今週の天然ゴム市場の注目は、世界最大の自動車販売市場である中国の「7月の自動車販売台数」となりそうです。中国の自動車販売台数は、小型車購入減税による駆け込み需要により、昨年9~12月が記録的に増加しました。それが天然ゴム市場の上げ要因の1つともなりました。しかし、昨年末までの駆け込み需要の反動により、今年1月からの中国自動車販売台数が大幅に落ち込み、それが天然ゴム市場の下落要因の1つとなりました。しかし、6月の中国自動車販売台数が前年同月を上回り昨年末までの駆け込み需要の反動からの回復が示されました。ここで「7月の中国自動車販売台数」も前年同月を上回ることになれば、2カ月連続で前年同月を上回ったことになり、天然ゴム市場が大きく買われる可能性もあります。

日系自動車大手4社の「7月の中国自動車販売台数」は、前年同月比でトヨタが11.4%増10万8900台、ホンダが11.6%増の11万2803台、日産が14.2%増の10万4794台、マツダが7.1%増の2万3028台となり、トヨタとホンダとマツダが「7月の中国自動車販売台数」として過去最高を記録しました。これらの発表を参考にすれば、「7月の中国自動車販売台数」がかなり良好な数値となって東京ゴムが大きく上昇する可能性もありそうです。