松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

米株式市場

 NYダウの電子取引は、9月19日に1万7277ドル付近まで上昇したものの、その後下落を続け、19日の高値から1000ドルほど下落しております。テクニカル的には、8月8日の安値(1万6210ドル)付近まで下落したことで下値抵抗が高まることが予想されます。そして今週14日から週末にかけて多くの決算発表が予定されております。前回の第2四半期決算発表では、堅調な米国経済の成長が示される内容の決算発表となり、米国株を大きく押し上げる要因となりました。

昨日は、JPモルガン・チェース、ウエルズ・ファーゴ、シティーグループなど10社ほどの決算発表が行われました。JPモルガン・チェースの決算は黒字に転換したが、純利益はアナリスト予想を下回ったことから株価が0.29%安。シティーグループの決算は、アナリスト予想を上回る6.6%の増益となり、株価が3.15%高。ウェルズ・ファーゴは、純利益がアナリスト予想を上回ったものの、収益の柱である住宅ローン事業の減速が続いていることが嫌気されて株価が2.73%安でした。昨日のNYダウは小動きで推移し、5ドル安の1万6315ドルで取引を終えました。

16日は、デルタ空港、マテル、ゴールドマン・サックス・グループ、IBM、ブラックロック、ノーザン・トラスト、アメリカン・エキスプレスなど25社の決算発表が予定されております。17日は、ユナイテッド・ヘルス・グループ、フィリップ・モリス・グループ、モルガン・スタンレー、ハリバートンなど32社の決算発表が予定されており、今回の第3四半期を占う上で重要なポイントとなります。また、来週20日は、ハリバートンなど5社、21日はボーイングなど26社、22日はUSバンコープなど38社、23日はキャタピラーなど67社、24日はフォード・モーターなど75社の決算発表が予定されております。特に来週21~24日の4日間で計207社ほどの決算発表が予定されており、S&P500採用企業の4割ほどの決算発表が発表されることから、今回の第3四半期決算発表の山場となります。

最近のNYダウは、弱い世界経済成長が米国の経済成長の妨げとなることが懸念されて下落を続けております。これからはじまる決算発表ラッシュで、再び強い米国経済成長を示すほどの決算発表となるのかが注目されております。


NYダウの日足
1015nydau

ユーロドルの日足
1015yuurodoru

情報提供 : (株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

海外市況

NYダウは、5ドル安の1万6315ドル。NYダウの電子取引は、9月19日の高値(1万7277ドル)から一時1万6200ドルまで1077ドルほどの下落となり、8月8日の安値(1万6210ドル)付近まで下落したことで下値抵抗が高まってきた模様。ドル円は、昨日15時半比で15銭の円高。ユーロドルは下落した。ユーロ圏鉱工業生産(8月)は、前月の前月比1%に対してー1.8%に低下し、市場予想平均のー1.6%を下回った。ユーロ圏ZEW景況感調査(10月)は、前月の14.2ポイントから4.1ポイントにまで低下。ドイツのZEW景況感調査(10月)は、前月の6.9ポイントからー3.6ポイントにまで低下し、市場予想平均の0.0ポイントを下回った。ユーロ圏の冴えない経済指標の発表が、ドル買い要因となり、株式市場を圧迫した模様。

 昨日15時半比でNY金の電子取引が5ドル安、NY白金の電子取引が11ドル安となっており、ドル高に貴金属市場が圧迫された模様。

 昨日15時半比でNY原油の電子取引が2.5ドル安、ブレント原油が3.5ドル安付近で推移しており、国際エネルギー機関(IEA)からの見通しに圧迫されて暴落。IEAは、今年の石油需要は2009年以来の小幅な伸びにとどまるとの見通しを示しました。NY原油の電子取引は、85ドル付近から一時81.3ドル付近まで下落し、現在は82.3ドル付近で推移。ブレント原油は、89ドル付近から一時84.8ドル付近まで下落し、現在は86.0ドル付近で推移。

NY原油の日足
1015nyoil

ブレント原油の日足
1015iceoil

情報提供 : (株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。


今週末のセミナーのご案内

北浜の虎でおなじみのアナリストが還ってきた!美女と虎が語る為替、商品市場の行方!

isikawamatunagatin

【2014/10/18(土)13:00~】
場所:芝公園フロントタワー貸会議室3F RoomA
講師:石川久美子氏、松永英嗣

【2014/10/21(火)18:30~】
場所:飯田橋スクエアビル7F(サンワード貿易本社)
講師:松永英嗣、陳 晁熙(ちん ちょうき)

各日程定員:60名  無料セミナー
*定員を超える申し込みがあった場合には抽選となります。予めご了承ください。


ファンダメンタル派必見!?
外為どっとコム総研の石川久美子氏とサンワード貿易㈱専属アナリスト北浜の虎こと松永英嗣が
世界の経済ニュース、トレードポイントを解りやすく解説!
投資マーケットに影響を与える日米経済政策・世界の経済ニュースをひも解けば
トレードのポイントが見えてくる!?
あなたも年末に向けて、商品、株式、FX等トレードのツールを増やしてみませんか?!

