昨日の上海期貨交易所の夜間取引は全面安となり、特に上海ゴムの下げ幅が目立ちました。昨日の夜間取引では、上海ゴム2.5%安、上海銅1%安、上海亜鉛0.6%安、上海アルミ1.2%安となりました。

 上海非鉄金属銘柄の多くは、先週20~21日に年初来最高の売買高を記録し、その直後から下落基調を鮮明としております。特にこれまでの上海非鉄金属銘柄の上昇基調をリードしてきた上海螺子鋼や上海熱間圧延鋼板が2日連続で暴落していることは気になります。昨日の夜間取引で上海ゴムが大きく下落したことを受けて、上海ゴムのテクニカルがかなり悪化したことも注目でしょう。 上海ゴムの取引中心限月となる9月限は、先週21日に1万3670元まで上昇して年初来高値を記録し、昨日の夜間取引の終値が1万2945元ですから、21日の高値から5.3%も下落しております。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み


上海ゴム9月限(取引中心限月)の日足
上海ゴム9月限の日足

東京ゴムの日足
東京ゴムの日足

本画面に掲載されている情報の著作権は、インターストラクチャー及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インターストラクチャー及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。