日経平均株価が65円高、NYダウの電子取引が10ドル高付近で推移しております。ドル円は、この3時で30銭ほど円安に進みました。少しリスクオンの流れとなってきたようです。

シカゴVIX指数(恐怖指数)は、トランプ政権への不信任感の高まりで18日の米国市場で一時16.3ポイントまで高まり、現在は14ポイント付近で推移しております。恐怖指数は、4月17日にも16.28ポイントまで上昇しました。その時は、米軍のシリア空軍施設空爆や北朝鮮問題で恐怖指数が上昇しました。

 昨年の恐怖指数は、世界的な株価急落を受けて、1月と2月に30ポイント付近まで上昇しました。6月には、ブレグジットリスクの高まりで26ポイントまで上昇しました。そして、9月に20ポイント、10月に22ポイント付近まで上昇する場面もありました。昨年の恐怖指数の上昇から比べると、今回のトランプ政権への不信任感の高まりで恐怖指数が16ポイント付近まで上昇したことは、それほど問題視するレベルでもないのかもしれません。


恐怖指数
恐怖指数2