上海ゴムがストップ高まで急騰して前場の取引を終え、その20分後には東京ゴムが8.8円高まで上昇しました。しかし、現在の東京ゴムは6.5円高付近で推移しております。上海ゴムは日本時間の12時半に前場の取引を終え、14時半から後場の取引が開始されます。

 NY銅の電子取引は、今朝から3.3%ほど上昇し、この1時間半ほど高止まりしております。一方、先ほどから取引が開始されたNYアルミやNY亜鉛、NYニッケルの電子取引が急騰しております。この流れは、この後のロンドン非鉄金属市場に引き継がれそうです。1ヶ月ほど前から非鉄金属銘柄の急落が続いたものの、本日の非鉄金属銘柄は、「火柱立つ」というところでしょうか。そして、先ほどから取引が開始された複数のNY非鉄金属銘柄が急騰している影響を受けて、このあと始まる上海非鉄金属銘柄の後場の取引では、更に上値追いする可能性もあり、後場の上海ゴムが終始ストップ高張りつきとなる可能性もあります。そうなれば、本日の上海ゴムの夜間取引が更に上昇する可能性もあります。後場から上海ゴムがストップ高張り付きを続けるようでは、東京ゴムは、本日2回目のサーキット・ブレーカーが発動する可能性もあります。