松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

海外市況

 NYダウは60ドル高の1万7039ドルとなり、1か月ぶりに1万7000ドル台に回復。S&P500は0.3%高の1992ポイントと最高値を更新し、2000ポイントの大台に迫った。週間新規失業保険申請件数が前週の31.1万件から29.8万件へと減少し、市場予想平均の30.0万件を下回った。フィラデルフィラ連銀製造業景気指数(8月)が前月の23.0ポイントから28.0ポイントへ大幅上昇となり、市場予想平均の19.5ポイントを大きく上回った。米中古住宅販売件数(7月)が前月の504万件から515万件へと増加し、市場予想平均の502万件を上回った。7月の米景気先行指数(総合)が前月の0.3%から0.9%へと上昇し、市場予想平均の0.6%を上回った。米経済指標の多くが市場予想を上回る内容となり、マーケット全体がリスクオンの流れとなりました。

 金市場は、リスクオンの流れに圧迫されて失速し、2か月ぶりの安値を付けた。ドル高によるドルの代替銘柄としての金投資の魅力が後退する流れに、株高を中心としたリスクオンの流れが加わり、金市場を圧迫し続けております。しかし、ドルの相対力指数(14日)では、対円で76ポイント、対ユーロで75ポイントにまで上昇しており、最近のドル高ペースに警戒感も高まっているようです。また、S&P500が最高値を更新して1992ポイントにまで上昇しており、2000ポイント到達となれば、達成感から米国株式市場への利益確定の流れにも警戒が必要かもしれません。ドル高と株高という逆風が吹き続けている金市場ですが、早すぎるドル高や株高のペースに警戒感が高まっている事は注目かもしれません。

 NY原油市場は、前場の取引で2ドルほど上昇し、後場から50セントほど失速。複数の米経済指標が予想以上に良好な内容となった事や、S&P500が最高値を更新した事から、リスクオンの流れに乗って原油市場も上昇。

 本日は、イエレンFRB議長がワイオミング州ジャクソンホールで開かれている年次シンポジウムで労働市場について講演します。ただ、前日のFOMC議事録(7月29~30日分)でFRB議員の一様な意見が伝わっているだけに、今夜のイエレンFRB議長の演説に新鮮味が感じられないかもしれません。

金市場分析「インドでの金投資の魅力が半減」

 インド最大の精錬会社であるMMTC-PAMPインディアは、インド政府による金輸入抑制策が恒久措置となる可能性が高いとの見方を示しました。その理由として、インドが引き続き経常赤字削減を目指していることを理由として挙げております。業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)が今月発表したデータによれば、インドの金輸入は1~6月(上期)に44%減少し、350トンとなったことが発表されました。インドは、中国に次ぐ金消費国なだけに、同国の金輸入の減少が金相場を圧迫している模様。

 インドでは、金輸入抑制策の継続が、同国の金輸入を低下させているだけではなく、金投資そのものの魅力が半減しているとの指摘もあります。インド株価指数(インド50)は、今週になり連日のように史上最高値を更新しております。インド50株価指数は、2013年8月に5100ポイントにまで下落したものの、その後1年間も強力な上昇トレンドを継続させ、現在は7925ポイントにまで上昇して史上最高値を更新中です。インド株価指数が1年間で55%ほどの上昇となったことを受けて、同国内の株式投資人気に火がついている模様。それに対して、この1年間でほとんど上昇出来なかった金相場の魅力が同国内で半減している事は仕方がないことかもしれません。

 中国の上海総合株価指数は、近年の安値水準でもある2000~2100ポイント付近で年初より横ばいを続けていたものの、7月下旬から上昇トレンドを形成し、今週になり連日で年初来高値を更新しております。それに対して中国の金需要は、WGCの今月14日の発表では、4~6月に前年同期比で52%減少し192.5トンとなったことが発表されております。中国でもようやく株式市場が活況になり始めている事から、同国での金投資の魅力も、活況な株式市場の前では色あせてしまいます。中国とインドの金需要は、世界全体の半分を占める事から、両国内の株式市場が活況の様相を呈している間は、同国内での金投資が減少を続けることも仕方がないことかもしれません。しばらくは、中国とインドの株式市場の様子を眺めながら、両国の株式市場が下落基調に転換してから金相場に注目する事も一考かもしれません。

