エルドアン大統領のアドバイザーのブルシット氏は17日、「足ものと金利は病的であり、利下げが必要。」と述べております。16日のトルコ国民投票でエルドアン大統領が勝利したことにより、大統領権限がより強化されることになります。これまでは、エルドアン大統領が利下げを望む半面、トルコ中央銀行が利上げを望むという対立がありました。トルコ中央銀行はトルコリラ安防止のための利上げを望み、エルドアン大統領は経済成長を促すための利下げを望むという対立でした。しかし、今回のトルコ国民投票での勝利で大統領権限がより強化されることになれば、今後のトルコの政策金利は、「度重なる利下げが実施される可能性が高まった」と考えるべきかもしれません。エルドアン大統領が望む利下げがこれから幾度となく実施されることになれば、経済刺激策となるものの、その反面、トルコリラが売られ続ける可能性も高まります。

トルコ統計局が17日に発表した2月までの3カ月間の失業率が13%となり、7年ぶりの高水準となりました。そして、3月の財政赤字が53億ドルのまで増加しました。エルドアン大統領は、経済発展に向けた改革を主張していることから、強化された大統領権限による利下げ実施への圧力が高まりそうです。今回の国民投票でエルドアン大統領が勝利したことを受けて、トルコが利下げ路線を明確とする可能性も高まり、トルコリラが更なる下落トレンドを続けると考えるべきかもしれません。
トルコリラ・円の月足

※チャートの情報提供元は(株)エムサーフです。チャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフは一切の責任を負いません。