メール情報会員の皆様に本日配信しましたコメントの一部をご紹介します。

2月22日

天然ゴム市場パート2

上海ゴムは、15時半ごろまでは前日とあまり変わらない水準で推移しておりましたが、後場のラスト30分間で上昇に転じ、1%高で日中取引を終えました。それにより、前日に記録した年初来高値まであと0.5%にまで迫りました。

 上海総合株価指数は、朝方一時0.6%安まで下落する場面もありましたが、午後からプラス転換となり、1.9%高まで急伸して取引を終えました。それにより2日連続で年初来高値を更新することになりました。こうした上海総合株価指数の急伸を受けて、上海ゴムも15時半ごろから追随して上昇したようです。ここにきて上海総合株価指数が再び年初来高値を更新し、上海ゴムが年初来高値目前にまで迫ってきた事を受けて、東京ゴムも再び上げ足を強めそうです。

 東京ゴムRSS3における投資家ポジションは、東京ゴムが176円附近で推移していた1月29日時点で「1812枚の売り越し」でしたが、昨日時点でも「1945枚の売り越し」です。東京ゴムが1月29日時点から20円近く上昇しましたが、それでも投資家の売り越しポジションがほとんど変化していないということは、値洗いの急速な悪化を受けて売り乗せなどが出来ていない状態であり、手仕舞いもほとんど進んでいない状態といえそうです。それだけに、東京ゴムRSS3が一段高となれば、投資家の本格的な手仕舞いの買い戻しを誘うことになりそうです。