原油市場分析

 NYダウは、先月下旬ごろから急落を続けたものの、今月8日から急反転して安値から750ドルほど上昇し、昨日時点で1万6979ドルまで上昇。NYダウもS&P500も最高値に迫る動きを見せているものの、それでも失速を続ける原油市場の地合いの悪さが気になります。昨夜のNY原油は、予想外の在庫減を好感して小幅上昇に転じたものの、この2か月間で15ドルほど下落したトレンドは継続されている模様。イスラエルやイラクなど中東の地政学的リスクの高まり、ロシア・ウクライナ問題によるロシアからユーロ圏へのエネルギー供給への不透明感など、原油市場をサポートする要因が複数あるものの、米国や大西洋周辺国での在庫のダブつき、ユーロ圏経済の成長鈍化など、在庫の多さや需要の弱さが原油市場の圧迫要因となっている模様。

 ここにきてリビアからの石油供給に新たな動きが見られたようです。イタリアの石油タンカーが20日未明、リビアのエスシデル石油ターミナルに到着。同タンカーは約60万バレルの原油を積み、イタリアのトリエステ港に向かう模様。この石油ターミナルはリビア最大であり、2013年7月以降、武装勢力の掌握により石油輸出が滞っておりました。また、来週には日量15万バレルを生産する油田「ワハ」を中心に、エルシデル石油ターミナルに供給するための採掘が再開されるようです。リビア最大の油田「シャララ」も生産を再開しており、複数の輸出港が稼働するようになり、リビア全体の原油生産量は現在、日量55万バレルと、5月下旬に比べ4倍近くに増加。まだ2~3年前の3分の1程度の輸出量ですが、主力ターミナルからの石油輸出が13か月ぶりに開始される見通しとなり、主力油田も稼働再開している事から、輸出量が今後も増加することが予想されます。

 内部要因では、NY原油のファンドなど大口投資家の買い越し枚数が今年6月に過去最高を記録したものの、その後、7週間連続で減少を続けており、ファンドの手仕舞い売りの勢いが止まりません。ファンドの買い越し枚数が過去最高を記録してからの手仕舞い売りの流れですから、こうした流れに逆らわない方がいいのかもしれません。ウォール街の古いことわざでは、「落ちてくるナイフは掴むな、床に突き刺さったナイフを拾え」とあるように、この2か月間で15ドルほど下落しているNY原油は、「落ちてくるナイフ」であり、床に突き刺さってから買い拾うことが懸命ではないでしょうか。また、過去最高のファンド買い越し枚数から7週間連続で手じまい売りが続いている事からも、「床に突き刺さったナイフを拾え」の如く、ファンドの手仕舞い売りが止まってから買い拾う事も一考ではないでしょうか。

白金市場分析「ファンドの大量な因果玉がNY白金を重くしている」

 東京金がこの2か月間ほど横ばいを続けているものの、東京白金がその間に高値から180円ほど下落し、ここにきて下げ足がやや早まってきました。一時は、南アフリカの白金鉱山大手3社が5か月間近くもストライキを続けて注目を集め、それを受けてファンドが大量買いを続けたものの、価格がそれほど上昇出来なかった反動が出始めたのかもしれません。NY白金のファンドなど大口投資家の買い越し枚数は、今年7月に約4万8千枚にまで膨らみ、13年1月以来の大量買い越し枚数となりました。7月15日時点でNY白金の総取組高7万2433枚に対して大口投資家の買い玉が5万6238枚(買い越し枚数では4万8650枚)にまで達し、大口投資家の買い玉が買い玉総数の約78%を占め、異常なほどにファンドの買いが増加しました。年明けには2万枚程度であった買い越し枚数が7月には約4万8千枚にまで膨らみ、現在(8月12日時点)でもまだ4万6934枚と高水準な買い越し枚数を維持しております。現在のNY白金価格は、年初とほぼ同等な水準なのですが、年初よりファンドの買い越し枚数が2万7千枚ほど増加しており、結論から言うと、ファンドの大量な買い玉が高値掴みしてしまったという事になります。

 以前にも今回のようにファンドの買い越し枚数が膨れ上がったことがありました。NY白金が12年8月の3500ドル付近から13年2月の5300ドルまで上昇し、ファンドの買い越し枚数が4万5千枚付近まで膨れ上がりました。1800ドル幅も上昇する過程でファンドの買い越しが4万5千枚ほどにまで膨れ上がったのですから、その時のファンドの買い進みは「成功」と言えるでしょう。しかし、今回は、ファンドが年初より大量の買い進みを演じたものの、現在値が年初とほぼ変わらないのですから、ここにきて買い方ファンドの失望売りが出始めたという事でしょうか。前回の13年1月にファンドの買い越しが4万5千枚ほどにまで膨らんだ時は、その後のファンドの手仕舞い売りと共にNY白金が4か月間で1200ドルほどの急落を演じました。年初よりファンドが記録的な買い進みを演じたものの、NY白金がほとんど上昇出来なかった事は事実であり、大量に膨れ上がったファンドの買い玉の整理が、今後のNY白金市場の課題かもしれません。

