8月13日

原油市場

 先週末の原油市場は、ペルシャ湾でのイランの軍事演習に反応して上昇しました。米政府高官は10日、イラン海軍がホルムズ海峡で先週実施した軍事演習で短距離対艦ミサイルを試験発射したことを明らかとしました。イラン海軍は、ホルムズ海峡を含むペルシャ湾で小型艦船数十隻以上が参加する大規模な海上軍事演習を行いました。

 米国の経済制裁に対してイランが海上軍事演習を行い、石油輸送の大動脈であるホルムズ海峡に関する地政学的リスクが高まったようです。それでも先週末のNY原油やブレント原油の上げ幅が限定的だったようにも感じられます。

NY原油やブレント原油が2月頃から続く右から上がりの下値抵抗線付近まで下落していたことを受けて、テクニカル的な買いも入ったようです。テクニカル的にもかなり重要な局面にきております。
NY原油の日足
ブレント原油の日足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。