12月29日

産地ゴム市場パート2「洪水による避難人数が過去最高」

 上海ゴムが2%強の急伸となり、これで4日続伸です。上海ゴム以外の上海期貨交易所銘柄が小動きで推移していることから、上海ゴムが産地の洪水に反応している模様。

マレーシア国営放送によると、洪水により避難した国民は、26日時点で10万人を超えて過去最高の避難人数となりました。しかし、その後も洪水被害が拡大し、28日時点で避難者が20万人を突破したことも伝えられております。また、マレーシアとタイの国境付近では今後2日間でさらに100ミリの雨が降る恐れがあり、洪水被害の拡大が警戒されております。

12月17日ごろから、タイ南部やマレーシアで豪雨による河川氾濫の被害が拡大しております。国際ゴム公社(IRCO)は先週22日、「洪水被害がタイの天然ゴム・プランテーション全体の43%にまで拡大している」と発表していたが、その後も豪雨が続いており、天然ゴム主生産地の被害拡大が懸念されております。今後も更なる豪雨が予想されているだけに、ここは東京ゴムに注目することも一考ではないでしょうか。