 ファンドの買い越し枚数が7月15日に4万8655枚にまで達したものの、現在(8月12日時点)でも4万6934枚にまでしか減少しておらず、いまだファンドの大量買いが居座っております。ファンダメンタルズ的には、世界生産の約半分を占める南ア白金鉱山大手3社が1月から5ヶ月にわたり続いたストライキを実施したインパクトは大きかったのですが、鉱山会社の備蓄在庫が市場予想を大きく上回っていた為に上値が抑えられる事となりました。すでにストライキが終結しており、先月後半ごろからファンドの手仕舞い売りが少し出始めております。しばらくは、ファンドの手仕舞い売りに押される展開が続くのかもしれません。しかし、ゴールドマンサックスは先月、白金の採算価格を1425ドルと発表しており、この水準を割り込むと、コスト割れ懸念からの値ごろ買いが出てくる事も考えられます。現在のNY白金の電子取引が1425ドル付近で推移しており、ちょうど現在値が、ゴールドマンサックスが示した「生産コスト」という水準になるようです。そうなると、コスト意識からファンドの手仕舞い売りが更に遅れることも考えられます。現在のNY白金市場の買い玉総数の約78%がファンドの買い玉であり、それら買い玉の値洗いが芳しくないことを考えると、しばらく上値が重い展開が続き、ファンドの手仕舞い売りとともにじりじりと失速する事も考えられます。簡単に言えば、NY白金市場では、ファンドの買い玉が記録的な枚数にまで膨れ上がっており、それらの多くが「因果玉」となっているのです。そうしたNY白金市場の内部要因を理解した上で、今後の白金市場を考える必要があるのかもしれません。

前場市況2「ドル円が103.96円」

 ドル円が9時ごろから上昇を続けており、現在は103,88円付近で推移し、一時103.96円付近まで円安が進みました。昨日12時ごろに103円台に突入した円相場がいつのまにか104円台目前となっております。11:10時点、東京金5円高、東京白金13円安、東京ガソリン560円高、東京ゴム3.0円高、東京トウモロコシ20円安です。

10:45に発表された中国のHSBC製造業PMI(8月)は50.3ポイントとなり、市場予想平均である前51.5ポイントを下回り、前月の51.7ポイントから大きく低下して8か月ぶりの低水準となりました。NYダウの電子取引は今朝から小動きです。日経平均は130円高付近、上海総合株価指数は0.4%安付近で推移。8月のHSBC製造業PMIが予想以上の低下となったものの、中国株の下落が小幅にとどまっており、経済成長の鈍化により政府が景気刺激策を講じるとの見方が中国株の下落を小幅に留めている模様。上海銅1.9%高、上海亜鉛1.0%高、上海ゴム1.1%高付近で推移しております。特に上海ゴムは、HSBC製造業指数の発表を受けて一時0.4%高付近まで軟化したものの、現在は本日の高値付近で推移しております。

前場市況1「上海ゴム急騰の可能性」

 ドル・円は、今朝5時前に一時103.85円まで円安が進み、現在は103.77円付近で推移。昨日15時半比60銭の円安となり、東京商品取引所銘柄は総じて堅調に推移。特に東京ゴムの上昇が目立っており、一時4.4円高の203.7円まで上昇。9:25時点では、東京金2円高、東京白金19円安、東京ガソリン440円高、東京ゴム3.3円高、東京トウモロコシ30円安です。

 昨日の夜間取引で上海銅が2.49%高、上海亜鉛が1.47%高となり、上海非鉄金属銘柄が全体的に急騰しました。先月下旬ごろからダウントレンドを続けていた上海非鉄金属銘柄ですが、週明けから続伸を続け、昨日の夜間取引で大幅高を記録しました。それにより日本時間10時から始まる上海期貨交易所の非鉄金属銘柄は、昨夜の夜間取引での急騰を受け継いで取引が始まることが予想されているようです。上海期貨交易所の大半の銘柄が非鉄金属銘柄であることから、同取引所の花形銘柄でもある上海ゴムも急騰する可能性が高まっております。特に上海ゴムは、先週14日に5年ぶりの安値を記録した直後なだけに、反動高に警戒するところかもしれません。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事