4月8日

原油市場

 昨夜のNYダウは、序盤で一時938ドル高まで上昇しましたが、その後は下落を続け、26ドル安で取引を終えました。本日のNYダウ先物は、10時半時点で40ドル安と小動きです。NYダウは、3月23日の安値(1万8213ドル)から昨夜の高値(2万3617ドル)まで5404ドルも上昇し、2月下旬からの下落幅に対する半値戻しをほぼ完了したことを受けて、自立反騰が一巡したとの観測が広がったのかもしれません。

トランプ大統領は昨夜、「感染者の増加曲線がピークに近づきあるかもしれないと考えている。ホットスポットと呼ぶ大都市の事業閉鎖は続けるものの、感染が広がっていない中小都市や市町村でまず経済活動の再開に着手する可能性が高い。」と述べております。しかし、ホワイトハウスの新型コロナ対策チームが予測モデルに基づき、国内死者数が最大で24万人に達する恐れがあるとの予想を示しているだけに、NYダウの更なる上昇には疑問が残ります。また、9日と10日の産油国会合の行方が米国株式市場に大きな影響を与えるだけに、マーケット全体がしばらく様子見となりそうです。

ロックダウンを受けてフランスのガソリン使用量が80%低下したことも伝えられております。世界的なロックダウンを受けて世界の石油需要は最大で30%(日量約3000万バレル)減少している見通しとなっております。今週9~10日の産油国会合に対してOPEC関係者は、「OPECプラス枠の減産量は、米国とカナダ、ブラジルなどの減産量によって決まる。」と述べております。カナダとブラジルとノルウェーは、OPECプラスの協調減産に賛同する姿勢を示しておりますが、米国は賛同する姿勢を全く見せておりません。それにより。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。