松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

2017年01月

天然ゴム市場パート5

 東京ゴムは、昨日の夜間取引の寄り付き直後に一時366.7円まで上昇しましたが、現在は、314円付近まで下落しております。昨日夕方の高値から52円ほど下落したことになります。それにより、上海ゴムの連休入り前日となる26日の日中取引の終り値付近まで東京ゴムが下落したことになります。上海ゴムが連休入りとなり、その簡に東京ゴムが「54円ほど上昇→52円ほど下落」となったのですから、まさに乱高下という展開となりました。

 1月27日から連休入りとなっている上海ゴムは、2月3日から取引を再開します。上海ゴム市場の連休中に、「タイ政府による天然ゴム10万トンの追加備蓄在庫放出」や「中国政府による天然ゴム20万トンの備蓄在

。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。
  

天然ゴム市場パート3~4

1月31日

天然ゴム市場パート3

東京ゴムの日中取引のラスト35分間では、先2本のザラバ気配値の買い指値がなくなり、売り指値だけとなりました。売買枚数の最も多い先2本の限月の買い指値がザラバ気配値からなくなると、何とも不思議な気持ちとなりました。

5番限(6月限)の「333,1円で287枚売り」や先限(7月限)の「331.4円で253枚売り」の指値が未成立のまま日中取引を終えました。

 東京ゴムの先限(7月限)は、昨日の夜間取引の寄り付き直後に15.3円高まで上昇し、本日の日中取引を20.4円安で終えました。それにより高値と安値の差が35.7円幅となり、大陰線を形成しました。5番限(6月限)も昨日の夜間取引の寄り付き直後に17.3円高まで上昇し、本日の日中取引を21.3円安で終えました。それにより、高値と安値の差が38.6円幅となり、大陰線を形成しました。東京ゴムが5年ぶりの高値にまで上昇して大陰線を形成したことにより、テクニカルがかなり悪化しました。

本日の東京ゴムの。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

東京ゴムの日足
東京ゴムの日足2
東京ゴムの15分足
東京ゴムの15分足
 本画面に掲載されている情報の著作権は、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。
  

1月31日

天然ゴム市場パート4

 本日の東京ゴムは、日中取引を20.1円安で終えました。その後の夜間取引でも下落し、16:50時点で、10円安の321.3円まで下落しました。あと9円ほど下落すれば、26日の日中取引の終り値と同水準となります。

 昨日の東京ゴムの夜間取引では、先限が一時15.3円高の366.7円まで上昇しました。それにより、上海ゴムの連休中に東京ゴムが50円ほど上昇した計算となりました。それはさすがに行き過ぎだったのかもしれません。上海ゴムの連休入り前日となる26日の東京ゴムの日中取引の終り値が312.6円ですから、目先的には、そのあたりが居心地の良い水準かもしれません。あとは、連休明けの上海ゴムの動向次第といったところでしょうか。


天然ゴム市場パート2

 本日の中国の天然ゴムに関する有力サイト(東宝財産網)をのぞくと、「タイ政府による天然ゴム10万トンの追加備蓄在庫放出」や「中国政府による天然ゴム20万トンの備蓄在。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

原油市場パート2&天然ゴム市場

1月30日

原油市場パート2

民主党のシューマー上院院内総務がシリア難民受け入れ停止を柱とする大統領令に対して涙ながらに批判したことについてトランプ大統領は30日、「ウソ泣きだと思う。私は彼をよく知っている。彼が涙を流す人間だとは思わない。本物の涙だった可能性は5%だ。彼に誰から演技指導を受けたのか聞くつもりだ。」と述べました。個性の強いアメリカン・ジョークがトランプ大統領の人気の秘密かもしれません。そして、トランプ大統領は30日、入国制限に反対したツェーイ米司法長官代行を解任しました。トランプ大統領の移民入局拒否問題の波紋が広がりを見せているものの、それでもトランプ大統領は自身の政策を推し進めるようです。

一方、米環境保護局を統括するエベル氏は30日、パリ協定から離脱するとの認識を示しました。パリ協定は、地球温暖化防止のための協定です。米国は、パリ協定から脱退し、環境問題の規制緩和を行い、石油やガス、石炭の採掘を増やす方針を選択するようです。このことは、今後の原油価格の圧迫要因ともなりそうです。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。  


1月31日

天然ゴム市場

 東京ゴムは、昨日の夜間取引の寄り付き直後に15.3円高まで上昇しましたが、現在は、17円安付近で推移しております。それにより、この4カ月の上昇トレンドで最大の陰線を形成しました。東京ゴムがたった4か月間で2倍強にまで急騰し、5年ぶりの高値水準で大陰線を形成したことにより、東京ゴムのテクニカルが大きく悪化することとなりました。

 タイ政府による天然ゴム9万8000トンの競売も終わり、これから9万8000トンの政府備蓄が放出されることになります。そして、タイ政府が2月14日に天然ゴム10万トンの。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。  

東京ゴムの日足
東京ゴムの日足

 本画面に掲載されている情報の著作権は、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

金市場&原油市場

1月30日

金市場 

 NY金の電子取引は、昨日15:15比で2ドル高です。昨日のNYダウが122ドル安となって2万ドルの大台を割り込み、ドル円が、昨日15:15比で95銭も円高に進みました。トランプ大統領の不法移民対策に対する波紋の広がりを嫌気し、リスクオフの流れが強まった割には、「リスクヘッジの金」がほとんど買われませんでした。また、この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。。。。。。。。。。。。。。。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。  


