エルサレムは、イスラム教とユダヤ教、キリスト教の聖地とされております。そして、トランプ大統領は、24日までにイスラム教国家のサウジアラビアとユダヤ教国家のイスラエル、キリスト教のバチカンを訪問する予定です。この訪問の焦点は、「イスラエルの米大使館のエルサレム移転計画」が大きく関係しているようです。オバマ前大統領が最後に署名した「イスラエルの米大使館のエルサレム移転計画に対する半年間の凍結案の大統領令」の効力があと1週間ほどで期限切れを迎えます。それにより、来週の原油市場は、中東の地政学的リスクの高まりを背景に高値追いとなる可能性もあります。

来週25日のOPEC総会に向けて、原油市場が緊張した局面を迎えそうです。すでにサウジアラアやロシア、クウェート、イラク、ベネズエラの5カ国が「協調減産の9カ月延長」に賛同を表明しております。「協調減産の9カ月延長」が合意されることになれば、NY原油が50ドル半ばを目指す可能性もあります。来週の。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください