8月16日

金市場

 昨夜のNYダウは100ドル高となりました。本日のNYダウ先物は、今朝から安定した上昇を続け、15:10時点で170ドル高です。日本市場取引時間でNYダウ先物がここまで上昇することは、かなり珍しいことです。そうしたNYダウ先物の上昇を中心としたリスクオンの流れを受けて、リスク志向のブレント原油が今朝から60セントほど上昇し、リスクヘッジ志向のNY金の電子取引が今朝から10ドルほど下落しました。

 トランプ大統領は昨夜、自身のツイッターで「今、米国は世界で最大で最強の経済である。他国はつまずき、我々だけが強くなっている。消費者の状況はベストで、多くの現金をもっている。ビジネスにおいての楽観視も過去最高だ。」とコメントしており、「もし習主席が、個人的に直接デモ者らと直接対話すれば、香港の問題について前向きで、賢明な結末とすることにできるだろう。私はそれを疑わない。」ともコメントしております。こうしたトランプ大統領のコメントを受けて再びリスクオンの流れが強まってきたように感じられます。また、香港問題にしても、習主席国家主席が対応することで解決するようなコメントをしており、米国側が香港問題から一歩引いて解決を中国政府に回したように感じられるので、香港問題に関する米中関係がかなり改善してきたように感じられます。ここは、ファンドの買い越し枚数が3年ぶりの高水準まで膨らんでいる金相場の下落に注目するところかもしれません。