松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

天然ゴム市場パート2「緊急開催となった戦略的市場操作委員会に注目」(6月16日制作コメント)

先週末にメール情報会員の皆様にお送りしましたコメントの一部をご紹介します。参考にどうぞ。



6月16日

天然ゴム市場パート2「緊急開催となった戦略的市場操作委員会に注目」

タイとインドネシア、マレーシアが今週17~18日に緊急会合を開催することが決定し、それを受けて東京ゴムが今週14日から上昇を続けております。その会合では、天然ゴムの輸出削減策の実施について話し合われます。明日からインドネシアのバンダンで開催される緊急会合の正式名称は、「戦略的市場操作委員会」というそうです。

5月の生産国会合では、輸出削減策の検討を始めたことが公表され、7月の次回会合で輸出削減策実施の是非を問うことも公表されました。しかし、タイのRSS3号現物価格が4月中旬から5月中旬にかけて1kg=70~75バーツ付近で推移しておりましたが、5月下旬から下落に転じ、6月7日で56.7ドルまで下落して生産コスト割れ寸前となりました。それを受けて今週末に急遽「戦略的市場操作委員会」が開催されることになりました。タイの現物価格のグラフを見ると、戦略的市場操作委員会を緊急開催することになった理由も納得できます。しかも、タイ政府がゴム農家支援策と天然ゴム価格安定策を承認した上で戦略的市場操作委員会の緊急開催に踏み切ったのですから、タイ政府の戦略的市場操作委員会に対する意気込みが感じられます。それにより、天然ゴムの輸出削削減策実施が高確率で決定すると考えるべきかもしれません。

タイの現物価格

天然ゴム市場パート4~7(6月14日発行の過去記事です)

今週14日(水曜)にメール情報会員のみなまさに配信しましたコメントの一部をご紹介します。参考にどうぞ。

6月14日

天然ゴム市場パート4

 上海ゴムは、12:15時点で3.2%高の1万2945元まで上昇し、今月高値を大きく上回り、「保合い上放れ」の様相を呈してきまいた。

天然ゴムの主生産国であるタイとインドネシア、マレーシアの3国が今週17~18日にインドネシアで緊急会合を開催することが伝えられております。その緊急会合では、すべての天然ゴム生産者に対して減産を呼び掛ける見通しであることも伝わっております。7月の生産国会合を待たずに今週末にも主生産国による輸出削減策が決定する可能性も出てきました。



6月14日

天然ゴム市場パート5

 タイのプラユット首相は、ゴム農家の援助と天然ゴム価格の安定を支援する方策を承認したことを公表しました。これには、農業協同組合のための100億バーツ(2億9,490万ドル)のローンプログラムをさらに3年間延長し、ゴム事業に100億バーツのローンプログラムを追加することも含まれています。また、天然ゴムの生産コストとゴム農家の生活費をカバーするために、1レイ(1レイ=0.17ヘクタール)あたり1,500バーツの直接助成金を支払う予定であることも公表しました。そして、1万1460世帯が直接助成金を受け取ることになるそうです。そしてプラユット首相は、「タイ政府は、今回の価格テコ入れ策が天然ゴム価格を1kg=70バーツまで押し上げることを望んでいる。」と述べました。

 昨日のタイ・ハジャイの天然ゴムRSS3号現物価格が1kg=57バーツでした。1kg=70バーツを円換算すると、70バーツ×3.2422円=約227円換算となります。それに対する輸入諸経費を1kg=8円で計算すると、輸入採算価格が約235円換算となります。タイ政府の希望価格通りになれば、東京ゴム先限が235円以上にまで上昇する計算となります。



6月14日

天然ゴム市場パート6

 上海ゴムは、今朝から0.5%安付近で推移しておりましたが、前場のラスト1時間で上昇に転じ、3.2%高の1万2940元まで上昇して前場を終えました。これで今月高値を大きく更新し、「保合い上放れ」となってきました。

 東京ゴムは、13:10時点で当限が18.7円高の210.7円まで上昇し、サーキット・ブレーカーの発動まであと1.3円幅に迫りました。そして、7月限と8月限が200円台乗せとなり、9月限も一時200.4円まで上昇しました。先限は、一時10.9円高の196.2円まで上昇し、13:10時点で9.4円高の194.7円です。

東京ゴムの当限と先限の価格差は、先週末にほぼ同値となる場面もありましたが、現在は、16円幅付近前で拡大しました。「さやの変化は、相場の変化」という商品相場特有の格言もあり、今週になって再び当限と先限の価格差が拡大傾向に転じたことにより、再び上昇トレンドに転じた可能性も出てきました。

