松永総研

北浜の虎と呼ばれた男

2019年08月

メール情報会員の皆様に週間レポートを配信しております

メール情報会員の皆様に週間レポートを配信しております。
zzzzz

メール情報会員の皆様は、本日配信しました週間レポートを参考にしてください。

本日制作するコメントもメール情報会員の皆様に限定

本日制作するコメントもメール情報会員の皆様に限定して配信しております。

メール情報会員の皆様は、お送りしましたコメントを参考にしてください。

本日制作するコメントもメール情報会員の皆様に限定

本日制作するコメントもメール情報会員の皆様に限定して配信しております。

メール情報会員の皆様は、お送りしましたコメントを参考にしてください。

無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

メール情報会員の皆様は、配信しましたコメントを参考にしてください。

本日は、メール情報会員の皆様に、金市場パート1~4、原油市場、トウモロコシ市場、天然ゴム市場パート1~5、後場市況パート1~4のコメントを配信しましたメール情報会員の皆様は、配信しましたコメントを参考にしてください。

メール情報会員の皆様に週間レポートを配信しております

メール情報会員の皆様に週間レポートを配信しております。
xxxx
メール情報会員の皆様は、本日配信しました週間レポートを参考にしてください。


本日制作するコメントもメール情報会員の皆様に限定

本日制作するコメントもメール情報会員の皆様に限定して配信しております。

メール情報会員の皆様は、お送りしましたコメントを参考にしてください。

無料メール情報会員の申し込みはココをクリックして申し込んでください。

金市場

8月16日

金市場

 昨夜のNYダウは100ドル高となりました。本日のNYダウ先物は、今朝から安定した上昇を続け、15:10時点で170ドル高です。日本市場取引時間でNYダウ先物がここまで上昇することは、かなり珍しいことです。そうしたNYダウ先物の上昇を中心としたリスクオンの流れを受けて、リスク志向のブレント原油が今朝から60セントほど上昇し、リスクヘッジ志向のNY金の電子取引が今朝から10ドルほど下落しました。

 トランプ大統領は昨夜、自身のツイッターで「今、米国は世界で最大で最強の経済である。他国はつまずき、我々だけが強くなっている。消費者の状況はベストで、多くの現金をもっている。ビジネスにおいての楽観視も過去最高だ。」とコメントしており、「もし習主席が、個人的に直接デモ者らと直接対話すれば、香港の問題について前向きで、賢明な結末とすることにできるだろう。私はそれを疑わない。」ともコメントしております。こうしたトランプ大統領のコメントを受けて再びリスクオンの流れが強まってきたように感じられます。また、香港問題にしても、習主席国家主席が対応することで解決するようなコメントをしており、米国側が香港問題から一歩引いて解決を中国政府に回したように感じられるので、香港問題に関する米中関係がかなり改善してきたように感じられます。ここは、ファンドの買い越し枚数が3年ぶりの高水準まで膨らんでいる金相場の下落に注目するところかもしれません。

白金市場の総括

メール情報会員に本日配信しました週間レポートの一部をご紹介します。
参考にどうぞ。

白金市場の総括

 NY白金は、2015年2月より「右肩下がりの上値抵抗線」を形成しながら長期下落トレンドを続けております。欧州でのディーゼル車における排ガス不正問題発覚後から続く「右肩下がりの上値抵抗線」を突破することが出来れば、NY白金のトレンドが一変することになります。一方、NY白金は、昨年8月頃から「右肩上がりの下値抵抗線」を形成しております。それにより、「2015年2月から続く右肩下がりの上値抵抗線」と「昨年8月から続く右肩上がりの下値抵抗線」により、「三角保合い」を形成していることは注目でしょう。今回の南ア白金鉱山での労使交渉が難航してストライキが発生すれば、「2015年2月から続く右肩下がりの上値抵抗線」を突破して、新たな上昇トレンドに発展する可能性も高まります。
 南ア大手白金鉱山会社における3年前の労使交渉で締結した労働契約が今年の6月末で期限切れとなりました。それにより、大手労働組合のAMCUとNUMは、南ア白金鉱山大手7社との労使交渉を3年ぶりに行うことになりました。そして、大手労働組合のAMCUは、世界3大白金鉱山会社(アングロ・プラチナ、インパラ・プラチナ社、ジバニエ・スティルウォーター社)との初回の労使交渉を7月9~11日に開催しました。初回の労使交渉では、AMCUが「最低給与の基本給の48%引き上げ」を要請し、労働組合からの要請を聞く形で終わりました。その後、白金鉱山会社から各社ごとに別々の賃金提示が労働組合側に伝えられました。それらの賃金提示を受けてAMCUは、8月13日にメディア・ブリーフィングを行いました。そこで大手白金鉱山の各社の賃金提示額が公開されました。

