松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

2016年09月

天然ゴム市場

 上海ゴムは、2%安で前場の取引を終えました。上海ゴム市場が明日から国慶節により9連休となることから、連休前の利益確定の動きが進んだ模様。

本日発表された9月の財新製造業PMIは、市場予想通りの50.1ポイントとなり、前月発表値から0.1ポイントの上昇となりました。9月の財新製造業PMIが景気分岐点とされる50ポイントを上回ったことは注目でしょう。

 財新製造業PMIは、2015年3月から16カ月連続で景気分岐点とされる50ポイントを割り込み、2015年9月に47.2ポイントまで低下しました。それにより中国経済成長の鈍化懸念が高まり、資源銘柄全体が下落基調を強めました。その後、2015年11月に48.6ポイントまで上昇したものの、2016年2月に48ポイントまで低下し、再び中国経済成長の鈍化が騒がれました。しかし、2016年7月から50ポイントを上回り、中国経済成長が力強さを取り戻してきたようにも感じられます。

 中国は天然ゴムや非鉄金属などの4割近くを消費することから、中国経済の動向に天然ゴムや非鉄金属の多くが反応することになります。中国国家統計局が9月27日に発表した8月の工業部門企業利益は、前年同月比19.5%増の5348億元(約802億ドル)となり、1~7月の前年同期比6.9%増から大幅増加となりました。8月の工業部門企業利益が近年稀に見るほどの大幅増加となり、9月の財新製造業PMIが景気分岐点とされる50ポイントを上回っていることを受けて、天然ゴムや非鉄金属の多くが上昇力を増すことも考えられます。
中国PMI

メール情報会員の皆様に週間レポートを配信しております

メール情報会員の皆様に週間レポートを配信しております。tora
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

『資産形成成功のレシピを伝授!』 人気リフォーム大家・山岸加奈さん登壇!(10月2日東京セミナー)

XXX

『資産形成成功のレシピを伝授!』 人気リフォーム大家・山岸加奈さん登壇!(東京)

日時:2016/10/2(日)1400
講師:山岸加奈氏
場所:EBiS303 イベント・カンファレンススペース A

東南アジア投資のラストリゾート カンボジア 』著者・荒木杏奈さん登壇

山岸さんは、空室に悩む大家さんのために
住む人の気持ちを考えてリフォームする、
空室対策に特化した不動産コンサルタントです。

下記のような悩みを抱えている大家さんに
ぜひ来ていただきたいセミナーです!
・繁忙期に退去が続いてしまい、空室が増えた。
・この閑散期には問い合わせも入居申込もない。
・行き当たりばったりに空室を埋めていて、メンドクサイ。

山岸さんは、今年4月からこれまで50名以上の
大家さんと個別相談を行いました。
その結果33名の大家さんの空室を55部屋埋める事に成功しました!
(2016年9月8日現在)

今回のセミナーでは、山岸さんの空室対策のノウハウを無料で
学ぶことができます!

ご都合の良い方は是非ご来場ください。

山岸加奈(やまぎしかな)さん

山岸加奈(やまぎしかな)さん 
平成13年:イタリア国立フェラーラ大学建築学科修了
平成19年:北海道大学大学院工学研究科博士後期課程修了

実家所有の築35年の木造アパートの大規模修繕がきっかけで、
自主管理大家さんの2代目となり、自分でも札幌の物件を購入し始める。

平成25年:不動産実務検定2級合格
平成26年:不動産実務検定1級合格後、マスター取得へ。

金持ち大家さんアカデミー賞MVP受賞。

【保有資格】
全国経理簿記能力検定1級
日商簿記2級
整理収納アドバイザー2級
相続知識検定3級
フードアナリスト3級
宅地建物取引主任者

【趣味・特技】
旅行
DIY
リノベーション
イタリア語


セミナーの後半では、講師の方と弊社スタッフが注目している
FX(くりっく365)、CX(商品先物取引)の
通貨ペア・銘柄について一緒に考え、意見交換をします。
弊社スタッフから仕組みの説明や
通貨ペア・銘柄のご紹介をさせていただき、
今後の見通しなどを講師の方と一緒に考えていきます。

2016年初めに起こった株価の暴落と急激な円高。
6月には英国・EU離脱を受けて、
再度株が暴落し為替も更に円高に動きました。
金融市場が混乱している今だからこそ、
次の投資先を探るチャンスなのではないでしょうか。

どのマーケットにもチャンスはあります。
どこにそのチャンスがあるかだけではなく
相場分析や取引の仕組み・リスクまで、
投資初心者の方にも分かりやすく解説させていただきます!

