松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

2016年10月

天然ゴム市場パート2

  大連鉄鉱石が3.8%高、上海鉄筋が2.4%高、上海アルミが2.4%高、上海亜鉛が1.4%高、上海銅が1.3高で取引を終え、中国の鉄関連銘柄や非鉄関連銘柄が全面高となりました。大連鉄鉱石は、3日前にストップ高(6%高)となり、本日も大幅高(3.8%高)となり、今月になって約24%上昇して強気相場入りとなりました。テクニカルでは、安値から20%以上の上昇を「強気相場入り」としております。上海アルミは、この1カ月半で19.8%の上昇となり、強気相場入り寸前です。上海亜鉛は、年初から上昇を続けており、すでに53%ほど上昇しました。上海鉛も年初から上昇を続けており、すでに32%ほど上昇しました。中国の鉄関連銘柄や非鉄関連銘柄で強気相場入りとなる銘柄が増えてきました。大手投資銀行のゴールドマン・サックスは27日、「今後3~12カ月は、中国の金属需要の伸びが引き続き堅調だと予想される。」と指摘し、鉄関連銘柄や非鉄関連銘柄の2017年の価格見通しを引き上げました。こうした中国の鉄関連銘柄や非鉄関連銘柄など資源銘柄全体の上昇基調に上海ゴムも追随しているようです。こうした資源銘柄全体の上昇基調に注目し、しばらくは東京ゴム市場に対しても強気な見方が一考かもしれません。

金市場「世界の金需要が3割減」

 トムソン・ロイターGFMSがまとめたレポートによれば、7~9月期の世界の金需要が前年同期比で約3割減少し、2005年以降で最大の供給過剰となったそうです。それにしても、金需要が約3割も減少したことはかなりショッキングなことではないでしょうか。そして、「クリントン氏が米大統領選で勝利すれば、金価格に現在織り込まれているリスクプレミアムの一部が剥落し、金価格は50ドル程度押し下げられる可能性がある。」と指摘しております。その一方で、「トランプ氏が大統領となれば、金価格は1400ドルを突破する公算が大きく、1500ドルに到達する可能性もある。」とも指摘しております。こうしたトムソン・ロイターGFMSによる米大統領選に関する金価格見通しは注目でしょう。

 世界最大の金ETFであるSPDRゴールド・シェアの金現物保有量の減少傾向が鮮明となってきました。こうしたところからも、金投資人気の低迷に警戒が必要となりそうです。
金現物保有量

メール情報会員の皆様に週間レポートを配信しております。

メール情報会員の皆様に週間レポートを配信しております。
11111111
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

日本円

 米利上げ観測の高まりを受けてドル買い&円売りが進み、ドル円が3カ月ぶりに105円台にまで上昇しました。ドル円は、月初から103.7~104.5円付近でのボックス圏相場を続けていたものの、昨夜から105円台に突入し、保合い上放れの様相を呈してきました。。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
無料メール情報会員の申し込み
      

ドル円の日足
ドル円の日足
 本画面に掲載されている情報の著作権は、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

      後場市況1&天然ゴム市場

       NYダウの電子取引は、今朝から小動きです。ドル円は、今朝から15銭ほど円高に進みました。NY原油の電子取引は、今朝から15セントほど上昇。オーストリアのウィーンで本日から2日間の日程で産油国会合が開催されます。それに伴い今夜からOPEC加盟国やロシアの要人発言が相次ぐことも考えられます。産油国会合が明日までの日程であることから、週明けの東京市場では、原油価格の値動きが大きくなりそうです。

       大手投資銀行のゴールドマン・サックスは27日、2017年のメタル価格見通しを引き上げました。「今後3~12カ月は、中国の金属需要の伸びが引き続き堅調だと予想される。」と指摘し、鉄関連銘柄や非鉄関連銘柄の2017年の価格見通しを引き上げました。それを受けて本日の中国の鉄関連銘柄や非鉄関連銘柄が全面高となっております。大連鉄鉱石が3.2高、上海アルミが2.7%高、上海亜鉛が1.7%高、上海銅が1.2%高まで上昇して前場の取引を終えました。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
      無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
      無料メール情報会員の申し込み
            