10月21日は続編ではなく
更なるトレードの進化を求めるあなたに!!

ファンダメンタル分析の松永英嗣とテクニカル分析の陳の2部構成。
第2部では元予備校講師、異色の理数系トレーダー陳、登場!
LIVEで魅せます!投資家必見のリアルタイムトレーディング。
勝てる人と勝てない人にはそれなりの理由がある!! 今後活用できるテクニカル分析と売買手法を大公開!!!

※内容・タイトルは予告なく変更になる場合がございます。

btn_02_on[1]
お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ
0120-301-052
※お客様の個人情報は、弊社サンワード貿易(株)及び主催社サン・セールス&マーケティングの業務における調査、情報提供、ご案内に利用し、弊社のプライバシーポリシー及び主催社のプライバシーポリシーに基づき、適切に取り扱いいたします。※本セミナーは弊社が扱う商品先物取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)の情報提供、勧誘を目的として開催しております。※本セミナーは途中退室自由です。※商品先物取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)は相場変動等により元本を上回る損失が生じるおそれがあります。※本セミナーは、相場の動向や売買による利益を示唆または保証するものではありません。投資に関しての最終判断はあくまでもご自身でご決定ください。


講師プロフィール

isikawa
【石川久美子氏プロフィール】
㈱外為どっとコム総合研究所研究員。
千葉大学法経学部総合政策学科卒業。 
㈱商品市況研究所(商品先物専門誌「日刊デリバティブジャパン」他発行)の貴金属および外国為替相場担当の編集記者として、新聞や雑誌、ラジオ等で活躍する。
相場分析、レポート執筆の他、同社動画コンテンツ「外国為替市況」のキャスター等も務める。


matunaga
【松永英嗣プロフィール】
サンワード貿易㈱専属テクニカルアナリスト。
1965年大阪生まれ。業界歴25年。
23年前にすでに歩合外務員として独立し、関西・阿波座筋のルーキーとして頭角を現し、穀物相場を中心に手掛け、その後、法人部時代には、ガソリン・ゴムなど工業品銘柄を主体として商社・当業者・投機筋などへ深く係わり、特殊知識をさらに広めた。
その頃は、先物業界紙・貿日新聞の「天地人のコラム」を長年掲載し続けており、その後、ホームページの「北浜の虎」を立ち上げて10年目に突入。
最近、ブログ名を、「北浜の虎」から「松永総研」に改名。
そうして、「天地人コラム~北浜の虎~松永総研」で計15年間ほど
日々最新情報の配信を続けてきた。
ブログ: 
http://matsunagasouken.blog.jp/


tin
【陳 晁熙(ちん ちょうき)プロフィール】
サンワード貿易㈱専属テクニカルアナリスト。
東京理科大学理学部応用数学科卒。
予備校講師(数学科)を経て商品先物業界に入る。
商品先物市場と外国為替市場において調査、企画、運用等を担当し、現職に至る。
テクニカル分析を主体に、背後にあるファンダメンタルズを併せて分析し、新聞、メディア等に寄稿。
著書に「個人投資家のための穀物取引入門」、「個人投資家のための貴金属取引入門」(いずれも共著)。 日本テクニカルアナリスト協会検定取得。
ブログ: 
http://meister.blog.jp/


ご来場者特典として
弊社アナリストが独自に調査・分析した最新のレポートをプレゼント致します。
賞品付値段当てゲームを開催します。詳細は当日までのお楽しみ♪


btn_02_on[1]


2014年10月18日(土) 12:30開場 13:00開演 16:30終了 予定
*陳 晁熙(ちん ちょうき)は10/21(火)のみの登壇になります。
芝公園フロントタワー貸会議室
東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー3階RoomA [地図]

2014年10月21日(火) 18:00開場 18:30開演 21:00終了予定
*石川久美子氏は10/18(土)のみの登壇になります。
飯田橋スクエアビル7F(サンワード貿易本社)
東京都新宿区下宮比町3-2 飯田橋スクエアビル [地図]
定員60名(各日程)
※定員を超える申込があった場合には抽選となります。予めご了承ください。
参加費用無料
主催サンセールス&マーケティング株式会社
協賛サンワード貿易株式会社  ㈱東京商品取引所



