8月13日

原油市場パート2&金市場

 先週末の米国市場では、NYダウが196ドル安(0.8%安)となり、S&P500種株価指数も20ポイント安(0.7%安)となりました。それによりS&P500種株価指数は、1月に記録した最高値(2872ポイント)と8月7日の高値(2863ポイント)でダブルトップを形成する可能性も高まりました。

 米国の経済制裁を受けてトルコ・リラが主要通貨に対して最安値を更新しており、それを受けて新興国通貨の多くが急落しております。米国の経済制裁を受けてイランやロシアの自国通貨も急落しております。また、米中貿易摩擦の高まりで中国の自国通貨も下落を続け、中国株も2カ月ほど前から大きく下落しました。トランプ大統領による「アメリカ・ファースト」的な姿勢による経済制裁を受けて中国やロシア、トルコ、イラン、ベネズエラなどの経済が大きく圧迫されている反面、S&P500種株価指数は、先週7日から3日連続で最高値まであと9~10ポイント付近まで迫りました。トランプ大統領は、11月の米中間選挙に向けて「アメリカ・ファースト」的な姿勢を更に強めることも考えられます。それにより世界のマーケット全体でリスクオフの流れが更に強まると考えるべきかもしれません。

 米大統領選や米中間選挙などの米選挙前に米国株が下落し、米選挙後に米国株が上昇する傾があるようです。これは、選挙という不透明要因を前に米国株への利益確定の動きが強まり、選挙後は、勝利した政権への期待先行で米国株が買われる傾向があるようです。過去のパターンでは、米大統領選や米中間選挙の2~3ヶ月前から米国株が下落に転じる傾向もあるようです。そして、あと3カ月後に米中間選挙を迎えることから、そろそろ米国株も本格的に下落に転じる可能性があります。しかも、先週末からトルコ・リラの急落を中心として新興国通貨の多くが連鎖反応的に下落し始めているようです。上海総合株価指数も今朝から急落しております。ここにきてマーケット全体でリスクオフの流れが強まってきたように感じられるだけに、リスク志向の原油市場が軟調地合いとなり、リスクヘッジ志向の金相場が堅調地合いとなる可能性もあります。

S&P500種株価指数

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。