近年の金相場は、12年12月に1784ドルにまで上昇し、その後7ヶ月間で600ドルほどの暴落を記録。昨年の6月と12月に1200ドル付近まで下落してダブルボトムを形成し、昨年8月と今年3月に1400ドル付近まで上昇してダブルトップも形成していることから、この1年間は、1200~1400ドル付近の範囲内でのボックス圏相場となっております。そして現在値が1284ドル付近で推移しており、過去1年間のボックス圏相場での中間的水準にあり、値ごろ的にも仕掛けにくく、最近の金相場のボラティリティーの低さからも、方向性が乏しい展開が続いております。

 ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)が今週発表した第2四半期(4~6月期)の需給レポートでは、金需要全体の半分以上を占める宝飾品向け需要は前年同期比30%減の510トン。各国中央銀行による金購入は、前年同期比28%増の118トン。金地金およびコインの需要は前年同期比56%減の275トン。ETFからの流出量は40トンと、前年同期の10分の1に減少。需要合計は、前年同期比16%減の964トン。供給合計は、前年同期比10%増の1078トン。この需給報告に対してWGCのストラジテストは、「昨年は記録的な消費者の購入と投資家の売却を見た例外的な年でしたが、今四半期の需要は引き続き長期的トレンドへの回帰を示し、金市場特有のバランスの取れた性質を表しています。宝飾品を購入している消費者は2013年以降も引き続き宝飾品が求めやすい好機であると捉え、投資家も昨年の極端な状況から、バランスを取り戻しました。金市場全体としては、例外的な年となった2013年以降、安定化に向かっています。」と説明しております。

今回のWGCのレポートで特に気になった点は、今年第2四半期の金需要が前年同期より大きく落ち込んだのは、昨年第2四半期の需要が記録的に増加したためであり、長期需要トレンドは、安定していると伝えている点です。昨年前半で金相場が高値から600ドルほどの暴落を記録したことで、昨年第2四半期に記録的な金需要を呼び込みました。しかし、その後、金価格が上昇を始めると、旺盛な金需要も徐々に姿を消し、昨年8月に1400ドル付近で下落基調に転換しました。現在値は、昨年の第2四半期と同じような価格水準ですが、昨年のような旺盛な金需要はまったく感じられません。昨年第2四半期の記録的な金需要の伸びは、1200~1300ドル付近だからではなく、「半年間で600ドルほどの暴落によって発生した割安感」だったのでしょう。ここにきて米国株が最高値を更新し、金相場のボラテリィティーも低下していることから、このままでは、第2四半期以上に第3四半期(7~9月期)の金需要が低下する可能性も出てきました。最近では、インフレ懸念も一時より低下し、ウクライナや中東での地政学的リスクも新鮮味が薄れており、米国の早期利上げ懸念も根強いことから、金投資への魅力が低下しているようです。現在1284ドル付近で推移しているNY金が、この1年間での下値抵抗線となっている1200ドル付近まで下落すると、テクニカル的な買いも視野に入ってくるものの、1300ドル付近の水準では、値ごろ的な抵抗も期待できそうにありません。一方、最近の米国株の急上昇やユーロドルの急落、早期利上げ懸念の高まりなどでも、それほど下落に転じなかった金相場ですから、積極的に弱気するにも気が引けるところではないでしょうか。金相場は、仕掛けどころを待つ時期かもしれません。

140828kin

情報提供 : ()インベステック

※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。