上海ゴムの取引中心限月となる9月限は、4.2%高の1万4425元付近で推移しており、それを受けて東京ゴムも急伸し、3.5円高の216円90銭付近で推移。上海ゴムの取引中心限月である9月限は、2月下旬や昨年10月下旬の高値を更新し、昨年9月の一代の最高値も更新しました。それに対して東京ゴムは、3月上旬の年初来高値を10円ほど下回っている水準までの上昇に留まっております。また、上海ゴムの取引中心限月がこの3週間で19%ほど上昇している反面、東京ゴムはその間に11%ほどしか上昇しておらず、両ゴム市場の上昇幅に大きな開きがあり、上海ゴムの大幅上昇に大きく遅れをとっている東京ゴム市場の割安感が目立ちます。

上海ゴム9月限(取引中心限月)の日足
上海ゴム9月限の日足

東京ゴムの日足
東京ゴムの日足

※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。