複数の石油関係筋によると、イラクは6月の顧客向け原油輸出を日量500万バレルに増やす方針であることも伝えられております。イラクは、6月の同国南ターミナルからの原油輸出量を過去最高となる日量347万バレルに設定したことも伝わっております。また、サウジアラビアとクウェート、イラン、アラブ首長国連邦(UAE)はすでに7~9月期の増産を計画しているということも伝わっております。原油価格が50ドルまで上昇してきたことに加え、カナダやナイジェリア、リビアの大幅減産によりこれまでの「供給過剰観測」から「供給不足観測」に変化したことで、OPEC加盟国の増産意欲が高まってきたように感じられます。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み