における調査、情報提供、ご案内に利用し、弊社のプライバシーポリシーに基づき、適切に取り扱いいたします。※他の参加者へ対する営業や勧誘行為は、一切禁止とさせていただいております。※講演者・講演内容などは、都合により予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。※同業者及び学生の方のお申込はご遠慮ください。※本セミナーの録音・動画撮影はご遠慮ください。

≪注意事項≫ ※「くりっく365」は株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称として使用するものです。弊社は株式会社東京金融取引所の「くりっく365」取引参加者である岡安商事株式会社から指定を受けた取次業者です。

天然ゴム市場パート2~3

12月14日

天然ゴム市場パート3

 タイのクリサダ農業・共同組合相は、低迷する天然ゴム価格を下支えするために、タイ・ゴム公社を通じて全国のゴム取引市場に120億バーツ(約415億円)を投じ、20万トンを買い付ける方針を明らかとしました。具体的な買い付け方法などの詳細は、19日の閣議に提案するそうです。更に、年間20万ライ(1ライ=1600平方メートル)のゴム栽培地を休耕地にすることや、天然ゴム農家1軒あたり10ライの農地につき最大4000バーツの転作奨励金を交付すること、2018年9月まで政府保有の内からの天然ゴム生産量を3カ月間で6000トン減産することも明らかとしました。

 ようやくタイ政府が天然ゴム農家への支援に動き出したようです。19日の閣議次第ではありますが、タイ政府による20万トンの買い支えが実施されれば、天然ゴム価格の底上げとなりそうです。ここは、東京ゴムの強気な見方に注目ではないでしょうか。

12月14日

天然ゴム市場パート2

 上海ゴム1.9%高、上海アルミ0.3%高、上海亜鉛0.1%高、上海銅0.7%高、上海鉄鋼0.9%安、上海熱延鋼板0.1%安、大連鉄鉱石0.6%安、大連コークス3.8%安、大連粘結炭2.8%安で前場を終え、上海ゴムの上げ幅と石炭関連銘柄の下げ幅が目立ちますが、それ以外の資源銘柄は全体的に小動きです。

 11月27~30日に開催されたタイとインドネシアとマレーシアによる3カ国会合(国際天然ゴム協議会)では、入札により12月15日から輸出削減を開始することで合意しました。タイ当局は、「各国の関係者がそれぞれの省庁からの承認を最初に求める必要があるため、当初の輸出削減量は同意したが、まだ明らかにすることはできない。」と伝えております。

 そして、12月13日の3カ国会合で、輸出削減策の規模と期間が話し合われました。しかし、まだ3カ国会合の結果が伝えられていないので、3カ国会合が続いているのかもしれません。輸出削減策が明日15日から実施される予定となっていることから、本日中に3カ国会合からの結果が伝えられる可能性は高そうです。市場の雰囲気は、輸出削減策の実施に対して半信半疑な面もあるようなので、輸出削減策が発表されれば、東京ゴムが大きく上昇する可能性があります。天然ゴムの主生産地であるタイ南部では、1~3月が増産期となります。その増産期に輸出削減策が実施されることになれば、需給がかなり引き締まることになります。


天然ゴム市場パート2

12月13日

天然ゴム市場パート2

 11月27~30日に開催されたタイとインドネシアとマレーシアによる3カ国会合(国際天然ゴム協議会)では、入札により12月から輸出削減を開始することで合意しました。タイ当局は、「各国の関係者がそれぞれの省庁からの承認を最初に求める必要があるため、当初の輸出削減量は同意したが、まだ明らかにすることはできない。」と伝えております。そして、本日開催されている3カ国会合で輸出削減策の規模と期間が。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

トルコリラ

12月13日

トルコリラ

トルコリラ・円は、11月28日に28.0円まで下落しましたが、その後は、利上げ観測を受けて上昇基調に転じました。しかし、29.6円付近で上値が重くなってきたようです。

トルコ統計局が11日に発表した7~9月期のGDP成長率は、前年同期比10%予想に対して11.1%となり、6年ぶりの高い伸びを記録しました。しかし、昨年7~9月期のGDP成長率は、クーデター未遂事件により「マイナス成長」に転じていたので、ここでの前年同期比はあまり参考になりそうもありません。シムシェキ副首相は、2017年のGDP成長率が5.5%を上回ると述べております。1~3月期が5.3%、4~6月期が5.4%でしたので、7~9月期は少し改善した程度に考えるべきかもしれません。

トルコ統計局からのGDP発表を受けてエルドアン大統領は昨夜、「トルコリラの弱さは、現時点での景気の現状を反映したものではない。為替レートがすぐに適切なバランスを取ると確信している。短期的な操作によって金利を引き上げるという圧力を正当化しても仕方がない。」と述べました。またしても利上げに否定的な発言をしております。

14日の政策決定会合における利上げに対する市場予想平均は、「1%」となっております。また、1.5%との見方もあることから、1~1.5%の利上げ程度であれば、トルコリラが「噂で買って、事実で売る」という展開となる可能性もあります。

toruko GDP2

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事