9月19日

トウモロコシ市場

 シカゴコーンにおけるファンドポジションは、買い越し枚数が7月18日時点で17万7147枚まで増加し、シカゴコーンも4ドル台まで上昇しました。その後、9月5日時点で売り越しに転じ、9月12日時点で売り越し枚数が2万4614枚となりました。それと共にシカゴコーンが下げ止まりの様相を呈してきました。

 一方、東京トウモロコシは、8月30日に2万530円まで下落して年初来安値を記録し,9月19日13時時点で2万1140円です。東京トウモロコシは、8月下旬ごろから「鍋底」を形成しているようにも感じられます。

 シカゴコーンにおけるファンドポジションの変化や東京トウモロコシのチャートを見る限りは、トウモロコシ市場が底入れしたようにも感じられます。現在のシカゴコーンが生産コストとされる水準を1ブッシェルあたり50セントほど下回っていることから、これから「農家の売り渋り」に注目が集まりそうです。今年の米国産トウモロコシは、4年連続での豊作見通しです。それにより、4年連続で農家の売り渋りによる秋高の現物呼び出し相場に発展する可能性もあります。


東京トウモロコシの日足
シカゴコーンのファンドポジション


※チャートの情報提供元は(株)エムサーフです。チャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフは一切の責任を負いません。