2月6日

トウモロコシ市場

 中国国有企業の中糧集団と中国儲備糧管理が合計で100万トンの米国産大豆を購入したこと伝わり、昨日のシカゴコーンとシカゴ大豆が共に小幅高となりました。中糧集団と中国儲備糧管理は、米中通商協議後となる今月2日にも合計で200トンの米国産大豆を購入しただけに、更に200トンの購入を行ったようです。それでもシカゴ大豆は、2カ月前から825セント付近が上値抵抗線となり続けております。一方、シカゴコーンも年初から生産コストとされる800セント付近が上値抵抗線となり続けております。

 米国政府の中国製品に対する制裁関税を受けて中国政府は、米国産大豆に対して25%の報復関税を課しました。中国は、2017年度の米国産大豆の3分の1を購入していただけに、中国の輸入企業の多くが制裁関税を避けるために、米国産大豆から南米産大豆に購入先を変更しました。それにより中国による米国産大豆の購入割合は、過去10年間平均の約60%から昨年秋時点で17%にまで低下しました。それを受けてシカゴ大豆が昨年9月に10年ぶりとなる810セント付近まで下落することになりました。そして、現在は、923ドル付近まで上昇しております。

しかし、南米産大豆に対して米国産大豆がかなり割安となった事により、メキシコやパキスタン、タイ、バングラディッシュなどが南米産大豆から米国産大豆に購入先を切り替えました。それを受けて昨年9月の米国産大豆の買い付け量が前年比127%増の800万トンに達したほどです。昨年9月には、米国産大豆と南米産大豆の1ブッシェル当たりの価格差が最大1.5ドルにまで拡大することもありました。

米中貿易摩擦の影響で中国企業の多くが大豆の輸入先を米国産から南米産に切り替えたとしても、中国以外の大豆輸入国の多くが輸入先を南米産から米国産に切り替えるだけです。それにより、米中貿易戦争とシカゴ大豆との関連性にそれほど神経質になる必要もないのかもしれません。

一方、シカゴコーンは、生産コストとされる800セント付近まで上昇すれば、生産農家により売りつなぎ圧力が高まるので、800セント付近が上値抵抗線となり続けているようです。シカゴコーンの需給相場となるこの時期にシカゴコーンが農家のつなぎ売り圧力をはねのけ、800セントを突破して上昇トレンドを形成することは、かなり難しそうに感じられます。円安の影響を受けて東京トウモロコシが2営業日で600円ほど上昇してきたので、そろそろ東京トウモロコシに対して高値警戒感を強める必要もありそうです。


シカゴ大豆の日足
シカゴコーンの日足
東京トウモロコシの日足

 

※チャートの情報提供元は(株)みんかぶです。チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社みんかぶは一切の責任を負いません。