4月17日

原油市場

 昨夜のNYダウは67ドル高で取引を終え、本日のNYダウ先物は9時時点で25ドル安です。昨日のNYダウ先物は、良好な中国経済指標を受けて12時ごろから上昇基調に転じ、昨日21時時点で2万6553ドルまで上昇しました。しかし、昨夜の米国市場がオープンすると、1時間ほどで高値から150ドルほど急落し、その後は横ばいを続けております。

 昨夜のNYダウは、年初来高値を更新しました。そして、昨夜のS&P500種株価指数は一時2916ポイントまで上昇し、昨年9月21日に記録した史上最高値(2940ポイント)まであと24ポイント(0.8%)に迫りました。S&P500種株価指数は、昨年12月下旬から安定した上昇基調を続けておりますが、あと0.8%以上上昇して史上最高値を更新することになれば、これまで4か月間の上昇トレンドに対する達成感が急速に高まり、手じまい売りが本格化することになりそうです。今後の米国経済や世界経済を考慮すると、S&P500種株価指数が史上最高値を更新して更に大きく上昇すると考えるには無理がありそうです。米国株の値動きに追随する特性が強い原油市場としても、米国株の行方を見定めることが最も需要な事かもしれません。

 昨夜のNY原油は、米国株の上昇やリビア情勢に反応したようです。リビア国営石油会社のサラナ会長は12日、「内戦の再発で同国の原油生産が全面的に停止する可能性がある。」と述べたことに反応したようです。

 今朝発表されたAPI週間石油在庫統計は、原油が170万バレル増予想に対して310万バレル減、ガソリンが210万バレル減予想に対して360万バレル減、ディスティレートが84万バレル減予想に対して230万バレル増となり、クッシング原油が160万バレル減となりました。原油処理量は日量3万5000バレル増です。原油輸入量は、59万4000バレル減の日量660万バレルです。原油在庫が増加予想に反して減少したことは、原油市場の支援材料となりました。ただ、米国の原油輸入量が日量60万バレルほど減少したということは、1週間で420万バレルほどの原油輸入量が減少したことになり、それが今朝発表された原油在庫の減少に繋がったようです。

 ロシア国営天然ガス独占企業であるガスプロムネフチのヤコブレコ副CEOは昨夜、記者団に対して「協調減産は今年半ばまで効力を持つだろう。終了すれば今年のロシア産油量は前年比1.5%増加する見通しだ。」と述べました。一方、ロシアのシルアノフ財務相は4月13日、「米国が原油市場で優位になる中、シェアを失うべきか、それとも減産合意をやめるべきかというジレンマがある。減産をやめれば原油価格は下落し、新規投資が冷え込む。シェールオイルの生産コストは従来型油田より高いため、米国の生産は減少する。」と述べております。そして、プーチン大統領は4月9日、「方針についてOPECと協議する用意がある。だが、減産するか、現在の生産水準に留まるか、まだ言える段階ではない。原油と天然ガス収入が高いロシアにとって、現在の原油相場は妥当な水準である。制御不能な相場上昇は支持しない。」と述べております。ロシアの複数の要人が「OPECプラスによる協調減産の延長」に対して否定的なコメントをし始めたことは注目でしょう。これで米国株が下落に転じれば、原油価格も急落する可能性が高まります。
S&P500種株価指数の日足

 

※チャートの情報提供元は(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドです。チャートの著作権は、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。