松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

原油市場パート2

 NY原油は、6月21日に42.05ドルまで下落しましたが、その後は上昇基調を続けております。7月24日から6連騰となり、7月31日に50.41ドルまで上昇しましたが、2カ月半ぶりの50ドルの大台乗せにより、それまでの上昇基調に対する達成感が高まり、8月1日には一時48.37ドルまで下落する場面もありました。そして、昨夜のNY原油は、EIA週間在庫統計を受けて49.59ドルまで戻して取引を終えました。

 石油メジャーの4~6月期決算が進むと、大方の予想ほど悪くない決算内容となる企業も増えてきました。ゴールドマン・サックスの8月2日付けのレポートでは、「英国のBPや英&オランダ系のロイヤル・ダッチ・シェルなどの欧州石油メジャーは、コスト削減や業務改善により原油安に適応している。」と指摘しております。更に、「欧州の石油メジャーは、北海ブレント原油価格が平均52ドルだった2017年1~6月に、100ドル付近まで上昇していた2014年1~6月よりも多くの現金収入を得た。簡素化や標準化、デフレーションの下、石油業界は、現在の環境で原油価格が1バレル当たり100ドルを上回っていた2013~2014年当時よりも収益性を高め、現金を生み出せる態勢になっている。」とも指摘しております。こうしたゴールドマン・レポートを見ると、原油価格の50ドル以上での強気な見方に疑問が生じます。

 従来型油田(自噴型油田)から原油を生産する欧州石油メジャーの多くは、原油価格が50ドル付近でも採算が合うようです。その一方で、米国のシェールオイル開発企業にとっては50ドル付近では採算が合わない企業も多いようです。米国の原油生産は世界全体の約10%を占め、米国原油生産の約57%がシェールオイル生産です。シェールオイルとオイルサンドを除いた世界の原油生産の93%ほどを占める従来型油田(自噴型油田)を基準に考えれば、NY原油が53~54ドル付近まで上昇すれば、原油市場に対する売り場探しも一考かもしれません。

天然ゴム市場

 上海ゴム0.2%高、上海亜鉛2.2%高、上海銅0.5%高、上海鉄筋1.5%高、上海鉛1.8%高、上海熱延鋼板1.1%高、大連鉄鉱石2%高、大連コークス2.1%高で前場を終え、中国の資源銘柄が再び全面高となりました。本日前場で上海銅や上海鉛が年初来高値を更新し、年初来高値付近まで上昇してきた銘柄もかなり増えてきました。前日に年初来高値を更新した上海総合株価指数は、0.2%安で前場を終えました。

 東京ゴムや上海ゴムは7月28日から下落基調を強めましたが、タイのRSS3号オファー価格は7月31日から3営業日連続で176セントとなり、東京ゴムや上海ゴムの下落基調に反してオファー価格が下げ止まりを続けております。それにより、東京ゴムや上海ゴムの下落基調も限界点に達したのかもしれません。

現在の。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。

無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

トウモロコシ市場パート2

 11時時点では、東京トウモロコシ10円安、東京一般大豆180円安となり、東京一般大豆が5営業日続落となっております。

明日の米穀倉地帯は、全体的に降雨予報となっております。少し前までホット&ドライ観測による受粉障害が警戒されていた米穀倉地帯南部では、ウエザーサービスによるオクラホマ州の週間予報によると4~7日に降雨が予想されており、最高気温も26~34℃の予報ですから、作柄の改善が予想されます。作柄改善によりシカゴコーンにおけるファンドの手じまい売りが進めば、シカゴコーン12月限が昨年11月頃からの下値抵抗線を割り込む可能性も高まります。現在のシカゴコーン12月限の電子取引が378セント付近で推移していることから、あと4セント以上下落すれば、昨年11月頃から続く下値低線を割り込むことになり、テクニカルが悪化してファンドの手じまい売りが加速する可能性も高まります。

