松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

海外市況

 昨夜のNYダウは、終始上昇を続け、421ドル高の1万7778ドルで取引を終えました。FOMC声明やイエレンFRB議長会見にて、ロシアの金融危機や原油暴落による米国経済への影響が軽微であることが示されたことが米国株を上昇させた模様。特に注目は、NY原油が昨日21時半頃からの4時間半で4.5ドルほど急落する中でもNYダウが上昇を続けたことかもしれません。S&P500は、2日間で4.5%の上昇となり、2011年11月以来最大の上げ幅となりました。ユーロドルやドル円は、比較的小動きで推移。

 NY原油の電子取引は、昨日18時ごろから2.3ドルほど急伸し、19時半頃に59ドル付近まで上昇しました。しかし、サウジアラビア石油相発言により下落に転じ、今朝4時ごろに54.3ドル付近まで下落し、現在は55.3ドル付近で推移。サウジアラビアのヌアイミ石油相は、「自国とOPECが原油の減産によって市場シェアを断念することは不可能でないにせよ、難しいだろう。原油市場は一時的な不安定状態に見舞われている。このような状況で、サウジあるいはOPECが自らの市場シェア縮小と他国のシェア拡大を招きかねない行動を取ることは不可能でないにせよ、難しい」と述べたことが引き金となり、原油市場が大きく崩れました。

 NY金の電子取引は、昨日18時半頃から15ドルほど急伸し、19時ごろに1214ドル付近まで上昇しました。しかし、その後の原油価格の急落に追随し、1192ドル付近まで急落しました。金相場は、「リスクヘッジとしての金」や「インフレヘッジとしての金」や「ドルの代替銘柄としての金」という特性があるものの、最近の金相場は、原油価格の暴落を受けて「インフレヘッジとしての金」が注目され、NY原油急伸でNY金が上昇し、NY原油急落でNY金も急落する傾向があるようです。



東京ガソリンの15分足
ガソリン金の15分足

東京金の15分足
東京金の15分足

情報提供 : (株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

後場市況2

12月18日

後場市況2

 NYダウの電子取引は、今朝から横ばいを続けていたが、16時ごろからの2時間半で130ドルほど急伸しました。ロシアの株価指数(RTS指数)やルーブルが上昇して始まり、共に2日続伸となったことから、マーケット全体がリスクオンの流れとなってきたようです。NY原油の電子取引は、今朝から56.7ドル付近で横ばいを続けていたが、この30分間で58ドル付近まで1.3ドルほど急伸しております。シカゴコーンの電子取引も今朝から小動きを続けていたが、この1時間半で4セントほど上昇し、今月15日に記録した今月高値を更新しました。ドル円も18時ごろから上昇に転じております。

 18時半時点で東京金1円安、東京白金1円安、東京ガソリン940円高、東京ゴム0.6円高、東京とうもろこし160円高です。

 NYダウが今月8日から1000ドルほど下落し、米国株の急落を中心としてマーケット全体がリスクオフの流れとなりました。しかし、昨日のNYダウが288ドル高となり、米国株の上昇を中心としてマーケット全体がリスクオンの流れとなってきた模様。これまで原油の暴落に加え、ロシアの株式やルーブルの暴落などがマーケットを圧迫しました。しかし、ここにきて原油が下げ止まりの様相を呈しており、ロシアの株式とルーブルが2日続伸となってきたことから、これまで下落を続けた銘柄に対する反発に警戒するところかもしれません。

後場市況1

 先ほど取引が開始されたロシアのルーブルは、対ドルで。。。。。。。。この内容の続きは会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み


ドル円の15分足
ドル円の15分足

情報提供 : (株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

中国とうもろこし事情

 中国農業省当局者から口頭で通知を受けた関係者らによると、中国農業省が米国の遺伝子組み換えトウモロコシの輸入解禁を認めたことが伝えられております。これまで中国は、米国から輸入されたとうもろこしに非認可とされている「MIR162」が含まれていたとして、米国産遺伝子組み換えトウモロコシの輸入を拒否していました。米農務省の予測によると、2015年9月までの穀物年度の中国のトウモロコシ輸入は200万トンと、4年ぶりの低水準となる見込みです。しかし、遺伝子組み換えトウモロコシの輸入が解禁されれば2倍の400万トンに膨らむ可能性もあるだけに、とうもろこし市場にとってサプライズとなりそうです。

上記は、昨日製作した「後場市況1」のコメントの一部です。

 

中国の検疫当局は、「DDGS」と呼ばれる飼料用原料に対して今年6月に米国からの輸入を禁止しました。その理由は、中国当局が認可していない遺伝子組み換えトウモロコシである「MIR162」が含まれている可能性が高いということが原因とされております。中国は、米国に次ぐ世界第2位のとうもろこし消費国であり、年間約700万トンのとうもろこしを輸入しております。

