NY原油の電子取引は、北朝鮮に関する地政学的リスクの上昇やAPI週間石油在庫統計発表に反応し、今朝4時半ごろから50セントほど上昇しました。今朝発表されたAPI週間石油在庫統計は、原油が8万バレル増予想に対して130万バレル減、ガソリンが170万バレル減予想に対して370万バレル減、ディスティレートが88万バレル減予想に対して160万バレル減となり、クッシング原油が35万バレル増となりました。そして、製油所稼働量は5万7000バレル増でした。米国の製油所稼働量が4週連続で上昇しており、米エネルギー需要が不需要期を脱し、春の行楽需要が高まってきたようです。

ロシアのノバク・エネルギー相は11日、「同国の原油減産量は、4月半ばまでに日量25万バレルになる。」と述べております。OPEC加盟国と非加盟国による協調減産が年初から実施されております。しかし、ロシアは、昨年11月の産油国会合で、「ロシアの協調減産への参加時期は4~5月ごろから」と明言していたことから、予定通りにここにきてロシアが減産順守に動き出したようです。サウジアラビアが協調減産の延長を望んでいるとの発言も伝わっております。年初から実施されている協調減産が6月末で期限切れとなることから、来週17日の産油国会合では、「協調減産の半年間延長」について話し合われます。それにより、来週17日の産油国会合に向けて。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください