4月16日

後場市況1

上海総合株価指数は、朝方に一時0.75%安まで下落しましたが、その後は良好な中国経済指標が好感されてプラス転換となり、2.4%高まで急騰して取引を終えました。それにより4月8日に記録した年初来高値まであと1%にまで迫りました。NYダウ先物も今朝からじり高基調を続け、16時時点で55ドル高です。しかし、今夜は、バンク・オブ・アメリカやジョンソン&ジョンソン、ブラックロック、ネットフェリックスなどS&P500種採用企業11社の1~3月期決算発表が控えております。前日発表されたゴールドマン・サックスやシティーグループの決算内容が悪かっただけに警戒が必要です。

ブレント原油は、今朝から35セントほど下落しました。ロシア財務相による協調減産の延長に対する批判的なコメントが影響しているようです。

NY金の電子取引は、今朝から15時頃にかけて5ドルほど下落しましたが、15時以降から3ドルほど上昇しました。NY金の3月安値が1281ドルであり、今月安値が4日の1279ドルであり、昨夜の安値が1282ドルとなり、1279~1282ドル付近が先月からの下値抵抗線となっているようです。

4連休明けとなる明日のタイの天然ゴム現物価格が、本日の上海ゴム急落に追随して下落するのか、それとも4営業日連続で年初来高値を更新するのかは注目でしょう。