メール情報会員の皆様に本日配信しましたコメントの一部をご紹介します。

2月22日

白金市場パート3

 東京金が43円安で日中取引を終えましたが、それに対して東京白金は、15円高で日中取引を終えました。こうした値動きを見ても、東京白金の地合いの強さが伺えます。

東京パラジウムは、朝方に一時81円安まで下落しましたが、29円安まで戻して日中取引を終え、年初来高値まであと90円に迫りました。東京パラジウムの日足を見ると、2月20日までの12営業日中11営業日が陽線となっており、その間に721円も上昇しました。さすがにここまでの連騰となると、昨日から2日連続で小幅安となっていることも仕方がなさそうです。特に2月12日からの連騰は、エスコムの大停電によって南ア白金鉱山の多くが操業を停止した影響が大きかったようです。

 NY白金の電子取引は、今朝から7ドルほど上昇し、昨夜の高値まであと1ドルほどにまで迫ってきました。ただ、NY白金の電子取引の年初からの高値は、1月7日が836ドル、2月1日が834ドル、2月19日が836ドルとなっており、834~836ドル付近でトリプルトップを形成しております。しかし、年初から続く834~836ドル付近の上値抵抗線を突破することになれば、テクニカルが一気に強まります。現在のNY白金の電子取引が831ドル付近で推移しているので、今夜の米国市場で年初から続く上値抵抗線を突破する可能性も高そうです。