シカゴコーンは、豊作観測により今年5月頃から下落に転じました。そして6月になり中国の輸入禁止の影響を受けて下げ足が早まりました。シカゴコーンは、6月頃の4.5ドル付近から9月末に3ドル付近まで下落しました。しかし、米国産とうもろこし飼料用原料の輸入禁止を実施した中国では、翌7月から大連とうもろこしが上昇に転じ、2290元付近から8月になると2400元付近まで上昇しました。その後も高値で推移していたことから、中国がここに来て米国産とうもろこし飼料用原料の輸入解禁に踏み切った模様。「下落を続けるシカゴコーンに対し、高騰する中国とうもろこし」という構図と、シカゴコーンと大連とうもろこしの価格差拡大を考えると、今後、中国による米国産とうもろこし飼料用原料の輸入が加速し、シカゴコーンが上昇を続ける可能性もあるのではないでしょうか。


シカゴコーンの日足
シカゴコーンの週足

情報提供 : (株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

ゴム市場「ゴム価格暴落の爪あと」

 インドの11月の天然ゴム需給は、前年同月比で輸入が19%増の3万3156トン、消費量が12%増の6万4000トン、生産が25%減となりました。インドは、マレーシアに匹敵するほどの天然ゴム生産大国ですが、約12億人の人口を有する大国であることから、自国生産で自国消費を賄うことが出来ません。

インドの天然ゴム消費が急増した理由は、同国の経済成長にあります。インドでは、今年5月に新政権が誕生し、インフラ拡大を主軸とした経済対策により経済成長率が加速しております。同国株価指数(センセックス指数)は、今年4月頃から最高値更新を続けております。大手投資銀行であるゴールドマン・サックスの今月のレポートでは、「2017年にインドのGDPが中国を上回る」との見通しを発表しております。そのレポートでは、「新政権発足から半年ですでに投資サイクルに弾みがつき始めたようで、投資を促進する改革は継続できると考える。」と説明しております。インドの天然ゴム需要は、今後も増加傾向を続けることが予想されます。一方、中国の2014年1~10月の天然ゴム輸入量が、前年同期比13.47%増の210万7700トンとなり、中国の天然ゴム需要も堅調に推移しております。

インドでは、11月の生産が25%減少し、それに対して消費が12%増加したことにより、11月の同国天然ゴム輸入が急増することとなりました。天然ゴム価格が生産コストを大きく下回ったことで収穫作業(タッピング)を放棄する生産農家が増加したことにより、11月の同国天然ゴム生産が大幅に減少しました。マレーシアでも10月の天然ゴム生産が前月比21%減の4万7564トンとなりました。インドネシアでは、10月頃からタッピングを放棄する生産農家がメダンやパレンバン、パダン、パンジャン、ジャカルタにまで拡大していることなども報告されております。国際天然ゴム生産国連合(ANRPC )は今月、2014年1~11月の世界の天然ゴム生産が997万トンと発表しております。また、同連合は、2014年の世界の生産高が前年を7.6%下回る1032万トンとの見通しも発表しております。

10月頃ごろから天然ゴム生産が加速度的に減少しているが、需要に関しては、インドや中国を中心として堅調に推移しております。天然ゴム価格が生産コストとされる水準を今年8月頃から割り込み始め、その後も下落を続けたことにより、「ゴム価格暴落の爪あと」がダイレクトに生産高減少に結びついているようです。そして、いまだに産地現物価格が生産コストとされる水準を割り込んでいることによりタッピングを放棄する生産農家が増えております。今後の天然ゴム相場は、需給逼迫を材料に長期上昇に転じる可能性があります。



東京ゴムの週足
東京ゴムの週足

情報提供 : (株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

原油市場「原油暴落の爪あと」

 年末に原油価格が暴落したことにより、米国やカナダの石油生産大手各社が2015年の設備投資削減を相次いで発表しております。米石油大手のシェブロンは17日、カナダ北極圏ボーフォート海での原油掘削計画を取りやめる方針を表明。シェブロンは書簡で、ツクトヤクツクの北西約250キロにある鉱区での掘削計画を無期限に延期すると発表しております。米石油開発大手のマラソン・オイルは17日、2015年の設備投資額を前年比で20%削減することを発表。カナダの石油大手企業のハスキー・エナジーとMEGエナジー、ペン・ウエスト・ペトロリアムは17日、2015年の設備投資予算削減を表明。これまでセノバス・エナジーやトルマリン・オイル、カナディアン・オイル・サンズ、ホワイトキャップ・リソーシズなども設備投資削減を表明しております。

 新たな油田採掘には莫大な資金が必要であり、現在の石油価格では設備投資に対するリスクが高すぎるようです。WTI原油が56ドル台では、米シェールオイルの井戸元価格が45ドル前後にまで低下していることから、現在の原油価格では米シェールオイル油田の大半が生産コスト割れとなっている状態です。ここに来て米国やカナダの石油生産大手が2015年の設備投資削減を相次いで発表していることから、今後発表される石油生産見通しの下方修正が予想されます。年末になり相次いで石油生産大手が設備投資削減を表明していることから、原油価格の急反発に注意するところに来ているのかもしれません。


NY原油の週足
NY原油週足

ブレント原油の週足
ブレント原油週足

情報提供 : (株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。


みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事