シンガポールゴムの当限が10営業日で24%ほど急騰し、4月21日に記録した年初来高値まであと1.5セントに迫りました。昨日のタイのオファー価格(RSS3号の船積み価格)は、1kg=174セントとなり、この10日間で25セント(18%)の上昇となりました。円換算すると、1.74ドル×102.4円=約178.2円となります。オファー価格に対する輸入諸経費を1kg=5円で計算すると、輸入採算価格が約183.2円となり、東京ゴム先限が輸入採算価格を30円ほど下回っている計算となります。

 主生産地の現物需給のひっ迫を受けてシンガポールゴムRSS3号の当限(7月限)や2番限(8月限)が6月17日頃から高騰しております。それにしても、シンガポールゴムRSS3号の当限価格が年初来高値に迫る水準まで高騰していることには驚かされます。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み


シンガポールゴムRSS3号の当限(7月限)の日足
シンガポールゴムRSS3号当限の日足

シンガポールゴムRSS3号の2番限(8月限)の日足
シンガポールゴムRSS3号2番限(8月限)の日足

シンガポールゴムRSS3号の3番限(9月限)の日足
シンガポールゴムRSS3号3番限(9月限)の日足

 本画面に掲載されている情報の著作権は、インターストラクチャー及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インターストラクチャー及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。