10月25日

後場市況1

 NYダウ先物は、今朝から40~50ドル高付近で小動きです。ドル円も今朝から小動きです。NY原油やNY金の電子取引も今朝から小動きです。15:10時点で、日経平均株価が852円安、上海総合株価指数が1%安です。

2016年11月の米大統領選では、オッズメーカーが提示するオッズに1億5000万ポンド(約200億円)ほどの資金が集まったそうです。現在のブックメーカーによる最新オッズ(リアルクリアー・ポリティクスの10月21日時点の発表値)は下記の通りです。

(上院)

優勢は、民主党37議席、共和党46議席

やや趨勢は、民主党7議席、共和党4議席

拮抗が4議席

(下院)

優勢が、民主党173議席、共和党155議席

やや趨勢は、民主党32議席、共和党44議席

拮抗が31議席

民主党は、NYやワシントンなどの東海岸の都市圏と西海岸のカリフォルニアで優勢となっております。それに対して共和党は、米中部で優勢となっており、都市圏や富裕層の支持を集める民主党と、地方票を集める共和党という構図となっております。このあたりは2016年の米大統領選と同じです。

 今回の中間選挙では、上院議席の3分の1と下院の全議席が改選されます。世論調査のほとんどが、「上院は共和党有利、下院は民主党有利」となっております。ただ、メディアの世論調査の多くが都市圏で調査するので、民主党有利な調査結果となるとの見方もあるようです。2016年の米大統領選でも、「圧倒的に民主党有利」との世論調査が多かったものの、大差をつけて共和党が勝利しました。どうしてもメディアの多くがNYやワシントンなど米東海岸の都市圏に本拠地があるので、メディアの多くが東海岸の都市圏を支持基盤としている民主党寄りの姿勢となるようです。トランプ大統領は、2016年の米大統領選で米メディアの大半が民主党を支持したので、いまだにそれらの米メディアに対して「フェイクニュース」などとバッシングしているほどです。