FXやCXをこれから始めてみようとお考えの方、是非ご参加ください。

きっとあなたのお役に立てると思います!


日時
2016年10月2日(日)
13:30開場 14:00開演 16:30終了予定
会場
EBiS303 イベント・カンファレンススペース A
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1−20−8 エビススバルビル5F[地図]
定員60名
※同業者及び学生の方のお申込はご遠慮ください。
※応募者多数の場合は抽選とさせていただく場合がございます。
※抽選の結果は開催日1週間前を目安にメールにてご連絡いたします。
参加費無料
主催サンワード貿易株式会社
セミナーに参加する
※本セミナーは弊社サンワード貿易(株)が扱う商品先物取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)の契約締結の勧誘を目的として開催しております。 ※本セミナーは途中退室自由です。※商品先物取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)は相場変動等により元本を上回る損失が生じるおそれがありま す。※本セミナーは、相場の動向や売買による利益を示唆または保証するものではありません。投資に関しての最終判断はあくまでもご自身でご決定ください。 ※お客様の個人情報は、弊社の業務における調査、情報提供、ご案内に利用し、弊社のプライバシーポリシーに 基づき、適切に取り扱いいたします。 ※他の参加者へ対する営業、勧誘行為は一切禁止とさせていただいております。※講演者・講演内容などは都合により予告なく変更する場合がございますので予 めご了承ください。※同業者及び学生の方のお申込はご遠慮ください。※本セミナーの録音・動画撮影はご遠慮ください。

後場市況1

 ドル円は、12時ごろに20分間で70銭ほど円高に進みました。その間に。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み
  

ドル円の5分足
ドル円の5分足
 本画面に掲載されている情報の著作権は、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

原油市場パート2

 イランのザンギャネ石油相は、「OPECが石油生産を日量3250万~3300万バレルのレンジまで減らすことで合意した。OPECは日量70万バレル程度の減産を決定した。」と述べました。そして、「詳細の多くは今後詰める必要があり、OPECは11月末の次回会合まで各国の目標生産量を決めない方針だ。」と述べております。正式なOPEC生産枠と各国の目標生産量などは11月に開催されるOPEC定例総会で話し合われて減産が正式合意に至る見通しとなりました。OPECの現在の石油生産量は日量3324万バレル付近ですから、OPEC生産枠を日量3250~3300万バレルにすれば、日量24~74万バレル程度の減産となる計算です。

 OPECの生産枠は、5年ほど前から日量3000万バレル(12カ国合計)で据え置かれております。現在のOPEC石油生産(14カ国合計)は日量3324万バレル付近です。今年になってインドネシアとガボンの2カ国がOPECに加わり、OPEC加盟国が合計14カ国となりました。11月のOPEC定例総会では、OPEC加盟国14カ国合計の生産枠が発表される予定です。

 2008年にNY原油が一時147ドル付近まで上昇しましたが、リーマン・ショックを受けて2008年12月には一時32ドル付近まで暴落しました。それに対してOPECは、2008年12月に日量220万バレルの減産で合意しました。それによりNY原油が6か月間で40ドルほど上昇した経緯もあります。

 2006年にNY原油が60ドル付近まで下落しました。それを受けてOPECは、2006年10月に日量170万バレルの減産で合意しました。それによりNY原油が1年間で40ドルほど上昇し、2年間で110ドルほど上昇した経緯もあります。OPECは、。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み
  


NY原油の月足
NY原油の月足
OPEC生産枠推移

白金市場

 原油価格の急騰を受けて本日の東京白金が急伸しました。原油価格の上昇は、資源価格全体の上昇を招き、資源国通貨である南アランドの上昇を招きます。OPECが減産の暫定合意を発表したことで、昨夜のNY原油が急騰しました。まだ正式な減産合意ではないだけに、11月下旬のOPEC定例総会に向けて原油価格が「減産の正式合意」を警戒して堅調地合いを続ける可能性も高まっております。

 米国のオバマ大統領と中国の李首相は19日、国連総会の合間に会合を開き、中国の過剰生産能力問題の解決に向けた対策を話し合いました。その会合で中国が過剰生産能力問題の解消に協力する姿勢を示したことにより、資源価格全体が上昇基調を強めております。それに今回の「OPECによる減産の暫定合意」が加わり、資源価格の上昇が一層強まることも考えられます。白金需要の約56%が工業需要となることから、白金価格が資源価格全体の値動きの影響を受けやすいようです。

