3月28日

トルコリラパート2

 トルコの翌日物スワップレートが22%からたった2営業日で330%まで上昇し、その翌日には一時1200%まで上昇するなど、かなり異常ともいえるほどの通貨防衛が行われているようです。

トルコの政府関係者は昨日、「政府の要請は選挙後も続く。こうした政策は長く続けられるものではなく、投機的な攻勢が続く10~15日で終わるものだ。」と述べ、トルコ政府が同国内の銀行に対してロンドン市場でのトルコリラの取引に応じないように命じる措置を31日の統一地方選挙後も続ける方針であることを伝えております。

トルコのエルドアン大統領が昨日、「明日、ソーシャルメディアのアカウントからのみフォローできるサプライズのプログラムがある。3月28日木曜日の12:00に、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムで会おう。」と述べました。トルコと日本との時差が6時間ですので、本日の日本時間の18時からのトルコリラの値動きには注意が必要かもしれません。