大連鉄鉱石が4.2%高、上海鉄筋が2.5%高、上海熱間圧延鋼板が2.6%高まで上昇して取引を終え、鉄関連銘柄が2連騰となりました。上海銅が2.4%高、上海亜鉛が1.7%高まで上昇して取引を終え、上海非鉄金属銘柄が昨日に続き全面高となりました。上海ゴムは1.8%高で取引を終え、2日間で4.7%の上昇となりました。上海総合株価指数は0.6%高でした。

本日のタイの現物価格(ハジャイのRSS3号)は、1kg=56.49バーツです。これを円換算すると、56.49バーツ×2.8875円=約163円となります。これに輸入諸経費を1kg=8円で計算すれば、輸入採算価格が1kg=約171円となります。現在の東京ゴム先限は、タイの現物価格による輸入採算価格を18円ほど下回っている計算となります。

 本日の東京ゴムの日中取引では、当限が1.3円高の164.3円、先限が0.6円安の153.5円で取引を終え、当限と先限との価格差が11.2円幅となる逆さやを形成しております。11.2円幅の逆さやは、「今年最大の逆さや」です。産地現物価格と東京ゴムとの価格差拡大を受けて逆さやが拡大したと思われます。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み