11月21日

天然ゴム市場パート3「NOAAがラニーニャ現象の発生を発表」

 米海洋大気局「NOAA」は今月13日、東太平洋の監視海域の海面温度が低下するラニーニャ現象の発生を発表しました。日本と米国では、「ラニーニャ現象発生の定義」が少し違います。日本の気象庁が今月発表した内容は、「エルニーニョ監視海域の海面水温が基準値より低いなど、ラニーニャ現象時の特徴が持続している。この特徴が冬の終わりまで持続せずにラニーニャ現象の発生に至らない可能性もある(40%)が、発生に至る可能性の方がより高い(60%)。」という内容でした。

 ラニーニャ現象が発生すれば、米国でハリケーンが多発し、東南アジア側で洪水被害が多発するとされております。そして、日本付近では西高東低の冬型の気圧配置が高まり、冬の間は気温が低くなる傾向があります。最近の日本の冷え込みも、ラニーニャ現象が影響しているのかもしれません。

東太平洋の監視海域の海面温度が低下し、西太平洋の監視海域の海面温度が上昇するラニーニャ現象の兆しは、7月頃から始まりました。ラニーニャ現象の兆しが強まると、カリブ海周辺から米国に向けて北上するハリケーンが増加するとされております。8月下旬から大型ハリケーンが数多く米国に向けて北上し、今年が「大型ハリケーンの当たり年」となった事は、ラニーニャ現象発生の予兆だったようです。

近年では、2011年と2016年秋~冬にラニーニャ現象が発生しました。2011年は、天然ゴムの主生産地となるタイ南部で記録的な洪水が発生しました。昨年12月上旬と年初にもタイ南部で大規模な洪水が発生しました。このようにラニーニャ現象が発生すれば、高確率で東南アジア周辺での洪水被害が多発します。米海洋大気局「NOAA」よりラニーニャ現象の発生が発表されただけに、天然ゴムの主生産地で洪水被害が多発する可能性も高まってきました。