東京原油は、先週21日から「7000円ほど上昇→5000円ほど下落→7000円ほど上昇」となり。1週間ほどで安値から約9000円上昇したことになります。東京原油は、1枚の証拠金が16万円、1枚の取引量が50キロリットルです。1キロリットル当たり9000円上昇すると、上げ幅の9000円×50キロリットル=45万円となり、1枚16万円の証拠金に対して45万円の値洗いが動いた計算となります。

東京原油の60分足
東京原油の60分足
本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。