      東京ゴムの日足

      東京ゴムの日足
       本画面に掲載されている情報の著作権は、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

      トウモロコシ市場「当業者の売りつなぎ状況は?」

       CFTCから先週末に発表されたシカゴコーンにおけるファンドポジションは、8週間ぶりに買い越しに転じて5万2533枚となりました。シカゴコーンにおけるファンドポジションが売り越しに転じた時に、シカゴコーンが安値形成し、ファンドの買い越し枚数が28~30万枚付近まで膨らんだ時に、シカゴコーンが高値形成する傾向もあるようです。今回は、8月16日から10月11日にかけて売り越しとなり、それと共にシカゴコーンが2009年以来の安値を形成しました。

       9月の米農務省。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
      無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
      無料メール情報会員の申し込み
            
         シカゴコーンの日足
      シカゴコーンの日足
      シカゴコーンのファンドポジション
      シカゴコーンのヘッジャーポジション

       本画面に掲載されている情報の著作権は、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

      白金市場「東京白金は底入れ完了か?」

       東京白金と東京金との価格差が6月下旬に1100円幅付近まで拡大し、それと共に東京白金が5カ月ぶりの安値となりました。そして、東京白金と東京金との価格差が先週末に1100円幅付近まで拡大し、それと共に東京白金が4カ月ぶりの安値となりました。「東京金に対して東京白金が最も割安となったところ」が東京白金の安値となる傾向もあるようです。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております
      無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
      無料メール情報会員の申し込み
            

      価格差チャート

          原油市場パート2

           NY原油の電子取引は、今朝から49.2ドル付近で小動きを続けております。明日から始まる産油国会合では、OPEC諸国やロシアの要人発言が相次ぎ、原油価格が活発な値動きとなることも予想されます。トルコで9日~13日に開催された産油国会合では、OPEC諸国やロシアの要人発言に反応して原油価格が上げ足を強めました。OPECは先月下旬に「減産の暫定合意」に達しており、「減産の最終合意」を11月30日のOPEC定例総会で協議する予定です。明日からの産油国会合は、「11月30日のOPEC定例総会に向けた最後の産油国会合」となりそうです。明日からの産油国会合が2週間前のトルコでの産油国会合の流れを引き継ぐような展開となれば、原油価格が上げ足を強める可能性もあります。

          イラクでは、IS最大の拠点であるモスルの有志連合による奪還作戦が17日から開始されました。地上で進軍を続ける数千人規模の部隊がモスル市内近くにまで迫っており、100万人都市のモスルでこれから激しい戦闘が行われる模様。この1週間で行われた有志連合による空爆回数は、有志連合がISへの攻撃を開始してから最多となったそうです。それに対してISは、シリアから数百人規模の「自殺部隊」をモスルに送り込んだことも伝わっております。他のISメンバーと異なったユニホームを身に着けた数百人規模の外国人戦闘員の腰には自爆用ベルトが装着されており、「自殺部隊」と呼ばれているそうです。一方、ロシアは、同国唯一の空母であるアドミラル・クズネツォフをシリアに派遣。ロシアが空母を実戦に向けて派遣したのは、ソビエト連邦崩壊後で初めてとなります。

          イラク第2の都市であるモスルがISに占領されてから2年以上が経ちます。有志連合の地上部隊がもう少しでモスル市内に進軍することから、。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております
          無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
          無料メール情報会員の申し込み
                

          みんコモコラムアワード2015
          ColumnAward 2015特別賞

          「特別賞」を受賞しました

          詳細はこちら
          重要事項
          通常取引を始めるにあたって
          スマートCXを始めるにあたって
          重要事項説明
          取引開始基準
          契約締結前交付書面
          金融商品取引法に基づく開示
          勧誘方針
          個人情報保護法
          反社会勢力へ対する基本方針
          免責事項
          *掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
          *弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
          *本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
          *本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
          *投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
          以上の点をご了承の上、ご利用ください
          最新記事