シカゴコーンにおけるファンドの買い越し枚数は、6月27日時点では「3万1008枚の売り越し」でしたが、7月11日から3週連続で「17万枚台の買い越し」へと激変しました。これは、米穀倉地帯南部へのホット&ドライ予報による受粉障害観測によるものです。しかし、米穀倉地帯南部での受粉障害もほとんどなかったことから、これからファンドの手じまい売りが加速する可能性もあります。
 米国産トウモロコシの収穫期が迫っており、これまでの天候が比較的安定していたことから、今年の天候悪化を予想してきた強気派投資家の焦りが広がりそうです。「下げ相場は警戒・悲観・失望・絶望の心理過程を経て底を打つ」という相場格言もあり、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。

無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。


シカゴコーンのファンドポジション







トウモロコシ市場

 シカゴコーンは、11月限までが旧穀限月、12月限からが新穀限月となります。シカゴコーンの普通のチャートは期近つなぎ足となり、この時期の期近つなぎ足は旧穀限月から新穀限月に切り替わった直後ですから、新穀限月の一代足チャートを見る方が実際の値動きは理解しやすいと思われます。

シカゴコーン12月限は、8月1日に375セントまで下落し、6月23日に記録した年初来安値まであと1セントに迫りました。そして8月2日のシカゴコーン12月限は2セント高となりました。また、シカゴコーン12月限の昨年11月の安値が375セント、昨年12月の安値が374セントですから、昨年11月頃からの下値抵抗線が374~375セント付近となっているようです。

シカゴコーン12月限の最安値は昨年8月31日の358セントですが、それは昨年の米国産トウモロコシが大豊作となった事で付けた安値でもあり、今年はそこまでの下落は難しいかもしれません。しかし、現在のシカゴコーンにおけるファンドの買い越し枚数が今年最高水準となる17万枚台まで膨れ上がっていることを考えると、天候プレミアムの低下に伴うファンドの手じまい売りが進めば、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。

無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。



シカゴコーン12月限の日足

※チャートの情報提供元は(株)エムサーフです。チャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフは一切の責任を負いません。


原油市場

 昨夜のNY原油は、米ガソリン需要の増加を好感して上昇しました。昨夜発表されたEIA週間石油在庫統計は、原油が300万バレル減予想に対して150万バレル減、ガソリンが63万バレル減予想に対して250万バレル減、ディスティレートが52万バレル減予想に対して20万バレル減となり、米原油生産が2万バレル増の日量943万バレルとなりました。製油所稼働率は、1.1%上昇の95.4%です。

 原油在庫の減少量が市場予想を下回ったものの、API発表値に反して減少となった事は好感されました。そして、米ガソリン需要が過去最高となったことが注目されました。

ゴールドマン・サックスは8月2日付けのレポートで、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。

無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

米石油製品在庫
米製油所稼働率
米原油生産

天然ゴム市場パート6

 現在の東京ゴムは、全限月が200~201円台となっており、タイのオファー価格による輸入採算価格を意識した水準となっているようです。現在の東京ゴムの水準は、上海ゴムの9月限より割高換算ですが、上海ゴムの1月限より割安換算となっております。そして、上海ゴム9月限の下落を手掛かりにファンドが売り越し枚数を急増させて東京ゴムの下げ足が速まったものの、ここにきてタイのオファー価格による輸入採算価格が下値抵抗となってきたようです。タイのRSS3号オファー価格(船積み価格)は、昨日時点で176セントです。これを円換算すると、1.76ドル×110.55円=約195円です。これに輸入諸経費を1kgあたり5円で計算すると、輸入採算価格が約200円となります。

 タイのRSS3号オファー価格は、7月7日に1kg=168セントまで下落しましたが、その後は下げ渋りを続けております。そして、上海ゴムや東京ゴムが1週間ほど前から大きく下落しましたが、それでもオファー価格の下落は限定的となっております。東京ゴムにおけるファンドなど外国商品先物取引業者経由の売り越し枚数が7月27日からの4営業日で2079枚も急増するほどのファンドによる売り崩しとなりましたが、ここからの東京ゴムは、オファー価格による輸入採算価格に下支えされると考えるべきかもしれません。
タイのオファー価格


みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事