4月3日

原油市場

 アゼルバイジャンのエネルギー相が、「OPECプラスは、6日にオンラインで会合を開く。」と発表しました。それを受けてブレント原油がこの1時間半で28.5ドル付近から31.6ドル付近まで急伸し、17時時点で東京ドバイ原油が600円高となりました。サウジアラビアの要請でOPECプラスによる緊急会合が開催されることになりました。そして、ロシア側も原油価格の安定化への協力を望んでいることが伝えられているだけに、「OPECプラスによる協調減産」が復活する可能性もかなり高まってきました。