9月19日

原油市場

 NY原油は、8月30日に一時45.8ドルまで下落しましたが、ハリケーン「ハービー」や「イルマ」の影響を受けて上昇を続け、9月14日に一時50.5ドルまで上昇しました。そして、翌15日と18日も50ドル付近で推移しております。NY原油は、7月31日の高値(50.4ドル)と(9月14日の高値(50.5ドル)でダブルトップを形成する可能性もあります。

 カテゴリー5にまで成長したハリケーン「マリア」が北上しておりますが、フロリダ半島東岸沖を通過する見通しですから、メキシコ湾岸の石油施設への影響はなさそうです。

 NY原油におけるファンドの買い越し枚数は、8月1日に48万6765枚まで増加しましたが、9月12日時点で37万4480枚まで減少しております。ファンドポジションを見る限りでは、買い越しポジションが大幅に減少しており、もう少し減少すれば、買い場を探す必要もあるのかもしれません。

 NY原油のテクニカルでは、ダブルトップも意識されるところですが、NY原油におけるファンドポジションを考えると、売り妙味は少なそうです。それにより、しばらくは原油市場に対して「様子見」も一考かもしれません。
NY原油の日足
NY原油におけるファンドの買い越し枚数

 

※チャートの情報提供元は(株)エムサーフです。チャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフは一切の責任を負いません。