4月17日

天然ゴム市場パート4

昨日の上海ゴムが一時3%安付近まで大幅下落しましたが、それでも東京ゴムRSS3や東京ゴムTSR20が小幅安に留まったことは印象的でした。昨日の東京ゴムRSS3では、ファンドが買い越し枚数を349枚増やしましたが、投資家が売り越し枚数を629枚も増加させ、当業者が売り越し枚数を115枚減少させました。それにより「投資家の売り越し枚数の1日の増加量」としては、1月29日に次ぐ今年2番目の増加量となり、上海ゴムの急落を背景に東京ゴムRSS3を売り急ぐ投資家が昨日急増したようです。本日も上海ゴムの下落に反して東京ゴムが小幅高で今朝から推移しているので、上海ゴムの下落を背景に東京ゴムRSS3に対する投資家の売り進みが更に増加した可能性も高そうです。

東京ゴムRSS3における投資家ポジションは、東京ゴムRSS3が183円付近まで上昇した1月25日から売り越しに転じましたが、東京ゴムRSS3が181円付近まで下落した3月28日から買い越しに転じました。そして、東京ゴムが187円付近まで上昇した4月9日から再び売り越しに転じました。それにより投資家ポジションは、東京ゴムが183~187円付近を上回れば売り越しに転じ、181円付近を下回れば買い越しに転じる傾向があるようです。そうしたポジション変化を見ても、投資家の多くは「値ごろ感」を重視する傾向にあるようです。その反面、ファンドの多くは、トレンドを重視する傾向があります。そして、当業者の多くは、ヘッジャーとしての立場上、「大きく上がれば売り上がる」という傾向があり、「産地市場と国内市場との価格差」も重視する傾向があります。

現在の上海ゴム9月限(取引中心限月)から高率関税を差し引いてキロ当たりの円換算にすると(1万1650元-900元)÷1000kg×16.72円=約179.7円となります。タイ・バンコクのRSS3の輸入採算価格は、キロ当たりの諸経費を8円で計算すれば54.71×3.52+8円=約200.6円となります。それにより、東京ゴムRSS3先限(9月限)は輸入採算価格を9円ほど下回り、上海ゴム(9月限)は輸入採算価格を21円ほど下回る計算となります。ちなみに、東京ゴムRSS3の当限は、輸入採算価格を18円ほど下回っている計算となります。しかも、タイ・バンコクのRSS3現物価格は、先週末まで3日連続で年初来高値を更新しております。ソンクラーンによる連休明けのタイの天然ゴム現物価格が堅調地合いを続けるようであれば、輸入採算価格を大幅に下回っている東京ゴムや上海ゴムの急反発を招く可能性も高まります。