松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

2017年07月

トウモロコシ市場パート2~3

7月31日

トウモロコシ市場パート2

 本日の東京トウモロコシは、2万1410円まで下落して日中取引を終え、4月26日以来の安値を記録しました。

米農務省が6月30日に発表しました米国産トウモロコシの作付面積は、9089万エーカーでした。そして、米農務省が7月13日に発表した需給報告では、今年の米国産トウモロコシの生産高見通しは142億5500万ブッシェルでした。それにより1エーカー当たりの単収は、156.84ブッシェルとなり、1ブッシェル当たりの平均コストは、683.88ドル÷156.84ブッシェル=約4.36ドルとなる計算です。

2016年のシカゴコーンは、約390セントの生産コストに対して同年8月に301セントまで下落し、生産コストを89セントほど下回る場面もありました。2015年のシカゴコーンは、約410セントの生産コストに対して同年8月に346セントまで下落し、生産コストを64セントほど下回る場面もありました。

2017年8月の安値が生産コストとされる水準を60~90セントほど下回ることになれば、シカゴコーンが340~370セント付近まで下落する計算となります。現在のシカゴコーンの電子取引が369セントまで下落しており、生産コストとされる水準を62セントほど下回っていることから、そろそろ下値警戒を強める必要もありそうです。しかし、昨年8月に生産コストを89セントほど下回る安値もあっただけに、あと30セント程度下落する可能性もあります。それにより、シカゴコーンが340~350セント付近まで下落すれば、「押し目買い」も一考かもしれません。

7月31日

東京トウモロコシ市場パート3

 今年の米国産トウモロコシは、平年作程度の作柄が予想されていることから、よほどの天候悪化がない限りは、天候相場中に430セント付近の生産コストを上回ることは難しそうです。しかし、シカゴコーンが現水準で推移すれば、収穫期が始まっても生産農家が現物を売り渋る可能性が高くなります。いくら平年作となっても農家が売り渋りを続ければ、現物市場が「有りがすれ状態」となり、需給がひっ迫することになります。過去10年間で豊作が5回ありますが、そのいずれも9月頃から年末ごろに向けてじり高基調を続けて生産コスト近くまで上昇しました。こうした豊作や平年作の時に出現する秋高の相場を「現物呼び出し相場」と呼ばれております。

 現在のシカゴコーンが368セント付近、東京ゴムが2万15000円付近で推移しております。仮にシカゴコーンが430セントまで上昇すれば、東京トウモロコシは、2万1500円÷368セント×430セント=約2万5120円付近まで3620円幅ほど上昇する計算となります。東京ゴムが3620円幅動けば、1枚3万円の証拠金に対して、3620円×50倍=18万1000円の値洗いが動く計算となります。8月中は、秋の現物呼び出し相場をにらんで「東京トウモロコシの買い場探し」も一考かもしれません。


天然ゴム市場パート4

 15:40時点では、上海ゴム1.6%高、上海銅0.9%高、上海鉄筋4.7%高、上海鉛1.3%高、上海熱延鋼板3.8%高、大連鉄鉱石8%高(ストップ高)、大連コークス6%高、大連粘結炭5.7%高となり、大幅高となる銘柄が続出しております。上海鉄筋や大連鉄鉱石は、後場から再び年初来高値を更新しました。上海総合株価指数は、15:40時点で0.6%高となり、4月上旬に記録した年初来高値まであと0.7%に迫っております。本日の中国の資源銘柄は、。。。。。。。。。。。。。。この続きは、会員の皆様に限定してメールにてお送りしております。

      原油市場パート2

       NY原油の電子取引は、9時過ぎに一時50.02ドルまで上昇し、5月30日以来となる50ドル台乗せとなりました。一方、ドバイ原油(東京原油)は、3万5450円付近で推移しており、6月22日の安値(3万1010円)から4440円幅上昇したことになります。ドバイ原油(東京原油)が4440円幅動けば、4440円×50倍=22万2000円となり、1枚10万5000円の証拠金に対して22万2000円の値洗いが動いた計算となります。NY原油の電子取引が50ドル台に乗せた達成感を考えれば、ドバイ原油(東京原油)の強気ポジションに対して利益確定も一考かもしれません。

      トウモロコシ市場

       米コーンベルト地帯に今週後半に降雨が予想されていることや、気温低下予報を受けてホット&ドライ観測が後退し、シカゴコーンの電子取引が今朝から6セントほど下落し、368セント付近で推移しております。それを受けて東京トウモロコシは、9:26時点で230円安の2万1500円まで下落しております。

       東京トウモロコシは、7月11日の高値(2万3400円)から1900円幅ほど下落しております。東京トウモロコシが1900円幅動けば、1900円×50倍=9万5000円となり、1枚3万円の証拠金に対して9万5000円の値洗いが動いた計算となります。現時点の単収から算出した生産コストが1ブッシェル=430セント付近であることを考えると、そろそろ弱気ポジションに対する利益確定も一考かもしれません。

