松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

天然ゴム市場パート5

 中国の商品先物市場で最大級の売買高を誇る上海鉄筋は、中国主導で「一帯一路構想」について話し合われた国際協力首脳会議が閉会した15日から5営業日続伸で11%ほど上昇し、1カ月半ぶりの水準まで上昇しました。17日のNYダウが372ドル安となりましたが、それでも急伸を続けた鉄鋼関連銘柄やほとんど下落しなかった非鉄金属銘柄の地合いの強さが感じられました。

今週15日以降の中国人民日報を読むと、「一帯一路」に関するニュースの多さに驚かされます。一帯一路沿線国家の人気ショッピングや人気娯楽は何かとか、一帯一路沿線国家への観光がどのように変化するというコメントが目立ちます。また、一帯一路構想で中国の消費がどのように変化するとか、一帯一路沿線のインフラ投資がどのように行われるかとい記事も目立ちます。

中国の複数の国内航空各社は16日、沿線国家市場への輸送力拡大のための投資拡大を発表しました。また、日本通運は18日、中国と欧州の各主要都市を結ぶ国際鉄道輸送を5月中に大幅充実させることを発表しました。一帯一路沿線国家間の輸送能力を拡大させようとする民間企業の動きも活発化してきたようです。

トランプ政権が「米国第一主義」を掲げて2国間貿易協定を推し進めようとする流れに反し、中国が掲げる「一帯一路構想(現代版シルクロード構想)」により、ロシアやアジア、欧州、アフリカの広範囲で貿易を活発化させようとの流れが、中国主導で行われております。中国当局がリーダーシップをとってロシアやアジア、欧州、アフリカの広範囲の経済成長を牽引しようとしている姿勢に、中国人の多くが大きな期待を寄せているようです。中国人民日報からも、中国人の一帯一路構想に賭ける思いの強さが感じられます。鉄鋼や天然ゴム、非鉄金属の世界消費の3割強を中国が占めることから、インフラ関連銘柄でもある鉄鋼や天然ゴム、非鉄金属などの中国の資源銘柄は、しばらく堅調地合いを続けそうです。

天然ゴム市場パート4

  上海ゴムは、14:40時点で2.2%高の1万3855元まで上昇し、17日の終り値を上回りました。上海ゴムは、あと175元(1.4%)ほど上昇すれば、過去10営業日内での高値更新となります。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください

 

後場市況1

 日経平均株価が65円高、NYダウの電子取引が10ドル高付近で推移しております。ドル円は、この3時で30銭ほど円安に進みました。少しリスクオンの流れとなってきたようです。

シカゴVIX指数(恐怖指数)は、トランプ政権への不信任感の高まりで18日の米国市場で一時16.3ポイントまで高まり、現在は14ポイント付近で推移しております。恐怖指数は、4月17日にも16.28ポイントまで上昇しました。その時は、米軍のシリア空軍施設空爆や北朝鮮問題で恐怖指数が上昇しました。

 昨年の恐怖指数は、世界的な株価急落を受けて、1月と2月に30ポイント付近まで上昇しました。6月には、ブレグジットリスクの高まりで26ポイントまで上昇しました。そして、9月に20ポイント、10月に22ポイント付近まで上昇する場面もありました。昨年の恐怖指数の上昇から比べると、今回のトランプ政権への不信任感の高まりで恐怖指数が16ポイント付近まで上昇したことは、それほど問題視するレベルでもないのかもしれません。


恐怖指数
恐怖指数2


天然ゴム市場パート3

 上海ゴムは、1.4%高で前場を終えました。上海鉄筋は、3.1%高で前場を終えました。中国の商品先物市場で最大級の売買高を誇る上海鉄筋は、「一帯一路構想」について話し合われた国際協力首脳会議が閉会した15日からの5営業日続伸により1カ月半ぶりの高値まで上昇し、中国の資源銘柄全体が鉄鋼関連銘柄を中心として堅調地合いを続けております。

23日に提出される予算教書でインフラ投資支出が提案されることが、米行政管理予算局の高官からのコメントとして伝えられております。それによると、10年間で2000億ドルのインフラ投資支出となり、残りの8000億ドルのインフラ投資支出は、民間部門や州政府、地方自治体からの投資を促すことを目指すそうです。トランプ大統領が掲げてきた「1兆ドルのインフラ投資案」が23日に提出される予算教書で更に具体化すれば、インフラ関連銘柄への投資人気が再燃する可能性もあります。

浙江省政府当局者は、「1240億元相当の一帯一路関連の新たなプロジェクトを計画しており、その半分の資金をインフラ向けに投じる。」と述べております。そして、習近平国家主席は14日、一帯一路構想関連に1240億ドルを投じることを表明しました。また、中国国家発展改革委員会の寧副主任は、「将来的に対外投資の大半は一帯一路構想にかかわる国に向けられる。中国の対外投資は、今後5年間で6000億~8000億ドルに達する。」と述べております。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください

メール情報会委員の皆様に週間レポートを配信しております。

メール情報会委員の皆様に週間レポートを配信しております。
1231
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

      天然ゴム市場パート2

        上海ゴムは、1.6%高付近で推移しております。本日の中国の資源銘柄は、鉄鋼関連銘柄を中心に全面高となっております。

       昨日18日時点での東京ゴムのファンドなど外国商品先物取引業者経由のポジションは、売り玉が9188枚、買い玉が4942枚、4246枚の売り越しです。東京ゴムの総取組高が1万8346枚ですから、東京ゴムの売り玉の「半分」がファンドなど外国商品先物取引業者経由の売り玉となっております。ファンドなど外国商品先物取引業者経由の売り玉の占める割合がこれほど多いことを理解している投資家は少ないのかもしれません。

       ファンドなど外国商品先物取引業者経由のポジションは、230円台を大きく割り込んだ4月12日の224円付近から売り越しに転じ、その後の下落で売り越し枚数を急増させました。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
      無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください

       

      投資家ポジション

      みんコモコラムアワード2015
      ColumnAward 2015特別賞

      「特別賞」を受賞しました

      詳細はこちら
      重要事項
      通常取引を始めるにあたって
      スマートCXを始めるにあたって
      重要事項説明
      取引開始基準
      契約締結前交付書面
      金融商品取引法に基づく開示
      勧誘方針
      個人情報保護法
      反社会勢力へ対する基本方針
      免責事項
      *掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
      *弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
      *本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
      *本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
      *投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
      以上の点をご了承の上、ご利用ください
      最新記事