 今週13日のメディア・ブリーフィングでは、大手白金鉱山会社からの賃金提示額の低さに怒っておりました。特にジバニエ・スティルウォーター社は、最近買収した旧ロンミン社の白金鉱山労働者に対する賃上げを3.3%としたことにAMCUが怒っており、AMCUの組合長は、「それは労働者に対する屈辱であり、シバニエは私たちをストライキに誘導しようとしている。私たちはストライキを宣言しておりませんし、まだ労使交渉中です。」と述べました。3.3%の賃上げは、同国のインフレ率の4.4%を差し引くと、実質的には「1.1%の賃金引上げ」となるので、労働組合側が怒っております。しかも、今回の労使交渉では、今後3年間の賃金契約を決めるだけに、AMCUとしても「実質的な賃金引上げ」は受け入れられないところでしょう。しかも、ジバニエ・スティルウォーター社が最近買収した旧ロンミン社白金鉱山労働者に対して、「3年間で1万3000人のリストラ計画」まで発表しているだけに、なおさら労働組合側が反発しております。

 6万人の鉱山労働組合員を有するAMCUは、8月16日の「マリカナの悲劇の7回忌」の日に会合を開き、今後の労使交渉に対して組合内での話し合いを行います。「マリカナの悲劇」とは、旧ロンミン社ルステンバーグ白金鉱山で2012年に発生したストライキ中に警察隊と衝突して34名の鉱山労働者が銃殺された事件です。8月16日の労働組合での会合で、旧ロンミン社白金鉱山労働者がストライキ入りを決定する可能性は高そうです。また、アングロ・プラチナやインパラ・プラチナ社、ジバニエ・スティルウォーター社からの賃金提示額もかなり低かったので、AMCUが大規模ストライキを決定する可能性もあります。

 今回の労使交渉の注目は、「労働組合側と白金鉱山会社側の焦点の違い」でしょう。白金鉱山会社側は、白金価格が3年間も安値低迷したことで経営が大幅に悪化したので、小幅な賃金引き上げを望んでおります。現在の白金価格では、南ア白金鉱山の半分ほどがコスト割れを起こしているとされております。一方、労働組合側は、パラジウム価格の昨年秋からの高騰を受けて、今年になって白金鉱山会社の収益が大幅増加したことを受けて、大幅賃上げを望んでおります。「過去3年間の白金価格の低迷」を重視する白金鉱山会社側に対して、「最近のパラジウム価格の高騰」を重視する労働組合側との「焦点の違い」が今回の労使交渉を難航させております。「マリカナの悲劇の7回忌」となる本日16日に開催されるAMCUの会合でストライキ入りが決定される可能性もあるだけに、東京白金に対する強気な見方も一考ではないでしょうか。

みんコモコラムアワード2015
ColumnAward 2015特別賞

「特別賞」を受賞しました

詳細はこちら
重要事項
通常取引を始めるにあたって
スマートCXを始めるにあたって
重要事項説明
取引開始基準
契約締結前交付書面
金融商品取引法に基づく開示
勧誘方針
個人情報保護法
反社会勢力へ対する基本方針
免責事項
*掲載される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*本ブログに掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
*本ブログは、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本ブログに基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください
最新記事