4月7日

前場市況1

 昨夜のNYダウが1627ドル高となり,本日のNYダウ先物が11:10時点で45ドル安です。欧米で新型ウイルスによる感染拡大ペースが鈍化した事を好感して昨夜のNYダウが大幅高となりました。

 投資家心理の変化を示すとされるシカゴVIX指数は、3月18日時点で一時85.47ポイントまで上昇しましたが、昨日時点で45.24ポイントまで低下し、3月4日以来の低水準を記録しました。こうしたシカゴVIX指数の低下を見ても、投資家の不安心理がかなり沈静化してきたことが伺えます。

 シカゴVIX指数の最高値は、リーマンショック時の2008年10月24日に記録した89.53ポイントであり、それに次ぐ高値が先月18日に記録した85.47ポイントです。そして、現在の水準が45.24ポイントまで低下しているので、それを反映して米国株が上昇に転じております。NYダウは、3月23日に一時1万8213ドルまで下落しましたが、昨日の引け値が2万2679ドルまで上昇しており、先月下旬の安値から4466ドル(24%)も上昇しております。新型ウイルスの脅威を世界経済が乗り越えるにはまだかなりの時間が必要であり、今後の世界経済がかなり悪化することも予想されます。その反面、各国が強力な緩和政策を実施しており、ようやくマーケットでは、「新型ウイルスによる悪影響」と「世界的な緩和政策の投入」がバランスを取り始めたのかもしれません。
VIX1
VIX2