1月31日

原油市場

 NY原油の電子取引は、昨日15:15比で20セント安です。昨夜のNYダウは、122ドル安の1万9971ドルで取引を終え、2万ドルの大台を割り込みました。ドル円は、昨日15:15日で95銭の円高です。トランプ大統領の不法移民対策に対する波紋の広がりを嫌気し、リスクオフの流れから円が買い進まれたようです。トンプ米大統領の英国公式訪問に反対するインターネット上の嘆願書に100万人が署名しました。また、ゴールドマン・サックスのブランクファインCEOは、イスラム圏の7カ国からの入国を禁止した大統領令に対して、「この政策を当社は支持しない」と表明しました。米政府寄りともいわれてきたゴールドマン・サックスが、トランプ大統領の方針に異議を唱えたことにより、不協和音が広がった模様です。

週間石油在庫統計に対する市場予想は、原油310万バレル増、ガソリン90万バレル増、ディスティレート90万バレル減となっております。

カナダ石油。。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。
無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。  


天然ゴム市場パート7

 東京ゴムの夜間取引は、寄り付き直後に15.1円高まで上昇しましたが、その1時間後に20.3円安まで急落し、この半年間の上昇トレンドで最大の陰線を形成することになりました。それにより東京ゴムのテクニカルが大きく悪化しました。現在は、12円安付近で推移しております。東京ゴムが高騰を続けた末に大陰線を形成したのですから、テクニカルを重視する傾向の強い海外ファンド勢にとっては、大きなシグナルとなったのかもしれません。世界の天然ゴム価格のベンチマーク的存在である上海ゴム市場の連休中に、東京ゴムが50円幅ほど急騰したのですから、東京ゴムは、本格的な調整局面を迎えるのかもしれません。

先週からの天然ゴム市場では、中国製のバス・トラック用タイヤの反ダンピング・相殺関税を課することが最終決定され、スリトラン・アグロインダストリーが年間30万トンの増産計画を発表し、タイ政府が9万8000トンの在庫放出を行い、資源価格の高騰を受けて中国の12月の工業部門企業利益が大幅減少したものの、それでも東京ゴムは、「ファンダメンタルズよりテクニカルを優先」という流れを続けてきました。スリトラン・アグロインダストリーの年内増産計画とタイ政府の在庫放出だけでも合計で39万8000トンになり、今回の天然ゴムの洪水被害とされる36万トンを上回っております。しかも、タイ南部は既に乾季に突入し、天然ゴムの増産期を迎えました。タイ南部の暑季入りは4月頃からであり、減産期はまだかなり先のことです。これからの東京ゴム市場は、こうしたファンダメンタルズを無視し続けることは出来ないのではないでしょうか。

東京ゴムの日足
東京ゴムの日足2

 本画面に掲載されている情報の著作権は、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

天然ゴム市場パート6

 東京ゴムの先限は、夜間取引の寄り付き直後に15.3円高まで上昇しましたが、現在は20円安付近まで急落しております。5番限(6月限)も夜間取引の寄り付き直後に17.3円高まで上昇しましたが、現在は20円安付近まで急落しております。

 東京ゴムの3番限(4月限)や4番限(5月限)への今朝からのまとまった買い指値が成立できなかったことを受けて、夜間取引でも大幅高となりました。しかし、夜間取引の寄り付き直後で3番限(4月限)や4番限(5月限)への今朝からのまとまった買い指値が一瞬で成立したことを受けて、玉整理一巡となり、東京ゴムが下落に転じました。東京ゴムの先限は、この1時間で15.3円高から20円安付近まで急落しました。5番限(6月限)も17.3円高から20円安付近まで急落しました。

天然ゴム市場パート5「売り参入も一考か」

 本日の東京ゴムは、今朝から3番限(4月限)と4番限(5月限)にまとまった買い指値が共に前日比20円高の水準で提示され、その影響を受けて全面高となりました。特に薄商いの3番限(4月限)への買い指値は最後まで消化できずに、日中取引の大引けで「353.2円で256枚買い」の指値が残ったままになりました。4番限(5月限)に対しては、「353.7円で186枚買い」の指値が残りました。本日の東京ゴムは、3~4番限へのまとまった手じまいの買い戻しの指値が消化できずに急騰することになりました。

 3番限という薄商いの限月にまとまった買い指値が入ったことで、なかなか消化できませんでした。しかし、3番限の取組高が3750枚もあることから、3番限への256枚程度のまとまった買い指値程度であれば、成立されるときは一瞬かもしれません。

3番限(4月限)は、夜間取引を19.9円高で寄り付き、寄り付き直後に230枚の出来高を記録しました。それにより、今朝から消化できなかった3番限へのまとまった買い指値が消化されることになりました。4番限(5月限)へのまとまった買い指値も消化されたようです。それを受けて先限が10円高付近まで上昇しております。これで東京ゴムは、手仕舞い一巡となる可能性も出てきました。これで東京ゴムは、27日に18.7円高、30日の日中取引で20.1円高、30日の夜間取引で10円高となり、上海ゴムの連休中に48.8円幅も上昇したことになります。ここは、東京ゴムに対する売り参入も一考ではないでしょうか。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事