上海ゴムや上海亜鉛、上海鉄筋、上海鉛、上海熱延鋼板、大連鉄鉱石、大連粘結炭などが、ストップ安張り付きで前場の取引を終えました。中国の資源銘柄は、11:45ごろから下げ足を強め、ストップ安張り付きとなる銘柄が続出しております。ここまで多くの銘柄でストップ安張り付きとなると、まだストップ安に達していない売買の出来る銘柄への売りが後場から急増することも考えられることから、後場からは、更に多くの銘柄でストップ安張り付きとなることも予想されます。東京ゴムは12.5円安付近まで下落しております。