日米の経済成長率が鈍化傾向にあり、ユーロ圏経済が景気後退も視野に入るほど低調なだけに、コモディティー市場全体が冴えない環境にあります。先週発表された米国の物価指数の伸びが鈍かったことも、コモディティー市場への圧力となっております。米商品市場最大の取組高を誇るNY原油市場では、全米在庫のダブつきが目立ち、大西洋諸国の原油在庫のダブつきも目立っております。ウクライナや中東の地政学的リスクの高まりが原油市場の下落に幾分ブレーキをかけているとはいえ、この1か月間で高値からNY原油で12ドル、ブレント原油で14ドルほど下落。また、金相場においても、4~6月期のアジアの金需要が46%減の470.9トン。4~6月期の世界の金需要が964トンとなり、前年同期の1148トンから16%減少。金需要の世界的な落ち込みが目立っておりますが、地政学的リスクが金需要の落ち込みを何とか相殺させているようです。「人の噂も75日」と言われるように、ウクライナ問題も長期化してきたことで、新鮮味がなくなってきたように感じられます。また、コモディティー市場全体の人気離散が米商品市場のCFTC建ち玉明細でも明らかとなっております。

CFTC建ち玉明細では、金、白金、原油の買い越し枚数が、1か月ほど前のピーク時か減少傾向を続けております。NY金におけるファンドなど大口投資家の買い越し枚数は、6週間ほど前に15万枚付近にまで増加したが、この1か月間で3万枚ほど減少。NY原油の大口投資家による買い越し枚数は、2か月前に45万枚付近まで増加して年初来最高を記録したものの、この2か月間で35万枚付近まで激減し、年明けに記録した年初来最低枚数に迫っております。一方、シカゴコーンの大口投資家による買い越し枚数は、この3か月間で30万枚付近から8万枚付近まで大幅な減少傾向を続け、価格も3か月前の5.2ドル付近から3.5ドル付近まで大幅下落となりました。しかし、大口投資家による買い越し枚数がここにきて3週連続で7万枚付近にて安定しており、ようやく人気離散傾向が一巡し、それまでの大きな下落トレンドが終焉を迎えた可能性があります。

特に注目すべきは、今月12日の米農務省による需給統計の発表により、マーケットの雰囲気が変化し始める可能性があります。シカゴコーン市場では、「8月の米農務省による需給統計の発表」は特別な意味があり、この発表を境に天候相場から需給相場に変化するという見方もあります。2012年は、不作懸念を背景にシカゴコーンが8.4ドル付近まで上昇したものの、8月の農務省発表で不作が確定となり、その後1年半ほど下げ続け、高値時の約半値付近まで下落しました。2011年は、シカゴコーンが3.5ドル付近から8ドル付近まで上昇を続けたものの、8月の米農務省発表を境に6ドル割れにまで下落した経緯があります。米国の穀倉地帯では、9月中旬になれば収穫作業が始まることから、収穫直前となる「8月の米農務省による需給統計」が重要となり、その発表で豊作と発表されると、豊作が織り込まれる可能性が出てきます。不作と発表されれば、「豊作に売りなし」という相場格言の反対の意味である「不作に買いなし」という事かもしれません。先週の米農務省による需給統計では、生産高が140億3200万ブッシェルとなり、事前予想の142億5300万ブッシェルを下回ったものの、総供給が17,200万ブッシェル上方修正され、過去最高の1524,300万ブッシェルとされました。こうなると、豊作を織り込んで、「豊作に売りなし」となる可能性もあるのではないでしょうか。米国の穀物相場では、特に「天候相場」と「需給相場」との「季節の変わり目」にトレンドが変化することが多いとされております。天候相場では、豊作傾向は弱材料となるものの、その後、需給相場に突入すると、豊作により下落した安値に対し、「安値により需要が増加する」とやや強材料視されることはよくあることです。収穫直前となる8月の米農務省発表で豊作と発表され、その後、上昇に転じた相場は、これまで何度も経験してきました。それだけに、先週からのシカゴコーンは、「天候相場から需給相場に変化した」という考え方が必要かもしれません。これからの需給相場では、「安いシカゴコーンに実需の買いが増加する」となるのかもしれません。今後のシカゴコーン市場において、「季節の変わり目が、相場の変わり目」となる可能性に注目することも一考ではないでしょうか。