 白金生産世界2位となるインパラ社の白金製錬所で準大手労働組合のNUMが27日からストライキに突入しました。インパラ社のNUMメンバー約900人中500人ほどが27日よりストライキに参加しており、インパラ社全体の約15%がストライキに参加した計算となります。NUMは、アングロ・プラチナ社との労使交渉も難航しております。そして、最大手労働組合のAMCUと南ア白金鉱山大手3社(アングロ・プラチナ社、インパラ社、ロンミン社)との労使交渉も平行線を続けていることから、ストライキの拡大に注意が必要となりそうです。

天然ゴム市場

 上海ゴムが2.8%高付近まで急騰して2連騰となり、今月高値を更新しました。それにより東京ゴムも大幅高となりました。原油価格の急騰を受けて本日の上海期貨交易所銘柄が全面高となりました。本日の上海ゴムが9月22日に記録した今月高値を更新したことにより、東京ゴムも今月高値(170.9円)を上回る可能性が出てきました。

 2008年以来となるOPECの減産合意を受けて原油価格が急騰しており、11月のOPEC定例総会に向けて原油価格が上昇基調を続ける可能性が高まってきたように感じられます。原油価格が上昇すれば、原油から生成される合成ゴム価格も上昇します。合成ゴム価格が上昇すれば、天然ゴム価格の上昇する可能性は高まります。また、原油価格の上昇は、資源価格全体の上昇を招きます。

 ラニーニャ現象の発生に伴いフィリピン周辺の水温が上昇しており、東南アジア周辺での積乱雲の発生量が増えております。それにより、フィリピン周辺で発達した積乱雲が台風となって北上し、日本や台湾などに向かうケースが最近増えております。天然ゴムの主生国であるタイでは、北部と中部で洪水被害が拡大しており、天然ゴムの主生産地であるタイ南部にまで洪水被害が広がれば、天然ゴム価格が大きく反応する可能性もあります。タイ南部では、これから年末に向けて多雨期を迎えることから、「多雨期+ラニーニャ現象による洪水被害」に警戒が必要となりそうです。

 天然ゴム生産国連合(ANRPC)が昨日発表した統計では、1~9月のANRPC加盟国(ANRPC加盟国の天然ゴム生産は、世界生産の約9割を占めます)の天然ゴム生産量が前年同期と変わらずとなり、1~9月の天然ゴム消費が前年同期から3.5%増加したことを発表。近年稀に見る勢力の強いエルニーニョ現象の発生により、天然ゴム生産量が昨年春頃から今年の春頃にかけて低迷したことで天然ゴム生産量の増加基調が停滞しました。一方、天然ゴムの約9割が自動車などのタイヤに加工されることから、世界の自動車登録台数の安定した増加傾向に比例して天然ゴム消費量も安定した増加ペースを続けているようです。ラニーニャ現象により今後の天然ゴム生産に障害が生じれば、天然ゴム価格が大きく反応する可能性もあるだけに、今後の天然ゴム生産地の天候には注目でしょう。そして、11月のOPEC定例総会に向けて原油価格が上昇基調を続ける可能性もあるだけに、原油価格にも注目でしょう。

前場市況1「東京ゴム&東京白金」

 昨夜のNYダウは、原油価格の急騰を受けて110ドル高で取引を終えました。NYダウの電子取引は、今朝から45ドルほど上昇。日経平均株価は、200円高付近まで上昇。ドル円は今朝から50銭ほど円安に進み、マーケット全体がリスクオンの流れを強めております。10:00時点で、東京金21円高、東京白金63円高、東京原油1750円高、東京ゴム2円高、東京とうもろこし30円高です。原油価格の急騰を受けて資源銘柄全体が強含みとなってきた模様。先ほど取引が開始した上海ゴムや上海非鉄金属銘柄も全体的に上昇。2008年以来となるOPECの減産合意を受けてコモディティー銘柄が全体的に強含みとなってきました。 2014年秋のOPEC定例総会で減産が見送られたことを受けて原油価格が暴落しました。それにより天然ゴムや非鉄金属銘柄の多くが暴落を余儀なくされ、それらの銘柄が1年半ほどの下落トレンドを形成しました。しかし、ここにきてOPECが減産合意したことで、原油価格を中心とした資源銘柄全体の上昇基調が始まる可能性も出てきたようです。東京原油と東京ゴム、東京白金の週足を見比べれば、2014年秋ごろからの原油価格の下落にどれだけ東京ゴムや東京白金が影響を受けたのかが伺えます。
東京原油の週足
東京原油の週足
東京白金の週足
東京白金の週足
東京ゴムの週足
東京ゴムの週足

 本画面に掲載されている情報の著作権は、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事