下記のコメントは、先週25日にメール情報会員に配信しました過去記事です。参考にどうぞ。


9月25日

トルコリラ

ポンペオ米国務長官は23日、トルコで拘束されている米国人牧師について、今週にもトルコ政府高官と協議する見通しであることを明らかとしました。それに反応してトルコリラが上昇しております。

一方、トルコ大統領府の報道官は24日、「トルコの裁判所は米国人牧師に関する決定を下す。」と述べております。消息筋によると、10月12日に開かれるトルコでの裁判で米国人牧師が釈放される公算が高いことを伝えております。

今週開催予定のポンペオ米国務長官とトルコ高官との協議で、米国人牧師の釈放に向けた話し合いが進むことになれば、トルコリラが更に上昇する可能性もあります。そして、10月12日の裁判で米国人牧師の釈放が決定すれば、米国による対トルコ経済制裁が解除される可能性も高まり、それによりトルコリラが更に上昇する可能性もあります。ここは、トルコリラに対する強気な見方も一考かもしれません。

9月25日

トルコリラパート2

先日のエルドアン大統領とプーチン大統領とのソチ会談では、シリアのイドリブ問題に関して協議し、政府軍による総攻撃を中止するとともに、非武装地帯を設置することやロシアとトルコの合同パトロールの設置などで合意しました。更にトルコ大統領府報道官は21日、トルコと米国は、シリアのマンビジで合同パトロールを始めることとり、パトロールやそのための訓練が近く始められる事となりました。そうしたイドリブ問題やマンビジ問題の改善を受けて、シリアを巡る米国とトルコの関係がここにきて改善方向に向かっております。これらに加えて10月12日のトルコの裁判で米国人牧師の釈放が決定すれば、米国による対トルコ経済制裁が解除される可能性も高まります。また、今週のポンペオ米国務長官とトルコ高官との協議で、両国の関係が更に改善される可能性もあります。ここは、トルコリラに対する強気な見方も一考かもしれません。