タイとインドネシア、マレーシアの3カ国が今週17~18日に緊急会合を開催することになり、7月の生産国会合を待たずに輸出削減策が実施される可能性も高まってきました。しかも、タイのプラユット首相が、ゴム農家の援助と天然ゴム価格の安定を支援する方策を承認しました。ここにきて主生産国の動向が慌ただしくなってきました。産地現物価格が生産コストとされる1kg=50バーツにまであと6~7バーツまで迫ったことを受けて、主生産国の価格テコ入れの動きが活発化し始めたようです。タイのプラユット首相が「産地現物価格を1kg=70バーツ以上にまで引き上げる」との意向を述べたことも注目でしょう。タイでは、昨年12月前半と今年の1月前半の大規模洪水により、天然ゴム農家の多くが甚大な被害を被りました。それにより、タイ政府による天然ゴム生産者保護の動きが例年以上に強まっているようです。



6月14日

天然ゴム市場パート7

前場の終り値は、上海ゴム3.2%高、上海銅0.3%安、上海鉄筋0.6%高、上海鉛0.3%高、上海熱延鋼板0.6%安、大連鉄鉱石0.5%安です。本日の中国の資源銘柄は、全体的に今朝から小動きですが、上海ゴムだけが11時半ごろから大幅高に転じました。本日の上海ゴムは、主要生産国による緊急会合が今週末に開催されることになったことや、タイ政府によるゴム農家援助策と天然ゴム価格安定化策の決定に反応しました。

後場からの上海ゴムは、14:50ごろに3.4%高の1万2980元まで上昇し、15:15時点で3%高でした。それを受けて東京ゴムは、当限(6月限)が17.5円高の209.5円まで上昇し、6~9月限が200円の大台乗せで日中取引を終えました。先限は、10.2円高の195.5円で日中取引を終えました。これで東京ゴムの当限と先限との価格差が14円幅となりました。

東京ゴムにおける昨日時点での投資家の買い越し枚数は、前日比409枚増の8018枚となり、5月29日頃から年初来最高を更新し続けております。それに対してファンドなど外国商品先物取引業者経由の売り越し枚数は、前日比537枚増の6722枚となり、5月31日頃から年初来最高を更新し続けております。そして、本日の東京ゴム先限が195円付近まで上昇したことにより、投資家の買い越しポジションが目洗い的に優勢となりつつあります。

タイとインドネシアとマレーシアの3国が今週末17~18日に緊急会合を開催し、天然ゴムの輸出削減策について話し合うことになりました。5月の生産国会合では、「7月の生産国会合で、天然ゴムの輸出削減策実施の是非を問う。」ということを表明しておりましたが、タイの天然ゴム現物価格が今月になって大幅下落したことを受けて、今週末に緊急会合を開催して天然ゴムの輸出削減策実施の是非を問うことになりました。天然ゴム生産国連盟(ANRPC)による世界の天然ゴム需給見通しは、1~5月が約60万トンの供給不足となり、6月末には約70万トンの供給不足となる見通しです。このような状態で主生産国による輸出削減策が実施されることになれば、東京ゴムが250円付近まで上昇する可能性もあります。緊急会合の結果を受けて、週明けの東京ゴムが大きく動く可能性もあります。


本日制作するコメントも、すべてメール情報会員の皆様に限定

本日制作するコメントも、すべてメール情報会員の皆様に限定して配信しております。

メール情報会員の皆様は、お送りしましたコメントを参考にしてください。

無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

本日制作するコメントは、すべてメール情報会員の皆様に限定

本日制作するコメントは、すべてメール情報会員の皆様に限定して配信しております。

メール情報会員の皆様は、お送りしましたコメントを参考にしてください。

無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

天然ゴム市場パート7

 前場の終り値は、上海ゴム3.2%高、上海銅0.3%安、上海鉄筋0.6%高、上海鉛0.3%高、上海熱延鋼板0.6%安、大連鉄鉱石0.5%安です。本日の中国の資源銘柄は、全体的に今朝から小動きですが、上海ゴムだけが11時半ごろから大幅高に転じました。本日の上海ゴムは、主要生産国による、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください
 

東京ゴムの投資家ポジション
タイの現物価格









天然ゴム市場パート6

 上海ゴムは、今朝から0.5%安付近で推移しておりましたが、前場のラスト1時間で上昇に転じ、3.2%高の1万2940元まで上昇して前場を終えました。これで今月高値を大きく更新し、「保合い上放れ」となってきました。

 東京ゴムは、13:10時点で当限が18.7円高の210.7円まで上昇し、サーキット・ブレーカーの発動まであと1.3円幅に迫りました。そして、7月限と8月限が200円台乗せとなり、9月限も一時200.4円まで上昇しました。先限は、一時10.9円高の196.2円まで上昇し、13:10時点で9.4円高の194.7円です。

東京ゴムの当限と先限の価格差は、先週末にほぼ同値となる場面もありましたが、現在は、16円幅付近前で拡大しました。「さやの変化は、相場の変化」という商品相場特有の格言もあり、今週になって再び当限と先限の価格差が拡大傾向に転じたことにより、再び上昇トレンドに転じた可能性も出てきました。

タイとインドネシア、マレーシアの3カ国が、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください



さやグラフ

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事