12月3日

トウモロコシ市場

 シカゴ大豆の電子取引は、米中首脳会談の結果を受けて今朝から大幅高となり、シカゴコーンの電子取引も今朝から上昇しております。

1日に開催された米中首脳会談では、新たな関税を一時的に見送り、貿易戦争を悪化させないことで合意しました。それにより米国は、1月1日から実施予定だった2000憶ドル規模の中国製品に対する制裁関税を現行の10%から25%に引き上げることを見送りました。中国政府は、相当量の農産物やエネルギー、工業製品などを米国から輸入することで合意し、農産物の購入は直ちに行うことになりました。

中国が米国に対する報復関税として米国産大豆と一部の米国産トウモロコシ製品に対する報復関税を課したことで、米国産大豆がこれまで大きく下落してきました。しかし、今回の米中首会談で貿易戦争を悪化させないことで合意され、中国が米国の農産物の購入を直ちに開始することを発表したことで、今朝からシカゴ大豆の電子取引が大幅高となってきました。それにシカゴコーンの電子取引もつれ高となっております。

中国が米国に対する報復関税として「米国産大豆と一部の米国産トウモロコシ製品に対する報復関税」を課したことで、来年の米穀倉地帯では、「米国産大豆の作付面積が大幅に削減され、米国産トウモロコシの作付面性が大幅に拡大される」との観測がこれまで続いておりました。しかし、中国政府が米国産大豆の購入を開始したことで、来年の米国産トウモロコシの作付面積が増加する可能性も低くなりました。それによりシカゴコーンは、しばらく堅調地合いを続けそうです。