米農務省が今朝発表しました米国産トウモロコシの8月28日までの週間作柄・育成進展状況では、ドウステージが前週比7%上昇の92%となり、平年の87%や前年同期の90%を上回りました。デントステージが前週比20%上昇の60%となり、平年の52%や前年同期の54%を上回りました。成熟が9%となり、平年の11%を下回ったものの、前年同期の8%を上回りました。良好と優良の占める割合は、前週同様の75%でした。

ドウステージ:ミルク状の中身が徐々に柔らかい固まりになってゆく過程です。

デントステージ:ドウステージから約3週間たつと実に窪みができる段階に入ります。デントステージもドウステージ同様に固まっていく過程です。

成熟:デントステージから約2週間でとうもろこしの成熟は完了します。ただし、成熟しても穀粒の中の水分はまだ高く20%以上です。

収穫:天候を見ながら収穫のタイミングを計ることになります。収穫する段階では水分が18%以下であることが望ましいとされております。水分が高いまま収穫すると、保管中の品質劣化が進むことになります。

今回の。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み