東京ゴムは、昨日の夜間取引の寄り付き直後に一時366.7円まで上昇しましたが、現在は、314円付近まで下落しております。昨日夕方の高値から52円ほど下落したことになります。それにより、上海ゴムの連休入り前日となる26日の日中取引の終り値付近まで東京ゴムが下落したことになります。上海ゴムが連休入りとなり、その簡に東京ゴムが「54円ほど上昇→52円ほど下落」となったのですから、まさに乱高下という展開となりました。

 1月27日から連休入りとなっている上海ゴムは、2月3日から取引を再開します。上海ゴム市場の連休中に、「タイ政府による天然ゴム10万トンの追加備蓄在庫放出」や「中国政府による天然ゴム20万トンの備蓄在

。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。