      東京トウモロコシの日足

       

      ※チャートの情報提供元は(株)エムサーフです。チャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社エムサーフは一切の責任を負いません。


      天然ゴム市場パート4~5

      7月28日

      天然ゴム市場パート4

      来週前半の天然ゴム市場の焦点は、「7月の中国製造業PMI」のとなりそうです。7月31日の日本時間10時に中国国家統計局から「7月の中国製造業PMI」が発表されます。市場予想平均は、3か月ぶりの高水準となった前月から0.1ポイント低下の51.6ポイントとなっております。翌8月1日には、財新&マークイットから「7月の中国製造業PMI」が発表されます。市場予想平均は、景気分岐点とされる水準を上回った前月と同じ50.4ポイントとなっております。

      来週発表される「7月の中国製造業PMI」が、市場予想を大きく上回った前月発表値付近をキープすることになれば、中国経済成長の力強さが再確認されることになり、中国の資源銘柄が上げ足を強める可能性もあります。

      国際通貨基金(IMF)は7月24日、2017年と2018年の世界の経済成長見通しを据え置きましたが、中国と欧州の2017年と2018年の経済成長見通しを引き上げました。そして、中国財政省が7月26日に発表した1~6月の中国国営企業利益が前年同期比24.3%増となり、先月末の発表値と同様に大幅な伸びを記録しました。今週発表された複数の中国経済指標が良好な内容となっただけに、来週発表される「7月の中国製造業PMI」も良好な内容となって資源銘柄全体の上げ足が強まる可能性もあります。そうしたことを考量して本日の東京ゴムに対して「押し目買い」も一考ではないでしょうか。


      7月28日

      天然ゴム市場パート5

       上海ゴム9月限は、14時半ごろに7%安まで下落し、その後は6.6%安付近で小動きを続けましたが、7%安(ストップ安)の1万2500元で取引を終えました。上海ゴム1月限は、14時半ごろに一時6.5%安まで下落し、その後は5.7%安付近で小動きを続け、5.7%安の1万5090元で取引を終えました。本日は、新取引中心限月となった1月限だけで約92万枚の大商いを記録し、9月限も約68万枚の大商いを記録しました。そして注目は、取組高が約25万枚の1月限の本日の売買高が92万枚となったことでしょう。取組高の3.7倍ほどの売買高を記録したということは、かなり異常な売買高にまで膨れ上がったということです。それにより本日の安値が買い場となる可能性もあります。

      本日の上海ゴムの下げ幅は、5月下旬以来の大きさとなりました。上海ゴムの年初からの1日当たりの売買高は40~100万枚程度ですが、本日の売買高が約160万枚となり、今年最大の大商いとなりました。大きく下落して大商いを記録したことは注目でしょう。

       中国の資源銘柄は、上海アルミ0.6%安、上海亜鉛0.9%安、上海銅0.4%安、上海鉄筋0.2%高、上海鉛0.2%安、上海熱延鋼板0.8%高、大連鉄鉱石1.5%高、大連コークス0.9%高で取引を終え、非鉄金属銘柄が小幅安となり、鉄鋼関連銘柄と石炭関連銘柄が小幅高となりました。上海総合株価指数は、午後からプラス転換となり、0.1%高で取引を終えました。

       本日の中国の資源銘柄は、全体的に小動きとなりましたが、上海ゴムだけが大幅下落となりました。上海ゴムは、4カ月ぶりの取引中心限月の乗り換えで売買高が増えやすい神経質なタイミングで大幅下落となったことで、異常なほど売買高が膨れ上がったようです。本日の上海ゴムは、新たな弱材料が出現した訳でもなく、行き過ぎた値動きとなったようです。9月限と1月限の価格差が2500元近くにまで広がっていたことが影響したのかもしれません。


      メール情報会委員の皆様に週間レポートを配信しております。

      メール情報会委員の皆様に週間レポートを配信しております。


      eeeee

      本日制作するコメントは、メール情報会員の皆様に限定

      本日制作するコメントは、メール情報会員の皆様に限定して配信しております。

      メール情報会員の皆様は、お送りしましたコメントを参考にしてください。

      本日制作するコメントは、メール情報会員の皆様に限定

      本日制作するコメントは、メール情報会員の皆様に限定して配信しております。

      メール情報会員の皆様は、お送りしましたコメントを参考にしてください。

      みんコモコラムアワード2015
      ColumnAward 2015特別賞

      「特別賞」を受賞しました

      詳細はこちら
      重要事項
      通常取引を始めるにあたって
      スマートCXを始めるにあたって
      重要事項説明
      取引開始基準
      契約締結前交付書面
      金融商品取引法に基づく開示
      勧誘方針
      個人情報保護法
      反社会勢力へ対する基本方針
      免責事項
      *掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
      *弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
      *本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
      *本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
      *投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
      以上の点をご了承の上、ご利用ください
      最新記事