8月10日

原油市場パート3

NYダウ先物は、午前中は前日比変わらず付近で小動きを続けておりましたが、14時ごろから下落に転じ、16時時点で120ドル安付近まで下落しております。今夜の米国株も更に下落することになれば、S&P500種株価指数が1月に記録した最高値と今週の高値でダブルトップを形成した可能性も高まり、米国株に対してテクニカル的な売りが強まることも予想されます。

ブレント原油は、14時ごろから80セントほど下落し、16:20時点で71.40ドルまで下落し、今月安値(71.65ドル)を割り込み、先月安値(71.19ドル)まであと21セントに迫りました。それによりブレント原油は、今年2月頃から続く右肩上がりの下値抵抗線を割り込み始めました。

ブレント原油は、今週7日の大幅下落により、昨年8月頃から続く右肩上がりの下値抵抗線を割り込みました。翌9日には、今年の2月頃から続く右肩上がりの下値抵抗線上まで下落しました。そして、先ほどからの下落により、今年の2月頃から続く右肩上がりの下値抵抗線も割り込み始めました。それにより、1年間続いたブレント原油の上昇トレンドが終焉を迎えた可能性もあります。

 

ブレント原油の日足2

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。