8月10日

原油市場&金市場

 ブレント原油は、昨日23時頃に一時72.9ドルまで上昇しましたが、その後は下落を続け、今朝9時頃に712.8ドルまで下落し、現在は72.1ドル付近で推移しております。ブレント原油は、昨年8月から続く右肩上がりの下値抵抗線を今週7日に割り込み、今年の2月から続く右肩上がりの下値抵抗線上付近まで下落しております。ブレント原油が71ドル付近まで下落すると、今年の2月から続く右肩上がりの下値抵抗線をかなり明確に割り込んだことになり、テクニカルが大幅に悪化します。

 S&P500種株価指数は、昨日23時頃に2862.48ポイントまで上昇し、現在は2853.50ポイント付近で推移しております。昨夜のS&P500種株価指数があと0.4%程度上昇すれば最高値更新となりましたが、3日連続で最高値まであと0.4%高程度の水準で足踏みをしております。

 現在の米中貿易摩擦の高まりや、トランプ大統領が11月の米中間選挙に向けて更に「アメリカ・ファースト」的な姿勢を強めることを考えると、S&P500種株価指数が最高値を更新して更に上昇基調を続けることは難しいと考えるべきかもしれません。

 添付しているS&P500種株価指数の週足には、米大統領選のタイミングを赤い丸印、米中間選挙のタイミングを青い丸印で示しております。米大統領選や米中間選挙などの「選挙前に米国株が下落し、選挙後に米国株が上昇する傾向」があるようです。これは、選挙という不透明要因を前に米国株への利益確定の動きが強まり、選挙後は、勝利した政権への期待先行で米国株が買われる傾向があるようです。しかも、現在のS&P500種株価指数が1月に記録した最高値とダブルトップを形成する可能性も高まっております。それにより、これからは、リスク志向の原油市場に対して弱気し、リスクヘッジ志向の金相場に対して強気するなど、今後の米国株の動向を予想したポジションが必要かもしれません。

S&P500種株価指数の週足
ブレント原油の日足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。