トウモロコシ市場

先週10日の米農務省による需給報告では、

201415年度    (今回の発表)   ( 9月の見通し

作付面積       9,090万エーカー ( 9,160万エーカー)

単  収         174.2 Bu  (    171.7 Bu)

期初在庫       123,600万Bu ( 118,100万Bu)

生  産      1447,500万Bu 1439,500万Bu)

供給合計      1573,600万Bu 1560,700万Bu)

消費合計      1365,500万Bu 1360,500万Bu)

期末在庫      200,200万Bu ( 180,800万Bu)

供給合計が1億2900万Buも上昇され、消費合計が5000万Buほどの上方修正に留まり、期末在庫が大幅に上方修正されたことにより、10日のシカゴコーンが3.41ドル付近から3.34ドル付近まで下落しました。しかし翌13日のシカゴコーンが3.47ドル付近まで上昇したことにより、現在の電子取引では、先週末15時半比5セント高の3.47ドル付近で推移。10日の需給統計は、かなりの弱材料となる内容でしたが、翌13日のシカゴコーンが上昇に転じております。弱材料に反して上昇に転じてきたことから、シカゴコーンの地合いが強まってきたと見るべきかもしれません。シカゴコーンは、5月9日の5.19ドル付近の高値から10月1日の3.18ドル付近の安値まで強烈なダウントレンドを形成しました。しかし、その後じり高を続けており、この2週間で安値から29セントほど上昇していることから、底入れから上昇基調に転じているのかもしれません。相場格言では、「上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売り」という格言があり、今回の需給報告では「上り坂の悪材料は買い」と受け止められたのかもしれません。

世界的なファンドマネージャーであるスチュアート・ウォールトン氏の名言として、「ファンダメンタルズ的な要素はおそらくたった25%程度でしょうね。25%はテクニカル的な要因でしょう。マクロのニュース、個別材料などの異なる情報に株価がどう反応するか、これが25%。相対的な市場動向に対する私の直感が残りの25%です。」という名言があります。ウォールトン氏は、「個別材料などの異なる情報に株価がどう反応するか、これが25%」と述べておりますが、「材料に対するマーケットの反応」がいかに大切かを述べているのです。今回の需給統計でもシカゴコーンが上昇に転じてきたことは、重要なマーケットの反応と考えるべきかもしれません。


シカゴコーンの日足
1014siikagocoon3

シカゴ大豆の日足
1014sikagoaizu3

情報提供 : (株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

原油市場

 NY原油のCFTC建玉明細では、ファンドなど大口投資家の買いこし枚数が前週比2263枚減の29万3683枚となり、5週連続で小幅増減となりました。6月末に買いこし枚数が45万枚付近まで膨れ上がり、7月上旬から激減を始め、9月上旬から小幅増減に留まっていることから、ファンドの手仕舞い売りが8月下旬ごろに一巡した可能性もあります。しかしNY原油は、9月上旬~下旬に90~95ドル付近で推移していたものの、今月になって下げ足を早め、10月10日に83.6ドル付近まで下落しました。NY原油は、6月20日の107.7ドル付近の高値から10月10日の83.6ドル付近の安値まで4ヶ月弱で24ドルほどの下落をしていることから、テクニカル的な下値警戒を強める必要があるのかもしれません。


NY原油の大口投資家による買いこし枚数
1014cftcnyoil

NY原油の日足
1014nyoil2

情報提供 : (株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

白金市場「CFTC建玉明細」

 NY白金のCFTC建玉明細によるファンドなど大口投資家の買いこし枚数は、前週比712枚増の2万4379枚となり、9週間ぶりに増加に転じました。NY白金の大口投資家による買いこし枚数は、7月上旬に5万枚ほどにまで膨れ上がったものの、その後じりじりと減少を続け、9月上旬からのNYパラジウム暴落の影響を受けて激減となり、9月30日時点で買いこし枚数が2万3667枚にまで減少したが、ようやくファンドの手仕舞い売りが一巡し、ここに来て新規買いをはじめた模様。NYパラジウムの大口投資家による買いこし枚数も9月9日の3万90枚から9月30日の2万922枚まで激減を続けたが、10月7日時点で前週比1031枚増に転じており、こちらもファンドの手仕舞い売りの流れが一巡した模様。特にNYパラジウムは、9月2日時点の912ドル付近から10月3日時点の753ドル付近まで1ヶ月で160ドルほどの急落を演じただけに、下値抵抗が高まったようです。


NY白金の大口投資家の買いこし枚数
1014cftchakkin

NYパラジウムの大口投資家による買いこし枚数
1014cftcparaji

NY白金の日足
1014nyhakkin

NYパラジウムの日足
1004nyaji

情報提供 : (株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。


みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事